SKE春コン2013「変わらないこと。ずっと仲間なこと」

2013年4月16日 (火)

SKE春コン2013感想「汗や涙は、光る思い出に変わる」

宴の後、って本当にさびしい気持ちになりますよね。

祭りで大騒ぎして、

喜怒哀楽を爆発させた後は

どうしても物悲しい気持ちになります。




2013年4月13~14日。

SKE48、春のコンサート、

「変わらないこと。ずっと仲間なこと」

が終わりました。




まずは、SKE48メンバーのみなさん、

本当にお疲れ様でした。





土曜の夜公演と、日曜の昼公演、夜公演と

二日間で3回の大規模会場でのコンサート。

本当にお疲れ様でした。

参加したファンでさえ疲れるほどです。

メンバーの疲労たるや推して知るべし、でしょう。


いやあ、楽しい時間はあっという間でした。

去年のガイシコンでも同じような気持ちになりましたが、

夢を見ていたような感覚です。


叫びましたよ、くーみんと。


泣きましたよ、会場の外で。











ではでは、土曜コンサートの感想といきます。



スタートは卒業組での「強き者よ」

意表をつかれました。

卒業メンバー関連の曲は

日曜の夜だと思っていたんで。

いきなりテンション上げさせていただきました。

移動しながらのステージで登場、だったかな。



2曲目は全員で「ピノキオ軍」

がっつり行きますね。

アンコール開けのようなセットリスト。

会場も一気に盛り上がりました。




そして、3曲目に「仲間の歌」

きたぜ、きたぜ。

待ちに待ったよ、

会場で大勢のファンと一緒に「仲間の歌」を歌う時を。

ええ、良かった。

いきなり涙腺にぐっと来るセットリストです。



4曲目には「オキドキ」

盛り上がっていこうぜ、

ってトコですね。

出だしで、「48!」と叫ぶ部分があるんですが、

俺はしっかりやり切ったゼ。





MC後には

「僕らの風」「お待たせSet list」「恋を語る詩人になれなくて」

と続きます。

チームE、KⅡ、Sの登場です。


いやあ。



初めて、生で「詩人」を見ました。


鳥肌モンですよ、ちゅり肌モンですよ。

ゆっこのダンスはウルトラ綺麗でした。

これは生で見ないとわからないものですね。

スクリーンではなく、

生で見れば自然とゆっこに目が行きました。

なんて言うんだろう、

動きにメリハリがあるのかな。

止まるところは止まる、

動くところは素早くというか。








2回目のMCは「そのときSKEは動いた!?」


もきゅ松がアナウンサーのような役で、

寸劇の主役はくーみんでした。

今までの面白い寸劇と比較すれば、

内容は微妙だっかもしれません。

会場もちょっとポカーンとした状態に。


ただ、SKEガイシコン2013の寸劇に

くーみんを主役にしてくれたこと。

ありがとうございました。


にししのくーみんへの告白は

ガチな部分もあるでしょう。










MC後には「わがままな流れ星」

おう。

思いっきり、

「あやちゃん!」コールを叫んでやりましたよ。

会場には、

阿弥ちゃんを知らない人も多そうな

雰囲気でしたけれども。





次に流れるは「クロス」

SKEの宝、高柳明音がセンターのユニット曲。

ステージでは炎が演出されました。

熱かった。

ああ、アツかった。

今までも、これからも

ちゅりは最高のKⅡリーダーです。





「枯葉のステーション」では

玲奈が新しい衣装。

流石の玲奈です。

全身からオーラが出ていましたよ。






11曲目は「Glory days」

卒業がメインテーマになった、この2013ガイシコン。

日曜の夜が一番感動的だったでしょう。



でも、土曜参加の俺に悔いはない。



何故なら、珠理奈とにししと、みずきの「Glory days」を

見ることができたのだから。


曲が流れ、三人の顔がアップでスクリーンに写りました。

みんな泣いていました。

俺も泣いた。

三人のしなやかなダンスと、

大歓声の珠理奈コール、ゆうかコール、みずきコール。



最高の感動をありがとう、みずき。








12曲目は「万華鏡」

一人だけ別格でした。

須田亜香里。

8000人が、だーすーの指先に

注目したんじゃないだろうか。

48グループではよく、

「ダンスの表現力」が話題になりますが、

須田亜香里がグループ全体で一番じゃないだろうか。

これは直接だーすーを見て、思うことです。





13曲目は「狼とプライド」

ここはもう会場が絶叫です。



くーゆりの絆よ、永遠に。









「嘆きのフィギュア」ではみっきーが倒立で登場。

独自のアクセントを加える、

とても良いことです。

総選挙には出馬しないみっきー、

大丈夫だよな…?






MC後にはチーム曲、

「フラフープでGO!GO!GO!」

「ディスコ保健室」

「ワッショイE」が続く。

全く休めないセットリストです。

いやあ、二日たった今でも疲れが残っていますぜ。






続くは「バンザイVenus」

ここはもう、明るくみんなでバンザイ!ですよ。

振りコピをやっている人も多かったですね。

この曲は純粋に盛り上がります。






MCでは研究生のアクロバット、

みきてぃーモノマネ、

はらみなのケーキ早食い、

だーすーのリンボー。

どれも面白く、笑いが起きていました。


うん。



SKEメンバーのトーク力、

企画力って凄い伸びています。

あいりんがいるなら、

きっと大丈夫だ。








その後はシングルメドレー。

ここはね、

20曲目の「ごめんね、SUMMER」ですよ。


まさに神曲。

そして、最高のメンバーで披露する最後のごめサマ


一番テンションが上がったかなあ。



超絶可愛い、珠理奈!

超絶可愛い、玲奈ちゃん!

その後の「くーみん」コール。


届け、愛の歌。












26曲目の「パレオはエメラルド」は

紅白バージョンでした。

だーすーの見事なターン。

そして、終盤でメンバーが花道に並ぶ。

ここはステージをガン見しましたよ。

みっきー、くるか?

きたあぁぁああああ!

紅白と同様の最高の笑顔でした。

紅白を思い出す、最高の演出でした。








アンコール後には

「初日」「兆し」「制服の芽」と

各チームが持つ自信のある曲が登場。

ガッツリ盛り上がりましたよ。

初日では会場全員で円陣を。

兆しでは高々と上がる膝を見る。

制服の芽では「S!K!E!」の大コール。

楽しかったですよ。







アンコール5曲目で「SKE48」を熱唱。

盛り上がったところで、

芝支配人が登場して組閣を発表しました。


組閣に関してはまた別記事にて。


最後には「手をつなぎながら」

微妙な空気の中での手つな。

埼玉スーパーアリーナで

前田敦子さんが卒業発表してからの

微妙な空気での「会いたかった」を思い出しました。






たしかに、初日に関しては

組閣が話題の中心になってしまいました。



でも、最高に素晴らしい曲での

最高のパフォーマンス、

会場も最大級に盛り上がっていましたよ。


ただ、去年と比較して

ライト層が多かった気はします。

コールやMIXのタイミングがわからない人が

増えているんでしょう。



良いことです。


それだけ、SKEの人気が幅広くなってきた証です。

来週、東京の武道館ではもっとSKE一見さんが

コンサートに参加するかもしれません。


良いことです。


そうやって、少数ではなく

多数のファンが応援するSKE48になるんです。






SKEガイシコン2013。

素晴らしいコンサートでした。



最後のくーみん。

最高にキレイだったぜ


私は生で見られただけで感謝します。


くーみん、みずきなど卒業するメンバー。

本当にお疲れ様でした。


最後の締めは、

手つなの歌詞を引用するしかないですね。


うん。



いつか汗や涙も

光る思い出に変わる

だから頑張っていこう

共に声かけあって

卒業をする日まで









2013年4月16日

2013年4月12日 (金)

SKEがやって来るガイシ!ガイシ!ガイシ!

総選挙うんぬんの話は後にしましょう。

今週は毎日忙しいなあ、

総選挙の話とかいろいろ書きたいなあ、

なんて思っていたら

あっという間に

SKEガイシコンサート前日になりました。


きょう、明日、あさっては

SKEファンは総選挙の話は忘れて

きたるガイシコンに向けてテンションを高めていきましょう。

悲しくも、当選しなかった人たちの思いをこめて

参加する人たちは全力で楽しんでいきましょう。





今回のコンサート。

土曜の夜、日曜の昼、日曜の夜と3部制です。

卒業する10人のメンバーの見せ場も十分にある。

ただ、日曜の夜だけに卒業メンバーの見せ場が

偏ることもないんじゃないかな。




くーみん、小木曽など人気だった卒業メンバーには

ユニットセンターがあるでしょう。

くーみんの「虫のバラード」が初日にくる可能性…、

あると思います!





桑原みずきにも、

きっと最後の晴れ舞台が用意される。

そう、せっかく最後なんです。

みずきの自己紹介は

「みずき!みずき!桑原みずき!」と

叫ぼうじゃないですか。





辞めるメンバーと残るメンバーでのユニットもあるでしょう。

ゆりあがセンター、両サイドをみずきと小木曽が固める

ユニットが今から目に浮かびます。

(「Glory days」とか)



しーたんともきゅ松で

「てもでもの涙」とかやりそうだなあ。



きっと「涙の湘南」もフルメンバーでやってくれるでしょう。

歌いだし、みんなで大声で

「さっとー、みえっこ!」

と叫びましょう。

そして、Bメロで

「あ~いりん! あ~いりん!」

叫んでやりますよ。

メインステージ付近のスタンドで

あいりんコールがうるさい奴がいたとしたら、

それが私です。





SKE最高の、No1の神曲「ごめんね、SUMMER」は

きっと毎日披露してくれるハズ。

この二日間だけは

ちゅりも我慢してくれよ、

会場が「くーみん」コールで一杯になることを。





「パレオはエメラルド」は

紅白バージョンでやってくれるんではあるまいか。

だーすーのターン、みっきーの大技、

ラインダンスも有り得るかなあ。




「アイシテラブル!」では

全力で「アイラブユー! アイシテルー!」です。




AKBグループの大規模コンサートでは

サプライズ発表がつきものですが、

今回のSKEガイシコンサートでは何も発表はないでしょう。

どうせあるなら、日本武道館のコンサートで

サプライズ系はやるはずです。





今回のSKEガイシコン2013は

純粋に楽しめるライブになるハズです。

去年の最高のライブよりも、楽しいモノになるハズです。


だって、

今年は珠理奈がフル参加するんだから。


去年のガイシコンで一部出演しか

できなかった珠理奈。

今年は全力投球だぜ。

SKEリクアワ2012のDVDを見てわかったことですが、

やっぱりSKEの真ん中には珠理奈が

一番似合うんですよね。

何度でも、

「超絶可愛い、珠理奈~!」

と騒いでやりますよ。





そう。

土日に行われるのはライブです。

「ライブとは生き物だ」

なんて言われたりしますよね。


いろんなルールがあると思います。


SKEはovertureでMIXを打たないとか、

ずらしMIXはダメだとか。


でも、現場でテンションが高まっていれば

結果的には何でもアリだと思います。

(ていうか、テンションたかまりほで

 MIXがずれちゃう時もあると思うんですよね)


玲奈あたりが真面目な話を始めた時に

騒ぐのは人としてのマナー違反だとは思いますが。





まあ、何はともあれ楽しみましょう。


中学生も高校生も、大学生も、

社会人も、子持ちも、孫持ち?も。

人生に苦労している人も、

悩んでいる人も。


「SKE48」を好きなのは、

メンバーもファンも一緒です。


みんなで何十曲もの「仲間の歌」を

堪能しましょうぜ。







2013年4月12日

2013年3月21日 (木)

SKE春コン①セトリ希望「仲間の歌だけは3回披露して欲しい」

きょうは3月21日。

この数日で、東京では桜があっという間に咲きました。

日本で桜と言えば

卒業式や入学式など

区切りの季節です。



そして、今月に卒業を発表した

秦佐和子の

劇場最終公演が

3月29日になったと発表されました。


しゃわこは4月13~14日のSKEガイシコンには

参加しないそうです。


急すぎる、なあ。


突然卒業を発表して、

ガイシコンにも参加しないで。

この春に卒業するSKEメンバーの歌、

「それを青春と呼ぶ日」

にも参加しないで。




可愛くて、

バラエティー無双で

最強に強烈なキャラで

SKE48メンバーとして活動したしゃわこ。



声優を目指すその強い意志。

とても綺麗な卒業への意思、

ファンへの姿勢。


でも、

ファンから見れば、

寂し過ぎるぞバカヤロー!








さてさて。

SKE春コン2013

「変わらないこと。ずっと仲間なこと」

4月13~14日に開催です。

大筋のセットリストは決まっているでしょう。

というか、誰が考えても

今回はやるしかない!

という曲がたくさんありますからね。


SKEの運営にはいろいろ文句もあります。

ただ、セットリストに関しては

毎回スペシャルに素晴らしいモノを

提供して頂いております。


ありがとうございます。


そして。



拝啓、

運営様。

今回のSKEガイシコン2013で

「仲間の歌」だけは、

土曜日公演、日曜の昼公演、

日曜の夜公演と

3回全てで

披露していただけないでしょうか。





土曜日曜で三回公演。

同じ曲を三公演連続、

ってわけにはいかないですよね。


とは言え、

メジャーなシングル曲は3回披露するでしょう。

「青空片想い」

「アイシテラブル!」

「1,2,3,4ヨロシク!」

あたりは3公演連続で披露するかもしれません。




でも「仲間の歌」は

日曜の夜だけ、にする可能性があります。

「それを青春と呼ぶ日」も

日曜の夜公演だけでしょうか。



わかります。



土曜日公演は人気のある曲、ユニット曲。

日曜昼は斬新なシャッフルユニット。

日曜夜は卒業を意識した曲。


二日間の流れを考えれば

そんなセットリストを組むでしょう。




でも、

土曜日だけ参加するファンがいる。

日曜の昼だけ参加するファンがいます。



SKEが大好きで、

東海圏よりも遠いところから、

集まるファンたちです。


必至にアルバイトで稼いで

SKEガイシコンを楽しみにしている学生。

忙しい合間をぬって

無理やりにでも参加する社会人。

ええ。

私だ。



二日間、全てで

「それを青春と呼ぶ日」を

やってくれとは言わない。




でも、せめて「仲間の歌」だけは、

二日間全ての公演でやってはくれまいか。



にししの先導で、

会場が一体となって歌う、最高の歌。


これだけは、

土曜だけ参加のファンにも、

日曜昼だけ参加のファンにも、

楽しませてくれないか。





他の曲については

個人的な趣味主観で

まとまらないだろうけれども

「仲間の歌」だけは…。




運営の皆様。

セットリストを考えているであろう人たち。

卒業メンバーを送る立場の

中西優香さん。


ガイシコンの公演全てで、

「仲間の歌」

伏してお願いしますです。











2013年3月21日

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ