SKE48全体

2016年5月 6日 (金)

ブログの引越し的なもの

このブログについて、引越し的なものをします。

随分と更新もしなくなりました。
引っ越した後もどうなるかわかりませんが、とりあえずお試し的に。
SKE48のこれからの発展を祈る気持ちは昔と変わらずです。
http://skeniwakanobun.com/

2015年2月 2日 (月)

「あいりん」という青春

ついに、この日が来てしまいました。

SKE48とは、アイドルグループとは

若い女の子の職場です。

25歳という年齢は

アイドルを卒業する時、ですね。

あいりんが、古川愛李さんが

2015年2月1日、SKE48からの卒業を発表しました。

私がこのブログを書き続けて、もう何年たつでしょうか。

最近は、めっきりブログ更新が減っていますが

今もSKEを応援していますよ。

コンサートに行く回数は増えていたのですが。

だんだんと、

今の48グル―プに知らないメンバーが増えてきます。

48グループファンとして、

きっと私は懐古厨であり、古参でしょう。

SKE全体を応援する身ですが、

あいりんには格別の、格別の想いがあります。

このブログ上でも

あいりん絶賛記事を何年も書いてきました。

あいりんが、SKEから卒業するのかぁ。

わかってた、ことですけど。

わかってた、ことですけど。

あいりんが卒業を発表しました。

「新しくやりたいこともあって」

 

「夢に向かっての卒業なので」

 

「笑顔で、最後まで過ごせていけば良いと思ってます」

 

「悲しい卒業じゃない」

 

「泣くのはきらいなので、笑顔でSKE48の古川愛李を応援して欲しい」

あいりんは、若いメンバーの卒業とは違います。

25歳として、まっとうな時期の卒業です。

48グループ全体の総選挙でも

何度も上位にランクインしました。

コンサートでも大きな場面を任されてきました。

いつも、会場では

「あーいりん! あーいりん!」

と、大きなコールが響きました。

大きな声を、みんなで出しました。

一つの青春が終わる。

古川愛李さんにとっても、

ファンにとっても同じ気持ちでしょう。

俺も同じ気持ちだ。

あいりんは、

珠理奈や玲奈とはまた違う。

替えの効かない存在です。

チームKⅡにとって、

SKE全体にとって、

高柳明音にとって、

ファンにとって、

替えの効かない存在です。

感傷に浸り過ぎるのも、あいりんに悪い。

ファンよりも、

確実にしっかりしているのが、あいりんです。

「私の心配をするより、●●さんの心配をしてくださいよ」

そう思っているでしょう。

あいりんはしっかりものだからなあ。

SKEを何年も愛してきた人間にとって

 

あいりんは偉大な存在です。

相応しい最後を、どうかあいりんに、

俺たちにも与えて欲しい。

俺たちSKEファンにとって

あいりんは大きな存在でした。

あいりんの言葉。

「悲しい卒業じゃない」

本当でしょう。

これからも、芸能界かどこかで活躍するめどが立っているはず。

あいりんが大人のように、

こちらも大人として応援し尽くしたい。

頼むぜ、運営さんよ。

3月中に、大きな箱で。

卒業する実絵子と一緒に。

「涙の湘南」

最後に、一緒に歌わせてくれ。

2015年2月2日

2014年12月26日 (金)

にしし、美絵子の卒業「ただ、ありがとう」

世界中の人間にとって、平等なものは時間です。

どんな善人にも、悪人にも時間は平等です。

アイドルに限らず、スポーツ選手、サラリーマンにだって

時間の制約があります。


6年間は、アイドルにとって十分に、

充分に幸せな時間ですよ。





12月24日のチームS公演で、

中西優香と佐藤実絵子の一期生2人が

SKE48からの卒業を発表しました。


にししが25歳、美絵子が28歳です。


ただただ、二人には感謝の気持ちでいっぱいです。


一期生の二人がチームSに、チームKⅡに、

SKE48にとって果たした功績は

ファンにとっては言わずもがなですよね。




にししは多くのコンサートで

最高のパフォーマンスと全体を引っ張ってきました。


「愛の歌を歌おう!」


にししの声で、脳内再生余裕です。


AKBの第4回選抜総選挙、にししの63位は

今でもSKEファンにとっての語り草です。

第4回選抜総選挙感想①「世界で1番の63位」


にししは最高のSKE人生を、

アイドル人生を、

輝かしい20代の人生を送ったと確信しています。

ありがとうございました。






実絵子は一期生ながらも、チームKⅡの柱でした。

原曲メンバーを超える、俗に言う本家超え。

それは「涙の湘南」での最初のコール。


「あ~~~、っさっとー、みえっこっ!!」


何をやっても全力の姿勢。

KⅡの「ラムネの飲み方」公演での「兆し」

実絵子の行進での膝の高さは

SKEファンにとって常識であり、

SKEらしさを象徴するものでした。

歌が上手い、生歌が出来るって

SKEにとって貴重な人材でした。

ありがとうございました。





そして、二人とも若手に優しかったです。

一期生と言えども、

にししと実絵子から見れば

珠理奈、玲奈、真那も子供のようなもの。

この三人が48グループで今、

輝いていられるのも

にししと実絵子の功績が大です。







今のSKE48があるのは

多くの卒業生のおかげです。

その多くの卒業生がいなくなる悲しみを

中和できたのも、

にししがいたから。

実絵子がいたから。

そんな力強さでした。




SKE48はアイドルです。

定年の早い仕事です。

2人がいつか卒業するのは、

遠くないことは

多くのファンもわかっていたことです。

悲しむだけじゃ二人に失礼、かな。





若くしてSKEを辞めたメンバーもいます。

でも、にししと実絵子は十二分にSKE48をやり切った二人です。


ただただ、二人には感謝の拍手を。


SKE48に

中西優香がいて、

佐藤実絵子がいて。

本当に楽しかったです。






2014年12月26日

2014年12月11日 (木)

12月のカンガルー「新センター、これからのW松井」

カン、ガー、ルー、いぇー!

生きてます。

SKE活動は続いています。



さて、

SKEの16作目のシングル、

「12月のカンガルー」の感想を短めに。


珠理奈、玲奈のW松井、

Wセンターを変えたシングルです。

AKBを含め、

他のグループもセンターを変えているみたいですね。




珠理奈玲奈がセンターじゃない。

センターは、

りょうはと宮前。


うん。

良かったですよ。


りょうはに関しては、

AKB絡みでのイベント、ユニットで

センター慣れがあります。


宮前が大抜擢?

今までのコンサートを見ているファンからすれば

何もおかしなことはない。

あのパフォーマンス、

200%にSKE48です。




とは言え、珠理奈と玲奈がセンターではないSKE48。

どう思うか?


はい。


センターを変えるのが遅すぎる。


珠理奈と誰か、

玲奈と誰か。

シングルの組み合わせは

もっと昔に挑戦できた。


センターを変えること。

斬新かというと、そうでもない。


シングルはともかく、

カップリングはもっと早くに

センターを珠理奈玲奈以外に

するべきだったと思います。

この辺は、昔から私が主張してきたことです。


ちょっと、遅いよなあ。





ん?

今まで頑張ってきた

珠理奈玲奈がセンターから外れるのに納得がいかない?



綺麗ごとを言えば、

センターじゃなくても、

玲奈は可愛い。

珠理奈の最高の存在感。


充分だ~。





冷静に言えば、

次は珠理奈と玲奈のセンターに戻すでしょう。

だって珠理奈玲奈の人気はもう全国区ですから。


AKBの知識が無い人でも、

「ああ、SKEのW松井ね」

と言われます。


ここまで来ましたよ。

感無量です。






さて。

今回のシングルでセンターを変えました。

一度変えて、また戻すことで

次の珠理奈玲奈のシングルは

「W松井」の凄味が出ます。


絶対に。


「12月」の次はヤバイですよ。


りょうは、宮前に対して

「お前たちは、まだその器じゃない」

そんなものを、

あの二人は見せてくれますよ。


だって、SKE48だぜ。


珠理奈と玲奈が、

芸能界で力を伸ばしてきたあの二人が、

SKE48の看板を背負った時の力。


ワクワクするぜ。






ところで、CDシングルの特典映像。

デビュー6周年公演がありました。


その中で面白かったのが

一期生や二期生、移籍組や兼任組のシングルメドレー。


良かったです。


何が良かったって?


6期生の「未来とは」

動きのキレが断トツ。


全員が珠理奈、玲奈、だーすーに見えた。


ああ。

SKE48は大丈夫だな。







2014年12月11日

2014年6月15日 (日)

『超遅報2/2』第6回AKB総選挙・SKEの本物たち

世間の注目は、

サッカーW杯に向かっています。

ええ、私もワクワクしているわけです。

さて、遅れながらのAKB第6回選抜総選挙、

感想の後半です。




総選挙に16位以内に入った

SKEのメンバー。

どれも、本物の実力者です。

アイドルとして、

人間として本物です。





まず、SKEの人気、

力を感じたのが

阿弥ちゃんの選抜入り。

前回の総選挙のシンデレラガールと呼ばれ、

17位だった柴田阿弥さん。

今回は堂々の15位。


前回の総選挙では、人気のある阿弥ちゃんが

SKEの選抜に入れていなかったことなどから

箱推し票が阿弥ちゃんにあったはず。

しかし、今回は自力で、

自分のファン中心でAKB選抜まで登りつめました。


前回のチャンスを、一時のチャンスに終わらせずに

握手会や劇場、コンサートでのハイパフォーマンスを

阿弥ちゃんは続けていた。


勝利は人を変えたのか。


いや、デビュー当初から敗北を続けた人間が

勝利を手にしたことで

大きな飛躍を遂げたのか。

阿弥ちゃんはお見事でした。







大きな期待を集めただーすーは10位。

本人は不安がっていましたが、

周りから見れば今年の選抜は当然、でしょう。

だーすーのアイドルを超越した努力は

ファンなら誰しもが知っている。

須田亜香里の10位。

全く違和感が無い。

凄いことです。



ただ、高みなが9位、こじはるが8位と

両ベテランには勝てず。

ここばっかりは残念です。

二人とも、来年の総選挙は出ないだろうしなあ。

次世代ではなく、今を引っ張る須田亜香里。

これからも、よろしく。






順位的に、高みな、こじはるとくれば

7位以降で残っているのは

玲奈、さや姉、ぱるる。

ここは厳しい戦いかも、と思っていました。



しかし、

7位のぱるるでガッツポーズ。

6位のさや姉で安堵の溜め息。

堂々の5位こそ、

我らが大将、松井玲奈。


良い意味で、負けなかった、

と言っていいんじゃないでしょうか。

ドラマなどの個人仕事も増え、

SKE全体での活動をどうするかを

考え続ける玲奈。

第一回の総選挙では、

「いつかは1番が取れるように」

と野心丸出しで泣いていた玲奈。

今は随分、変わってきたように思えます。

自分が1位を取ることよりも、

SKEがどれだけ活動の幅を広げることができるか、

SKEがどれだけファンを楽しませることができるか。

SKE全体、の視点が大きくなっているように見えます。

AKB総選挙で1位を取らなくても、

今後も芸能界で生きていくことができる

手ごたえを感じているから、

心に余裕が出来てきたのかもしれません。

俺たちは、大将に付いていくぜ、玲奈。








玲奈の順位が5位。

とすると、次の戦いは

珠理奈とゆきりん。

ここは勝った、と思ってました。

SKEファンみんな、思ってましたよね。



まさかの第4位は珠理奈でした。

ゆきりん、強いなあ。


もちろん、珠理奈が獲得した4位という順位も凄いんですけど。

珠理奈がAKB全体で4位です。

小学6年生でSKEに受かってから、

誰よりも若い年齢で頑張ってきた女の子です。

グループとしての経験値はベテランでも、

松井珠理奈は現時点で17歳。

まだまだ、若い女の子です。

珠理奈は1位が欲しいという姿勢を強めてきました。

良いことです。

その珠理奈の姿勢に、

ファンも乗れます。

来年は、

いけるんじゃないか。







珠理奈4位、ゆきりん3位で、

SKEファンとしての総選挙が

終わった気分になった人も多いと思います。

「1位は指原。しっかし、ゆきりんの票数すげえなあ」

SKEファンはそんな会話をしていませんでしたか。



2位の「~HKT48!」を聞いて

ビックリしましたよね。


今年の1位はまゆゆでした。

真摯なまでにアイドルで有り続けている麻友選手です。

納得の1位です。





AKB総選挙では連覇は今まで一度もありません。

歴代の1位は、

あっちゃん、優子、あっちゃん、優子、指原、まゆゆ。


次回のまゆゆの連覇を止めるのは?


我らがエース、

松井珠理奈しか

いないですよね。







2014年6月15日

2014年6月13日 (金)

『超遅報1/2』第6回AKB総選挙・SKEは死せず

ちゃんと見てましたよ。

ちゃんと盛り上がっていましたよ、

AKB第6回総選挙。


今年はSKEメンバーの活躍はイマイチかな、

なんて思ってました。

良い意味で裏切られました。

今回も、SKEの人気の高さが証明されたのじゃないかと。

(私の仕事上、今回はブログで応援する時間が取れなかったです)


遅れながらも、総選挙の感想と行きます。

ちょっと力が尽きたので、

二部構成の第一部めです。




・65~80位、アップカミングガールズ


前回より順位の落ちたメンバーもいます。

こあみ、梅ちゃん、真木子が早々に呼ばれたときは

ガッカリしたものです。

あ、今回はSKEやばいな、と。

ただ、速報に入っていなかった

みきてぃーが73位で呼ばれたことで歓喜。



たかまさんこと、

あびるりほが74位で初めての

初めてのランクインです。

ここでランクインしなかったら、

あびるはSKEを辞めていたでしょう。

ファンは見事だなあ。

いや、あびるがこれから10年間

SKEのアイドルが出来るわけじゃない。

今までの努力、形になることが

これからのあびるりほさんの人生の成功につながる。

ファンは、そう思ったんじゃないか。








・49~64位、フューチャーガールズ


みなるん、奈和ちゃん、ちょきんちゃん。

55位の奈和ちゃんが印象的でした。

運営に推されを貰っていた奈和ちゃん。

でも、今までの総選挙で結果は出ていなかった。

きつかったでしょう。

檀上でのスピーチで、

号泣していた奈和ちゃんの姿が全てです。


そして、50位だった花音。

やはり、スピーチが全てを物語っていました。

花音の心、ここに、あらず。

きっつい、と思います。

50位なんかで、満足するような花音じゃない。

今までの運営からの扱い、

アイドルとして自分の頑張り。

喜べる順位じゃない。

花音にとって、

「底力くん」と会えているのが

今なんでしょう。







・33~48位、ネクストガールズ


あいりんがここかあ、というのが

切実な感想です。

古川愛李、37位。

ひっくいよなあ。

でも、あいりんは、

外仕事も出てきています。

あえて総選挙での順位が必要なキャラでもなくなってきている。

凄いことです。

あいりんが、37位でも

「まあ、大丈夫だ。あいりんには仕事がある」

ファンは強がり時計ができる。

SKEが強くなってきた証です。


つうちゃん46位、はるたむ34位はお見事。

5期生は元気ですね。

ペンギンの衣装が似合う子も、

きっと喜んでくれているでしょう。


きょんの44位も、凄い。

「努力は必ず報われる」

誰よりも体現しているのがきょんですね。

本格的な人気を、きょんが集めだした。


おっと。


今回の総選挙、SKEファンにとっての一番のサプライズ。

第40位。

木下有希子。

サンキュー、SKEファン。

今年こそ、ランクインするんじゃないかと

思われていたゆっこ。

ただ、速報も入っていなかった。

60位台、70位台なら入るかも?

そんな期待も、50位台のメンバー発表の時には

消えていましたよ。

「ああ、今年もゆっこは無理だったのかあ」

そんな会話がSKEファンで起きていたハズです。

ところが。

サンキュー、ゆっこファン。


今回の総選挙。

SKEのファンが、

一番泣けたのが、ゆっこの40位でした。








・17~32位、アンダーガールズ


「かおたんかぁ~」

ちゅりんのスピーチが全てを物語っていますね。

31位は我らがちゅり。

堂々としたものですよ。

ラジオの仕事など、

SKE以外でも活躍しだした高柳明音。

W松井以外でも、芸能界でメシを食っていける

可能性を現しています。

SKEのファーストペンギンって、ちゅりなんだろうなあ。

ちゅりは可愛いなあ。


30位の真那は圧巻。

AKBの総選挙。

常に規模が大きくなり、得票数も増えています。

新人が上位に食い込むため、

ベテラン陣の順位は下がるのが普通。

しかし、圧巻の真那。

SKEの心臓こと、大矢真那。

真那の前に真那なし、

真那の後に真那なし。


ゆりあの23位は、今回は仕方ないでしょう。

SKEからAKBへの移籍。

ファンも乗りにくい部分があったはずです。

来年からは、いろんな意味で変わるのかな。


そして、17位。

アンダーガールズのセンターはかおたん。

松村香織。

ええ?


選抜じゃねえのかよ!


そこまで思わせる存在になりました。

結果的には、アンダーガールズのセンターで

美味しいとは思いますけど。

かおたんは凄い、凄い。

もう、アイドルをやらせておくのがもったいないレベルです。

ビジネスマンとして、

松村香織さんは誰よりも成功する気がする。

かおたん、

ちょっと起業してみたら、どうですか。


選抜メンバーの感想は次回に。









2014年6月13日

2014年5月 8日 (木)

AKB総選挙2014、我が軍の苦戦を救うのは誰か

AKBグループと言えば、

メンバーの人気投票である

「総選挙」が有名です。

この総選挙をきっかけに、軸にして

AKBグループの人気が爆発的に大きくなったのは

間違いないでしょう。


37thシングルの選抜メンバーを選ぶ、

第6回目の選抜総選挙。

立候補者は約300人。

1~16位が選抜曲に選ばれ

カップリングでは80位までが選ばれます。

投票期間は5月20日~6月6日。

投開票は6月7日(土)の

味の素スタジアムです。


最近、

公式ガイドブックの表紙のセンターが

NMB48のさや姉であることが

ヤフーなどでも話題になりました。


ええ。

我が軍の苦戦が予想されます。


なにせ、AKBグループの楽曲ランキングである

AKBリクアワ2014では

上位曲にNMB、HKTが乱立していました。

101位~200位では

SKEの曲が多かったのは確かです。


ただ、1~100位まで

ぶっ続けて会場にいた人は知っているでしょう。


NMB、HKTの勢いがやばい、と。


運営の想定通りに

AKB⇒SKE⇒NMB⇒HKTと

ファンが流れている気がします。

1位はチーム4の「清純フィロソフィー」


もうね。

どんだけ、みんなして若いチームが好きなんだ、と。




ひるがえって、我が軍こと「SKE48」

総選挙では常に大旋風を巻き起こしてきました。


アンダーガールズで

SKEメンバーが連続して選ばれたことの

感動は今でも覚えています。


阿弥ちゃんというシンデレラガールの登場。

W松井の神崩し。

選挙でおなじみ、真那の叫び。


今おいてなお、

総選挙最高の瞬間は

第3回総選挙での高柳明音の直訴です。


世間ではAKBと言えば総選挙、ですが

48グループファンであれば

総選挙と言えばSKE、

という側面もあります。


ただ、今回は

正直言ってキツイ気がします。



我が軍として、コレ、

という押しが弱い気がします。


私は過去、

第4回総選挙と第5回総選挙で

メンバーを支援する応援演説を

このブログで行いました。



書く側として、

「この子は今、書きやすい」

と思うメンバーは、

物語を持っているし、

実際に上位にいくんですよね。




去年で言えば、

阿弥ちゃん、だーすーが上位にいくのは

SKEファンであれば自然なことです。


もちろん、あそこまで上位だとは

思っていなかったですが。



じゃあ、今年は?

強いてあげれば何人か浮かびますが、

他のグル―プのほうが強そうな気がします。

NMBさや姉、

HKTめる、みお。

AKBチーム4のメンツ。

総選挙は最後になるであろう

AKB48の初期メンバーたち。


うーん。


前回の総選挙において、

きょんや真木子の努力の報われ、

阿弥ちゃんへの魂の一票、

梅ちゃん、こあみへの愛の投票、

などはやってしまったんですよね。


今回は、そのあたりのメンバーには

箱推しの一票は入りにくいです。







SKEの強みだった、

ネットからのファンの応援も弱くなっているように

見えるのも気がかり。


ぶっちゃけ、まとめサイトの

SKEエンタメクラスタさんが

無くなったのがデカすぎる、かなぁ。




じゃあ、SKE的にどうすればいいって?

一番いいのは、

我が軍の大将とエースが

言ってくれることですよね。

例えば、さや姉が公式ガイドブックで

センターで、新聞でも「1位を目指す」と言いました。

そりゃ、我が軍の絶対エース、

松井珠理奈が



「お前にはまだ早い。優子さんのいない総選挙、

 階段の頂上を昇るのは、私だ!」


って言ってくれたらなあ。





昨年の1位は指原さんでした。

我が軍の大将、

松井玲奈が



「さっしーは今まで私に優しくしてくれて

  ありがとうございました。

 今年は恩返しに、

 さっしーを1位の重圧から解き放たせます」


って言ってくれたらなあ。





そして、二人の松井が



「AKBにも、NMBにも、HKTにも

 1位と2位は渡しません」


って言ってくれたらなあ。





こういう寸劇を

SKEのコンサートでやってくれたらなあ。







これからの総選挙に対する盛り上がり、

盛り上げは私たちファンがやれることでもあります。



以前から言っていますが、

一人で何百票も入れるだけが応援じゃない。

たった一票でもメンバーの力になる。

総選挙応援の動画を作ってくれる人、

自作の応援ポスターを作ってくれる人は

多大な影響を与えています。

あのたくさんの応援動画で

かなりの票が動いた、

ファンが増えたんじゃないだろか。





SKEメンバーの多くが卒業しました。

大組閣もありました。

スキャンダル、

卒業生のあれやこれや。

いろいろあります。




でも、今も真那がSKEにいます。


高柳明音が、みんなの期待通りに

今年も総選挙に出ます。


この時期にぐぐたすを積極的にする

可愛らしい珠理奈もいます。


SKE全体を愛し、

命がけで頑張っている玲奈がいます。


新チームEのリーダーとして、

SKEの誇りと

ギネスレベルの努力を続ける

須田亜香里がいます。


そして、

いつまでもSKE全体のために、

自分のために、

亜流を突き詰めた

松村香織が、

俺たちにはいるんだぜ。


おう。


かおたん。

SKEへの煽り、

自分への煽り。


そして、

SKE箱推しが泣ける瞬間。


かおたん。

期待してるぜ。









2014年5月8日

2014年3月 8日 (土)

【遅報】SKEエンクラさん、お疲れ様です

ブログを書くのは、時間がかかるものです。

批判も多い2chのまとめサイトの管理人も

時間のかかる仕事でしょう。

SKEファンにとって有名だった

2chのまとめサイト、

「SKEまとめエンクラ」が

休止を発表しました。


最近の、2chの転載禁止の流れに関しては

特に私は何も意見はありません。


ただ、多くのSKEファンが

見ていたであろうまとめサイト

「SKEまとめエンクラ」の管理人さんには

ただただ、お疲れ様です。


SKEの人気が拡大するのに、

もしかしたら一番貢献したサイトだったんじゃないかあと。




もちろん、まとめサイトであるだけに

2chで毎日熱い書き込みをしている人が

ネタ元です。


ただ、SKEに今何が起きているのかを

手短に理解するのに最高のまとめサイトでした。

学生でも社会人でも

誰でも忙しい時期はあります。

そんな時はSKEの情報から離れることもあります。

そんな時に、エンクラをざっと流し見すれば、

SKEの情報にキャッチアップすることが出来ました。



いや、本当にありがとうございます。










SKE48のファンは、

48グループの中でも最も熱いと言われます。

コンサート、総選挙でも

SKEファンの熱さは明らかです。

そのファンの熱さを作り上げているのは

まとめサイトの管理人や

ユーチューブでの動画を作っている人たちの

力も大きいと思います。



SKEの人気拡大に一番貢献しているのは

2chに書き込んでいる多くのSKEファンなのかな。




ただ、

SKEメンバーの頑張り⇒ファンの応援⇒

メンバーの頑張り⇒ファンの応援……。

そういう好循環をサポートしていたのが

エンクラだったんじゃないだろうか。




48グループの大組閣、

エンクラの休止。


SKE48にとって、

大ダメージの気がします。






もちろん、まとめサイトの運営は

アフィリエイト狙いの、半分は仕事でしょう。

ただ、大儲けできるなら、

まとめサイトの運営を休止しないんじゃないかなあ。

その辺は、全くわからないですけれども。









自分も、ネット上でSKEを応援する端くれとして、

細々でも、やっていきます。

ガチガチの仕事の合間に記事を書いています。

ここ数か月の仕事の忙しさから

更新頻度は落ちてきました。


それを気にせずにだらだらやっていくのが

長続きの秘訣、なのかな。




SKEを応援する皆さん。

これからも、楽しくやっていきましょう。










2014年3月8日

2014年2月 4日 (火)

ナゴヤドームは通過点

2014年2月2日、

ナゴヤドームがオレンジ色のサイリウムで埋まりました。

運営ではなく、

ファンの発案で行われたことです。


ちゅりがコンサート前日の直前にもなって、

今さら赤のサイリウムで揃えて欲しいと言いました。

KⅡ曲では赤いサイリウムで

ドームが埋まりました。

赤のサイリウムを持っていないファンは、

サイリウムを下げて盛り上がりました。


会場が赤で埋まれば、

続くチームEでは打ち合わせも無しに会場が緑色に染まる。


2日目には、研究生の出番で会場が青色に。



メンバーのパフォーマンス×ファンの応援


「SKE48」とは、

演者と観客で作り上げる芸術かも知れません。







ナゴヤドーム初日はアズマリオンの伴奏と奈和ちゃんサックスでの

一期生による「神々の領域」

ここで泣いた人も多かったでしょう。

私も感慨深かったです。

多くの卒業メンバーが頭をよぎりました。




2日間の全体を通して言えば、

シングルとカップリング中心のセットリストでした。

中でも、ネットを中心に賛否両論だったのは

「Glory days」で途中から登場した

蛯名健一と

「ダークネス」で登場した

ワールドオーダーですかね。



会場にいて見た限りは、

どちらも超良かったですよ。


蛯名健一の登場タイミングは

「あ~~~っ! 花音が可愛い!!」

って言った後が良かったですが。


ただ、蛯名もワールドオーダーも

パフォーマーとしては超一流。

アイドルの中でもパフォーマンスを売りにする

SKE48にとって良いゲストだと思います。





始球式の坂東英二は俺たちの黒歴史にしましょう。

きっと、坂東さんに関してはSKE側からのオファーじゃない。

芸能界の力関係で

坂東側がねじ込んで来たのかな。









2日目はアズマリオンとあんにゃのドラム演奏から

「escape」

アズマリオンの能力には舌を巻きます。


旧KⅡでの「愛の数」で

ナゴヤドームが感動に包まれました。

卒業する茉夏、聖羅。

それを見守るあいりんの

なんとも言えない表情。

愛だね、愛。







ナゴヤドームコンサートは

全般的にユニットが少なかった。

正直、不満に思った部分もあります。



ただ、だからこそ

ソロで歌うって凄いことです。


大観衆の中で、ドーム規模で

一人で生歌を歌うって、

並大抵のことじゃない。

純粋な歌手を目指す何万人、

何十万人が到達できない場所です。


そこに

松村香織が、立つか。


途中のセリフから

後半は生歌に。

泣きながらの歌声。

俺たちは、これを聞きたかったんだ。

二日間で、一番感動したのが

マツムラブだったのは内緒。





生歌は続き

菩薩の仕業、

いや、ちゅりによる「夜風の仕業」


アズマリオン伴奏で、

曲の真ん中のサビの部分では

完全なるアカペラ。

ちゅりペラ。

とても綺麗な高柳明音さんでした。





フィンランドミラクルでの茉夏コール。

んんんんんん。


「思い出以上」のだーすーは凄いの一言。


珠理奈が歌うソロでの「大声ダイヤモンド」は

最高に良かった、

ハズなのに多くの観客が

「AKBに移籍するって言うんじゃねえのか…」

とハラハラし過ぎました。

そんな不安が無ければ、

もっとも感動できたんですけどね。


だから、運営側から

「今後、珠理奈はSKEに専任する」

という言葉が欲しい。

SKEの知名度は上がってきている。

「SKEの松井珠理奈」のほうが、

珠理奈にとっても、

48グループにとっても、

良い効果を与えるんだぜ、

秋元康さんよ。







NMBなど他グループの歌も良かったと思います。

4時間近くあるコンサートです。

数曲は遊びがあって良いと思います。








SKE初のナゴヤドーム単独コンサート。

全般的に良いコンサートでした。



でも、

最高のコンサートでは無かったです。


なにせ、ファン全員が大きな声で盛り上がる曲

「涙の湘南」が無かったのだから。

4万人で

「あ~~~~~っ! さっとー、みえっこ!!」

って言いたかった。



他にも、これはやるだろ、あれはやるだろ、

という曲があります。


でも

玲奈がブログで

ファンの気持ちに答えを明示しています。



「ナゴヤドームは区切りではなく、通過点」


そうです。

SKE48はここで終わりじゃない。



単独ナゴヤドームなど、

俺たちにとって単なる通過点でしかねえぜ。




珠理奈もコンサート終わりに言いました。

これからは

日本一、世界一を目指す、と。


行ったろうぜ。

まだまだ出来ることはあります。

パフォーマンスという意味では、

ダンスでは無く

歌に関してはまだまだ過ぎます。

SKEを知らない人が

コンサートにきて感動するレベルには

到達していないでしょう。



SKEはまだまだこれから。


東京ドームや日産スタジアムをSKE単独でやる道が残っている。

野外フェスの形で、

10万人以上を動員する道だってある。

なんなら

SKE全体ではなくて、

チームS、KⅡ、Eの各チームだけで

ナゴヤドームコンサートだって出来る。






SKEメンバーは頑張っている。

そんなメンバーを見て、

自分自身も「もっと頑張ろう」と思える。


SKEも自分もまだまだこれから。


本当に、

この二日間。

SKEメンバーや多くのファン。

「SKE48」を取り巻くすべての人々に

感謝と笑顔と気合を頂きました。











2014年2月4日

2014年1月31日 (金)

さあ、ナゴヤドームだ!

バトルドームじゃないぜ、

ナゴヤドームだぜ!



2014年2月1日と2日。

SKE48単独でのコンサートが

ナゴヤドームで開催されます。

もちろん、私は二日間とも参戦します。

スタンドの上のほうだけど。



このナゴドコンサートだけは、

純粋に大いに盛り上がろうじゃないですか。


ユーチューブの煽り動画を見て、

テンションが急激に上がってきたぜ。







きっと、秋元康さんもどちらかは見に来るでしょう。

AKB48の運営の偉いさん方も来るでしょう。

見せてやろうじゃないですか、

SKE48の盛り上がりを。







コンサートで一番声が大きくなる瞬間はどこでしょうか。

SKE48コール?

珠理奈や玲奈コール?

卒業を控えた茉夏コール?


きっと、違う。


SKE箱推しファンが一番やりたいことは

「ナゴヤドームの中心で、佐藤実絵子と叫ぶ」


土曜日と日曜日で、「涙の湘南」は片方しか

やらないかもしれません。

二日間ともやって欲しいですけどね。


確実に、この曲で大きな声が出ます。

涙の湘南のイントロが流れた瞬間に、

SKEファン全員の背筋が伸びるハズです。



「っあ~~~~~、さっとー、みえっこ!!」


ナゴヤドームをぶち壊す声を上げてやりましょう。


そして、Bメロの「あいりん」コールは

俺が5万人で一番大きな声をあげてやるぜ。


花音と阿弥ちゃんの「わがままな流れ星」も盛り上がる。

なにせガイシコンサートで、

「次はドームで!」とセリフで言った曲です。

待ってるぜ。





高柳明音大先生の持ち歌「クロス」では

みんなで「超絶イケメン!あかねー!」と叫びましょう。



フィンランドミラクルであろうと無かろうと、

茉夏には精一杯のありがとうの声を。



SKE最高のユニット曲「Glory days」は

大事な場面で使われるでしょう。

土曜日か日曜日の一曲目の可能性もあるかな。

みずきのポジションを真那でやる気も…。




「オキドキ」や「1!2!3!4!ヨロシク!」は

どんな場面で使われても、超盛り上がり。


SKE48の、初めての単独でのドームコンサート。



超絶盛り上がろうぜ!








2014年1月31日

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ