運営に一言

2014年1月30日 (木)

大組閣について・大シャッフルと珠理奈移籍は禁止だよね

本当に、

最近のSKE48を取り巻く動きが激し過ぎる。

ネタが大きすぎて気軽に記事が書けない始末。

忙しいとなおさら。


悪循環。








さて、

茉夏と聖羅の卒業発表については、

完全にタイミングを逃しました。


茉夏に関しては

箱推しの人ならば事情はよくわかると思います。

茉夏は「会いに行けるアイドル」を

何年間もやれる人では無かったと思います。

ここまで活動が出来たのは、

ちゅりやあいりんなど仲間に恵まれたおかげでしょう。


純粋に、茉夏にはお疲れ様。


単推しの人はきついでしょうけどね。









さてさて、2014年1月26日に行われた

AKB48リクエストアワー2014セットリストベスト200、

101位~125位が発表された日に

いつものように、運営からイベントの発表がありました。

(101位のごめサマには魂が震えたぜ!)






2014年2月24日に

 

「AKBグループ大組閣祭り」をするそうです。





ふうん。

大組閣だってよ。

AKB48だけでなく、

姉妹グループも含めた組閣だってよ。






現時点では、詳細は不明です。

恐らくネットの反響なども考慮して

これから決めていくのでしょう。




私たちSKEファンはネット上で声を上げていくしかない。



「単純に全グループをシャッフルする大組閣なら

 

 俺たち箱推しの興味が小さくなるぞ」








もちろん、いろんなファンがいるでしょう。

単推しの人は、推すメンバーがどこにいっても応援する。





大組閣によって、

現状よりも大きなチャンスを貰うメンバーは出てきます。

絶対に出てきます。



大組閣がプラスになるメンバーは絶対にいます。




SKEで、NMBで、HKTで伸び悩んでいた子は

AKBに移ることによって、テレビでの露出など

メディア仕事が増えることもあるでしょう。









では、いわゆる箱推しにとってはどうでしょうか?

私はSKE箱推しですが、

好きなメンバーに序列はあります。



玲奈、ちゅり、あいりんは

大組閣があったとしても、

AKBやNMBなどに行っても

応援できると思います。

(珠理奈は話が複雑なので後述)






ただ、他のメンバーは

 

どこに行っても今と同じように応援できるとは

 

言い切る自信はありません。






もしも、AKB48のチームに

ゆりあ、花音、阿弥ちゃんが行ったら?

真那がSKE以外に行ったら?

真木子やきょんはSKEだからこそ応援できる存在。

SKE48では無い加藤るみなんて、

見たくないのが正直な気持ちです。





もちろん、メンバーによっては

他のグループに異動したほうが

活躍の場が広がるかもしれません。



ただ、私はSKEメンバーの親でも

何でもありません。

ただのSKEファンです。



私は関東住まい、東京住まいです。

それでも、

やっぱり名古屋は栄のSKEが、

 

桑原みずきが育てて、

 

矢神久美が輝いたSKEが好きなんですよね。











大組閣の目的は何か?

48グループ全体での刺激を与えるため?

AKB48の超選抜卒業の穴埋めのため?

プラスになる組閣だとして、

姉妹グループで埋もれた才能を活かすため?




プラスになる組閣だとしても、

完全な全グループシャッフルが行われれば

私のSKEに対する気持ちは小さくなる気がします。


私はSKEメンバーの

親でも無い。

兄弟でも無い。

恋人でも無ければ、友達でもない。


ただのファンです。




「俺の好きなSKE48」が無くなれば

 

応援する気力も、

金を払う気も無くなります。



ファンだからです。











とは言っても、このあたりは運営は百も承知でしょう。

完全なシャッフルを行えば

今まで培ったものがゼロになる。


組織全体が潰れる、

運営側で働く社会人たちが無職になる危険なんか

簡単には踏み込めない。




現状ではどんな大組閣になるかわかりません。

運営も最終決定はしていないでしょう。

もしかしたら、AKB内では大きな組閣でも

SKEなど姉妹グループにとっては小さな人事異動になるかもしれません。



「なーんだ、数人が入れ替わっただけじゃん」



SKEにとってはそんな組閣になる気がします。





ただ。

ただ。

ただ。



その数人の一人に、

ウチの大エースが入っていたら話は別です。

AKB48は、前田敦子、板野友美、篠田麻里子など

大人気を誇ったメンバーが近年に卒業していきました。


そして、大島優子も卒業します。


一方で、勢いのあるのは姉妹グループ。

AKB48を大事にする視点からは、

喉から手が出るほど、

48グループ全体のセンターを任せられる人材を

AKB48の正式メンバーにしたいでしょう。





もしも自分がAKB48専属の運営上層部の人間だったら?


松井珠理奈が欲しいに決まっている。



大組閣と言っても、

SKEからは3~5人程度がAKBに行くだけかもしれない。

でも、その数人の中に珠理奈が入ってしまえば

話は大きく変わります。


巷の噂では、SKEのナゴヤドームコンサートで

大組閣に反対する署名運動を行うとか。


良いでしょう。



でも、大組閣の内容がわからない時点では

署名活動もイマイチになるかもしれません。



大組閣がSKEにあまり関係ないことになる可能性もあります。

せいぜい、兼任メンバーが多くなる、

程度の可能性も十分にあります。




ただ。

ただ。



珠理奈だけは勘弁してくだい。


あの子がどれだけ、「SKE48」のために頑張っているか。

AKBとの兼任を、

どれだけ立派な社会人精神で乗り越えていることかと。

SKEファンであれば、

ありとあらゆる場面で

松井珠理奈が

「SKEがこれからどうやって全国で~」

と話していることを、

話し続けていることを知っています。

秋元康さんは、きっと知らないでしょう。







このブログでも何回も書いていますが、

珠理奈の立場で

「AKB兼任は嫌だ。SKE専任が良い!」

なんて言えるわけがありません。



ありとあらゆる人に迷惑をかけることを、

 

松井珠理奈が言えるわけがありません。



ええ、わかります。


珠理奈はこれからも末永く芸能界で活躍するでしょう。

東京に行ったほうが芸能界では有利でしょう。


ただ、珠理奈はまだ16歳です。


芸能界で長く活躍している人間が

10代から東京でテレビに出ていたか?


違うよね。


まだまだ、これから名古屋で

自分がやりたいように活動していく時間は十分にあるし、

東京でテレビに専念するのは早いよね。

名古屋で、AKBでは無く、

SKE48のセンターで活動している時間、

立場、挑戦心を培ったほうが

今後の数十年間に生きる、んじゃないですかね。












大組閣に関して、短くまとめます。

SKEにとっての大シャッフルは

たぶん、ない。

もしもするなら、

ナゴヤドームコンサートが

多くのファンにとってオタ卒の会になるでしょう。


その後に多くの新規ファンがつくかどうかは、

知りません。

そんな危険な賭けを

大規模になったAKSはしない、と思います。



SKEチームKⅡを、

ほとんどそのままAKBチームKにする、

というテクニカルなシャッフルはあるかもしれませんが。







そして、

SKEにとっての小シャッフルはあるかもしれません。



SKEのイチ箱推しとして、

特定メンバーのファンとして。


運営に言いたいことはたった一つ。





「松井珠理奈はSKE48」












2014年1月30日

2013年8月27日 (火)

AKB東京ドームコン感想「これからは、各グループ単独で」

AKB48の2013年ドームツアーが終わりました。

福岡、札幌、大阪、名古屋、東京。

いろんな発表があった。

卒業メンバーのセレモニーもありました。

いわゆるAKB超選抜のマリコ、オカロ、ともちん。

皆さん、お疲れ様でした。

7年、8年という長いAKB48のアイドル人生。

なかなか出来るものじゃない。

心から敬服いたします。










48グループ、各チームでの

新公演の発表がありました。


喜ばしいことです。

長年、新公演を待たされていたNMBのチームN。

SKEにおいても、

チームS、KⅡ、Eと

初めてのオリジナルユニットを待ち望んでいる

メンバーもたくさんいるでしょう。


まま、私は発表された日程通りに

新公演が開催されるなどと1ミリも思っていないですが。


各チームの日程を発表したのは

秋元康さんが自分に締め切りを作るためでしょう。

一回、発表してしまえばやるしかなくなります。

締め切りを作ることで、

自分への逃げ道をなくす。

普通は、そうです。



ただ、今まで「延期」という手段を何度も使った以上、

今回も延期するでしょう。


締め切りに間に合わせるため、

しょぼい曲でも無理やり書き上げる。

秋元康さんは

良くも悪くもそんな人ではないようですから。


チームNだけは発表通りの日程で

やってくれると思ってます。

願っています。

(やらなかったら、さや姉はキレるべき)


チームNの次がSKEチームSの新公演で

2013年12月1日を予定しています。

ふむ。



チームSで「RESET公演」を始めたけれど

もう次の公演になってしまう?

チームSの公演はそんなに見ることができない?


逆に安心してください。

チームSのオリジナル公演が

今年の12月に始まることはないでしょう。



本当に12月1日に始まったら

48グループはじまって以来のサプライズです。


期待せずに待ちましょう。












さてさて、AKB48の夏のドームコンサート。

大いに盛り上がったかと思います。

ただ、ネット上の話と参加した人の感想、

そして、自分の感じたことって

けっこう違うものです。

その辺も踏まえて東京ドームでの感想。


ちなみに、

以下の文章は賛否両論かと思います。




さて、結論を言えば

「もう、48の全グループを含めた

 コンサートはやらないほうが良い」

です。




総花的過ぎて、

会場みんなが盛り上がるのが難しい。

AKB48のファン。

SKE48のファン。

NMB48、HKT48のファン。



入り乱れ過ぎです。


もちろん、広く48グループのファンとして

コンサートを楽しむ人もいますが

メンバー、楽曲全てを網羅するのは難しいです。

盛り上がることに関して、です。



古いAKBの歌でも、

最近のAKBの歌でも

姉妹グループでも、

研究生の歌まで

フォローするのは厳しいっす。



「48全グループの濃いファン」じゃないと

 全てに付いていくのは難しい。





たしかに、AKBのメジャーシングルが

一番盛り上がっていました。

やっぱり会場が一番盛り上がっていたのは

「ヘビーローテーション」でした。


ただ、AKBの普通の曲よりは

SKE、NMB、HKTのほうが

盛り上がっていたように感じました。

出番が少ないからこそ

という面もあるでしょうけど。











最終日はともちんの卒業コンサート。

観客がサイリウムで作り上げる

感動的な「TOMO」の人文字でしたよ。

考えた人は凄いです。

綺麗ごとを言えば、

協力したファンが素晴らしい、ってとこでしょうが

あれは考えて実行するにはハードル高すぎです。



そりゃ、やれと言われたら

渡されたサイリウムを掲げますよ。

それ以外のサイリウムを

消せと言われたら消しますよ。


ただ、

大勢の客を

運営じゃなくて、

有志のファンが動かすのは

超超ハードルが高い。


AKBに限らず、

私自身が見てきた

コンサートやイベントのなかで、

断トツに一番凄いファンの頑張りでした。

企画して実行した人には凄いの一言です。








そんなともちん卒業コンサートも

会場が一体になったのって、

本当に最後のとこだけだったんですよね。


曲が多すぎて、

最後のともちんメドレーの時間では

客が疲れていたというのもあります。

ともちんのメドレーでは毎回、

曲の合間に衣装替えの時間がありましたが、

スタンド席の人は毎回みんな座ってました。





「ともちんの卒業コンサートには死んでも行く!」


そんな人も「たくさん」いたでしょうけれど、



「AKBのコンサートに行ってみたい」

「SKEの活躍を見たい」

「NMBを見たい、さや姉みたい」

「HKTこそが最高ダゼ!」

「AKB研究生が最強だ~」


そんなファンが入り混じってのコンサートでした。




ちょっと、

ともちんが可哀そうでした。

板野友美。

AKB48の一期生です。

完全なるオリジナルメンバーです。

AKB48が人気のないころから

頑張ってきたメンバーです。

AKB48が世間一般に売れたのは

ともちんとマリコのおかげという声も多い。


20代~60代の男性から絶大な支持を得たマリコ。

小学生や中学生の女の子たちから支持を得たともちん。


どちらも、AKB48に、

48グループに

尽くした功績は最大級に大きい。

ともちんは東京ドームで

卒業コンサートをするのに相応しい人間です。


今回の東京ドームコンサートでは

ともちんファンはそこまで多くなかった気がします。


こうすれば

ともちんファンが多くなったんじゃないのか。

「最終日はAKB48メンバーのみで、

 AKB48正規生を中心に板野友美の卒業コンサートをします」


そしたら、

ともちんの卒業コンサートは

もっと盛り上がったんじゃないかなあ。


ぶっちゃけ、最初のアンコールで

「ともちん」コールはそこまで盛り上がらなかったんですよ。

最後は会場一体となったともちんコールでしたけど。







これ、SKEファンとして

自分の身に置き換えてみれば簡単です。

来年の冬にはSKE単独で

名古屋ドームコンサートが開催されます。

超嬉しいことです。

ただ、例えば再来年の夏に

玲奈の卒業コンサートが名古屋であったら?

(例えばです。例えばですよ、例えば)


そのコンサートにAKB、NMB、HKT、JKT、SNH、

その他にも新しい48グループまで参加するのだったら?


微妙っす。


もちろん、玲奈の卒業コンサートに

AKBの古いメンバーが来てくれたら嬉しいですよ。

優子やたかみなが玲奈の卒業を祝ってくれたら嬉しい。

指原さんは玲奈に関しては

AKB選抜に混ざれるように、

ぼっちの玲奈を助けれくれました。

玲奈の卒業コンサートに関しては

指原さんに心から感謝しますよ。

さっしーと会場で叫んでやりますよ。

もう、勢いあまって

りのちゃんとか、叫びますよ。



でも、その場でAKBの研究生だったり、

NMBの若手、HKTの若手、

JKTやSNHなども登場。

その時に出来る

新しい48グループの新曲も披露、

とかされても、ねえ。



ほかならぬ、松井玲奈の卒業コンサートなら、

「一日中、全て玲奈のためのセットリストで」

そうファンは思うのですよ。


去年のあっちゃんこと前田敦子さんの

東京ドームでの卒業コンサートは

かなり、あっちゃん色が出てました。


AKBの絶対センター、

あっちゃんだから許されること?


いやあ、ともちんにも許されることだと

思うんですけどね。


いや、たしかにコンサートで

ともちんに使う時間は長かったか。

(セットリストや演出の問題もあったのかなあ)




いやいや。

ともかく、

AKB48のコンサートでは

姉妹グループの参加メンバーは

もっと絞るべきだと思います。

というか、絞るべきだったと思います。

ともちんの出番が多く、

関連するメンバーの出番も多くしたほうが

盛り上がったんじゃないでしょうか。

(それを事前に告知し、

 参加するファンの質を変えることも含めて)








そして、
 

姉妹グループの選抜以外のメンバー、

AKBの研究生などの

参加メンバーも絞るべきだったと思います。




若いメンバーにも経験を積ませたい?


経験値の浅いメンバーを

簡単に東京ドームのステージに上げる。

教育上、良くないと思うんだけれど。

運営が「逸材」と思った人間を

前に出すのは否定しません。

「売れる」と思った新商品を前に出すのは

通常の企業の発想です。

ただ、十把一絡げに

東京ドームのステージに上げるのはどうでしょう。



それこそ、

ともちんやマリコ、オカロが築き上げたものを

運営は軽視していないのだろうか。


コンサート後の映像やブログなどで

ベテランメンバーが良く言っています。



「こんなに簡単に大舞台に立てると思わないで欲しい。

 もっと大舞台の重要性を知って欲しい」



それを若い女の子が理解するのは無理です。


だって、簡単に大舞台に立ててしまっているのだから。



観客が7人しかいない、

グループ自体が潰れそう、

AKB48は上手くいくわけない。


そんな中で頑張った人たちと、

劇場公演が常に満席、

ドームコンサートでも大歓声を浴びられる

若い女の子たちが

たかみなたちと同じ気持ちが共有できるわけがない。







今の48グループのほうが

昔よりも入ることは難しいでしょう。

可愛いだけじゃなく、特技も持った

多才な子がメンバーに入っているでしょう。

48グループの人気が出てきたことで

応募者も増え続けているはずです。


能力もあり、しっかりした新人。

でも、10代の女の子ですよ。


人格形成が真っ最中の人間です。

絶対に図に乗りますって。

自分だったら、100%図にのっている。

というか、人類が70億人いたら70億人が図にのります。








うむ。

話が散乱しました。

この辺の話はまた、

折に触れて書きます。











AKBのドームコンサート。

みんなお疲れ様ですよ。

メンバーも、ファンも、運営も。



ちなみに、自分の感想と、

ネット上での感想も斟酌して

ドームコンサートのMVPを決めます。

これは簡単に決まりました。

AKB48、2013年のドームツアー。


MVPは渡辺麻友です。


まゆ選手です。

断トツ、です。

気合いが違っていました。

まゆゆはAKB48を

引っ張っていく気マンマンでした。

真剣な表情も、

曲中の悪ふざけも含めて、

断トツでした。




48グループは全国のドームで

ツアーをするほど大きなグループになりました。

ここまできたら、簡単には潰れません。

これより大きくなることは難しいです。

SKEやNMB、HKTは

まだこれから大きくなるかもしれません。

でも、超選抜が辞めていった

「AKB48」は緩やかな衰退をしていく可能性が大きい。


いや。


そこにはまゆゆがいました。

「AKB48はここにある」

強い意志を感じました。

一人で背負っていく気がマンマンでした。

うむ。

AKB48のエースは伊達じゃない。












2013年8月27日

2013年5月14日 (火)

組閣に意味はあるけど、運営も謝罪してね

桜が散って、

時には暑すぎるほどに

気温が高まるこの時期。

5月と言えば、

学生や社会人など新しい人生の時期です。

誰もが忙しいタイミングで、

AKBグループでは総選挙が開催されます。



もはや風物詩ですね。


っと、その前に。

組閣の話をしましょう。


そこに触れないと、

純粋にSKE応援演説を始められないですからね。


去年より、この時期の仕事が忙しくてシンドイ、けども。






さてさて。

2013年4月13日。

SKE48春コン2013にて、

SKE初めての組閣が発表されました。


賛否両論、


あると思います。


頂いたコメントも多様なものです。

まとめサイト上でも、いろんな意見がありました。

100人中、100人が賛同する話なんて

世の中にそうはない。




その上で、私の意見を書いてみます。


大きな柱として三つ。



①今のSKE48にとって組閣はプラス要素が大きい

・人材交流で組織が活性化

・努力してきた人間にチャンスの順番が訪れる



②キタリエ(ゆいはん)、ちゅりには運営は謝れ

・兼任は相当な覚悟、準備、努力で臨んだ

・裏事情を見せるのがAKBグループ。運営の謝罪も見せろよ



③珠理奈(みるきー)の兼任、解いてくれませんかね

・倒れます

・AKB劇場には出ていない? でも、倒れます








ではでは。



①今のSKE48にとって組閣はプラス要素が大きい

・人材交流で組織が活性化


これは単純に組織論の話です。

SKEファンには社会人も多いから

わかってくれるかと思います。

ライブに参加しても、握手会に参加しても、

このブログにコメントしてもらう人でも、

私自身でもそうですが。



部署移動、グループ内での会社異動って

けっこうプラスになるものです


48グループで言えば、

SKEとAKBメンバーが交流することで、

互いのチームが行っていることを理解したり、

学んだりできる。



「AKBではこんな風にやっている」

「SKEはここまでダンスを追及している」

「NMBは常に笑いを意識している」


これはちょっと形式的な例ですが、

実際に自分が違う組織に異動すれば学ぶことは多いです。

自分が旧母体で学んだことを伝えることも出来ます。



日本中、世界中の組織が

「人材交流」という名の「組閣」をしています。


キタリエがSKEから学んだこと、

SKEメンバーがキタリエから学んだこと、

世の中のサラリーマンたちと同様に

意義のあることだと思います。






・努力してきた人間にチャンスの順番が訪れる

48グループにとってはこれが一番大きいかと思います。

現状では、各チームで新しい公演が行われることはありません。

常に同じ公演、同じユニットでの立ち位置です。

例えば、あるメンバーが割り当てられた公演の

3人組のユニットでサイドの位置だったとします。


はい。

いつまでも、センターにはなれません。



でも、組閣すれば

新しいチーム編成になれば。

「今までの」努力が生きて、

新しい日の目を浴びる可能性があります。


環境が変わることで、

注目されるメンバーも出てくるでしょう。






もちろん、現状のSKEメンバーにとって

組閣が喜ばしいことだらけじゃない。

チームEメンバーにとっては

自分たちのオリジナル公演が無かったことは悲しいでしょう。

だーすーも、チームSでのオリジナルユニットが

貰えないことは悲しいことでしょう。



でも、世の中って、タイミングが全てです。


例えば、世間の景気が悪ければ

就職活動は大変です。

でも、バブル期や

リーマンショック前の好景気の時期なんて

就活がラクだった時期もあります。

アベノミクスで、これからは景気が上向くかもしれません。

時代の流れ、タイミングで状況は大きく変わります。

個人の能力の話じゃないです。




AKBグループでも、

自分が入った期によっては

ラッキーだった時もあれば、

不運だった時もある。


今は秋元康さんが能力の限界で新公演を作れていない。

どこかで公演の作り方を変えて

新公演が多くできる時がくるかもしれない。

(と、私は願っています)



少なくとも、今回の組閣に関しては

SKE48が終わるわけじゃない。

努力次第で、なんとでもなります。



今までのメンバーの努力で

昨年末には

紅白歌合戦にSKE48が単独で出場したんです。


大丈夫です。

特に、須田亜香里は大丈夫です。








②キタリエ(ゆいはん)、ちゅりには運営は謝れ

・兼任は相当な覚悟、準備、努力で臨んだ

・裏事情を見せるのがAKBグループ。運営の謝罪も見せろよ


とは言っても、

AKB運営(経営陣)が

常に正しいわけではありません。


組閣には意義がある。

若い女の子にはわからない、

人材交流や組織活性化の意義がある。



だとしても。



運営は北原里英さんには謝罪すべきです。


AKBとSKEの兼任は相当な覚悟と努力があったハズ。

AKBでのシングル、公演でのフリ覚え、

さらにSKEシングル、公演のダンスを覚える。

キタリエはテレビでの仕事をするなど忙しい中で、です。


一般の会社で言えば、

「君は来月からタイの子会社に行ってくれたまえ」

「まじかよ! タイ語の勉強とか大変だよ! 英語でさえねえよ!」

そうなって、タイ語を一年間勉強し、

タイで働きだして3か月で

「ああ、やっぱタイはいいや。戻ってきて」

そんな感じですね。


いや、これだと例が悪いかなあ?


少なくとも、運営は失敗を認めるべきでしょう。


何せ、兼任解除の理由が

「忙し過ぎて負担がかかる」

ですから。






だったら、私は大声を上げる。




「珠理奈の兼任も解け」


もしかしたら、

運営は裏でメンバーに

謝罪しているかも知れません。


でも、AKBグループは、組織の裏側も見せる商売です。

運営の謝罪も、ファンに見せたほうが良い。


キタリエの兼任解除で、

ちゅりは本当にキレていました。

「もう……! こいつら何考えてんだよ…!」

そんな顔をしていました。



運営は常に正しいわけでも、

常に間違っているわけでもない。

でも、今回はちゅりは運営にキレて良い。

私は全力で鷹柳を応援します。




きっと、キタリエの兼任解除は

ノットイエット復活か、

事務所仕事が忙しくなったからでしょう。

AKBがどうとか、SKEがどうとかじゃないでしょう。

「大人の都合」でしょう。




AKB武道館で

兼任解除と

新しい兼任メンバーの話をするために

SKEガイシコンでは、

「キタリエがチームSからKⅡ」

という意味のない発表がされたんでしょう。



チームKⅡリーダーとして、

キタリエを受け入れようとしたちゅり。

その小鳥ちゃんの気持ち。

おう。

ここは、ちゅりはキレて良いんだぜ。


もっと運営にキレろ鷹柳。



「それは違うんじゃないですか?」


そうやって下の人間が上に直訴することは

上の人間にプレッシャーを与え、

今後の組織運営に良い効果を与えます。








③珠理奈(みるきー)の兼任、解いてくれませんかね

・倒れます

・AKB劇場には出ていない? でも、倒れます



そう言う事です。


キタリエ、ゆいはんの兼任は

どう見ても激務でした。


でも、そんな激務を

もっと昔からこなしている人がいます。

小学6年生から

超人的な激務をこなしている人がいます。



キタリエ、ゆいはんの兼任を解除する。

だったら、珠理奈の兼任も解除してくれないか。


何とかならないのか。


珠理奈は通常のAKBシングルの選抜に入っています。

大声ダイヤモンド時代からです。

昔から、兼任のような仕事量なんです。



誰よりも激務な若い女の子を

助けてあげようという気持ちは

AKB運営には無いのだろうか。


戸賀崎さん、湯浅さんの二人は何を考えているのだろうか。


何度も倒れ、

実際に入院している

珠理奈を見て、

株式会社AKSの人間は平気なんだろうか。





珠理奈はAKBでの活動が多い。

「珠理奈はAKBに移籍するんだろ」

そんな声もある。


でも、松井珠理奈は多くのメディアで話している。

「SKEが活躍するために」

「AKB『さん』に負けないために」

「SKEがもっとみなさんに知ってもらうために」



常にSKE愛を発する珠理奈のために、

珠理奈をSKE専任に戻してはくれまいか。



NMBみるきーだって、激務で

どう見ても倒れそうです。



自社製品をどうやって効率よく売るかを考えるのが

経営者の立場ですが、

アイドルって生身の人間です。

AKB運営は

ちゅりの気持ちを、

珠理奈の気持ちを考えて欲しい。

本人が腐ったり、倒れたりすれば

それこそ売り上げにマイナスなわけです。

珠理奈やちゅりが気持ちよく輝けば、

ファンもお金を払うし、

運営も嬉しいハズなんです。






まあね。


30代社会人目線から見れば、

今のAKBグループって

たぶん、誰もコントロールできていないんでしょう。


わかりますよ。


急激に組織が拡大し過ぎて、

カリスマのトップも忙し過ぎて

内部でも混乱しているのは。



ただ、少しは冷静になって欲しい。



勇気をもって、

「会社の製品」である

メンバーを大事にして欲しい。


組閣に関しては

メンバーにしっかりと理由を伝えて欲しい。

キタリエとゆいはんにはちゃんと

失敗した部分も伝えてあげて欲しい。



ちゅりには、土下座せよ。


そして、珠理奈を

もう少し楽にして

いただけませんかね。






2013年5月14日

2013年4月 6日 (土)

だーすー、鉄平、聖羅を支持する

遅報です、が。

ちょっと仕事で疲れていたところに、

SKEメンバーに勇気づけられたんで

書いていきます。




「関ジャニの仕分け∞」
という地上波の番組で

柔軟女王No1決定戦という企画がありました。

金メダリスト荒川静香など

多くの超一流のアスリートの間に

混じって登場するのは

SKE48から須田亜香里。


リンボーダンス対決です。



最終的にはシンクロでの銀メダリストと

35cmでのリンボーダンス対決。



結果、見事に

だーすーが優勝です。




凄いどころじゃないです。

感服です。


ありとあらゆる意味で

だーすーは素晴らしい。


オリンピックのメダリストに

柔軟性と筋力で勝つ力。

純粋に、凄い。





だーすーが優勝したことで、

48グループに興味が無い一般の層に、

「AKB48」ではなく

「SKE48」の地名度が広がりました。



テレビ朝日からは、

高視聴率の御礼として

だーすーに豪華な花が届いたようです。




番組では、だーすーが登場するシーンで

紅白での画像が長い時間、流れました。

だーすーが優勝したからです。

一回戦負けであれば

だーすーの紹介時間も短かったでしょう。



優勝後のコメントも

「AKBを超えられるようなSKEになるために

 筋力で引っ張る」

というものでした。



須田亜香里がピンで地上波の番組に出て、

SKEを引っ張っていくというコメントを残す。


感無量ですね。


この子は強い、強過ぎる。

見習わなくちゃいけないなあ。











さて。

SKEファン待望のローカル番組、

「SKE48の世界征服女子2」が始まりました。



中京テレビの運営は、

最高の奴らで結成されているようです。


番組はSKE愛に溢れていますよ。

初回はメンバー全員がこの半年間を

5大ニュース形式で振り返ります。

ダラダラとね。


でも、

司会の鉄平はSKEメンバーの知識も

愛も溢れている人間

このダラダラが最高ですよ。


鉄平はメンバーの扱い方も上手い。

玲奈や真木子の微妙な話も見事にまとめ、

花音の微妙なネタでも笑いに昇華。

さすが鉄平だゼ。





5大ニュースの第2位は

SKEの1stアルバムがギネスブックに認定されたこと。

そこでアルバム紹介での画像では

珠理奈と、小木曽と、くーみんの1人MVを流します。

中京テレビのスタッフは

本当にSKE48を好きなんだなあ。

ありがとうよ。









そして、SKEのチームKⅡ

佐藤聖羅の話をしましょう。



現時点でAKB第5回選抜総選挙の立候補が

締め切られたわけではないですが、

聖羅は「出馬しない」と名言しました。



私は聖羅の判断を支持します。


まだ失うものもない研究生や、

チームとして初めて勢いの出てきたチームEのメンバーと

聖羅の置かれる状況は異なります。


当選しそうにないから、立候補しない。

そんな判断ならば疑問もありますが、

聖羅は良い判断をしたと思います。



聖羅はSKE48の一期生であり、

すでに4回も総選挙を経験しています。



このままいつものように第5回総選挙に臨んでも

今までと変わらない結果の可能性が高いです。


聖羅が今後に活躍するためには、

「何かを変える」必要があるでしょう。




そして、聖羅はブログで

選挙に立候補しない理由をこう書きました。



今までの総選挙にて聖羅に票を入れて下さった方の中で
まだ直接あった事がない方、たくさんいらっしゃいます。

今年は会いに来てほしいです!!

聖羅を応援して下さっている分だけ握手会に来て頂きたい!

そして直接応援の言葉を頂きたい。

それが今年の決意です。




本当に素晴らしいですよ。

いろんな意味にとることもできます。

総選挙では圏外メンバーでも運営に聞けば

本人には票数が知らされると聞きます。


私は、聖羅は来年に懸けた、のだと思います。


「総選挙に立候補しない」

簡単にできる決断じゃないです。

場合によっては、SKEメンバーで立候補しないのは

聖羅だけかもしれません。

(卒業予定者のぞく)



出馬辞退には半端ない度胸が必要です。


それでも、

SKEとしての活動が5年目を経とうとしている聖羅から

何かを変えようとする強い意志が見て取れます。


卒業を考えている、ランクインの自信が無い

などのネガティブな発想も考えられますが、

それなら無難に立候補したほうがラクだと思います。


佐藤聖羅は変わろうとしているんじゃないかなあ。






今年の決断は、来年に活きると思います。

聖羅の判断、全力支持します。





とは言っても、他のメンバーは基本的には

立候補したほうが良いと思います。

特に、SKE5~6期のメンバーたち。

ランクインの可能性など考えずに、

単純に雑誌の一コマに入るために立候補したほうが良いかな。と。

48グループという組織に入っての最初の挨拶みたいなものです。

(5期は何人かランクインの可能性がありますが)




この辺は、SKEのマネージャー、新支配人芝さんが

ちゃんと若いメンバーに話をしているのかどうか。


立候補の判断について、秋元康さんは

「絶対にメンバーの自主性にまかせろ」

とか言っていそうですが、

SKE運営もちゃんと、

自主的な判断で

若いメンバーに伝えるべきことは伝えといてくださいよ。







2013年4月6日

2013年3月21日 (木)

SKE春コン①セトリ希望「仲間の歌だけは3回披露して欲しい」

きょうは3月21日。

この数日で、東京では桜があっという間に咲きました。

日本で桜と言えば

卒業式や入学式など

区切りの季節です。



そして、今月に卒業を発表した

秦佐和子の

劇場最終公演が

3月29日になったと発表されました。


しゃわこは4月13~14日のSKEガイシコンには

参加しないそうです。


急すぎる、なあ。


突然卒業を発表して、

ガイシコンにも参加しないで。

この春に卒業するSKEメンバーの歌、

「それを青春と呼ぶ日」

にも参加しないで。




可愛くて、

バラエティー無双で

最強に強烈なキャラで

SKE48メンバーとして活動したしゃわこ。



声優を目指すその強い意志。

とても綺麗な卒業への意思、

ファンへの姿勢。


でも、

ファンから見れば、

寂し過ぎるぞバカヤロー!








さてさて。

SKE春コン2013

「変わらないこと。ずっと仲間なこと」

4月13~14日に開催です。

大筋のセットリストは決まっているでしょう。

というか、誰が考えても

今回はやるしかない!

という曲がたくさんありますからね。


SKEの運営にはいろいろ文句もあります。

ただ、セットリストに関しては

毎回スペシャルに素晴らしいモノを

提供して頂いております。


ありがとうございます。


そして。



拝啓、

運営様。

今回のSKEガイシコン2013で

「仲間の歌」だけは、

土曜日公演、日曜の昼公演、

日曜の夜公演と

3回全てで

披露していただけないでしょうか。





土曜日曜で三回公演。

同じ曲を三公演連続、

ってわけにはいかないですよね。


とは言え、

メジャーなシングル曲は3回披露するでしょう。

「青空片想い」

「アイシテラブル!」

「1,2,3,4ヨロシク!」

あたりは3公演連続で披露するかもしれません。




でも「仲間の歌」は

日曜の夜だけ、にする可能性があります。

「それを青春と呼ぶ日」も

日曜の夜公演だけでしょうか。



わかります。



土曜日公演は人気のある曲、ユニット曲。

日曜昼は斬新なシャッフルユニット。

日曜夜は卒業を意識した曲。


二日間の流れを考えれば

そんなセットリストを組むでしょう。




でも、

土曜日だけ参加するファンがいる。

日曜の昼だけ参加するファンがいます。



SKEが大好きで、

東海圏よりも遠いところから、

集まるファンたちです。


必至にアルバイトで稼いで

SKEガイシコンを楽しみにしている学生。

忙しい合間をぬって

無理やりにでも参加する社会人。

ええ。

私だ。



二日間、全てで

「それを青春と呼ぶ日」を

やってくれとは言わない。




でも、せめて「仲間の歌」だけは、

二日間全ての公演でやってはくれまいか。



にししの先導で、

会場が一体となって歌う、最高の歌。


これだけは、

土曜だけ参加のファンにも、

日曜昼だけ参加のファンにも、

楽しませてくれないか。





他の曲については

個人的な趣味主観で

まとまらないだろうけれども

「仲間の歌」だけは…。




運営の皆様。

セットリストを考えているであろう人たち。

卒業メンバーを送る立場の

中西優香さん。


ガイシコンの公演全てで、

「仲間の歌」

伏してお願いしますです。











2013年3月21日

2013年2月12日 (火)

相川七瀬とSKE「水魚の交わり」avexさん、ライブお願い

avexの社員に告ぐ。



SKE48と相川七瀬のコラボライブを

大至急お願いします。


土日じゃなくていい。

小さな会場でも良いです。

どうせチケットなんか当たらなくても良い。


ただ、ライブDVDさえ出してくれれば良い。



相川七瀬が所属するのはavexグループです。

当然にSKE48もavexグループ。


SKEがAKBと合同コンサートをするのと同じように、

相川七瀬とSKEが合同コンサートができます。





そう。



2月9日の「MUSIC FAIR」


相川七瀬とSKE48のコラボ。

歌うは相川七瀬の名曲「BREAK OUT!」


最高。


SKEと相川七瀬の相性は抜群。


劉備玄徳と諸葛亮孔明の「水魚の交わり」を彷彿とさせる。


相川七瀬と言えば、激しい、アグレッシブなイメージ。

可愛らしい女の子ではなく、尖って勝負する。

SKEの楽曲だと「片想いFinally」のイメージです。

特に珠理奈と相川七瀬の曲は相性バッチリ。


avex主導でコラボライブなど

現実的に可能な組み合わせです




SKEで最も相川七瀬が似合うメンバーはすでに卒業したけど、

彼女は少しずつ前を向いて頑張っています。

小野晴香に関しては、いつか別途記事を書く。

はーちゃんのライブいきたいなあ。






いやいや、

2月9日の「MUSIC FAIR」は最高でした。


中央に立つ相川七瀬の違和感の無さ。

珠理奈の歌声の違和感の無さ。

玲奈と珠理奈の二人のシーンは珠玉。


何故か、ちゅりが似合っていて爆笑しました。

やっぱりちゅりは最高だ。


ゆりあも凄い良いイメージ。

ちょいちょい映るくーみんの表情が完璧すぎる。

真那も後半に気合の入った良い表情でした。

みきてぃーも似合いそうだなあ。






そして、現実でSKEと相川七瀬のライブを見たい。


相川七瀬の伝説的な名曲をコラボで歌っていく

超最高のライブになるでしょう。


例えば。



「夢見る少女じゃいられない」

松井珠理奈が歌う。

コラボライブならば、この神曲は珠理奈が歌うしかない。

多分、相川七瀬を知らないSKEファンが

この歌を珠理奈が歌ったら失神するハズ。

珠理奈のイメージとピッタリ。

一番の終わりの会場の盛り上がりが想定できる。

「夢見る少女じゃいられない! ハイ!」

最高です。




「Sweet Emotion」

松井玲奈が歌う。

シングル曲だったら、これが一番玲奈っぽいかな。

自信は全くないですが。

ただ、会場は盛り上がりますぜ。




「恋心」

古川愛李が歌う。

この曲は、あいりんにしか任せられない。

出だしの優しい部分から、サビの激しい部分。

ここは生演奏であいりんで。

恋心を相川七瀬とあいりんが歌う現場にいられたら死ねるなー。

ふむ…。

avex様!

この一曲だけても…っ!




「LIKE A HARD RAIN」

斉藤真木子が歌う。

数分考えてみたら、

真木子の名前が浮かんできました。

真木子は相川七瀬のイメージがある


流石に茉夏や花音や阿弥ちゃんは

キャラが遠すぎるし。




「彼女と私の事情」

中西優香が歌う。

ここは、にししかな。

にししが歌いながら

他のメンバーが周囲を騒がしくする感じ。

一人ずつにししに近寄って盛り上げるとか。




「トラブルメイカー」

高柳明音が歌う。

100%会場が大爆発。

もう、曲を知らない人でも曲名だけで盛り上がれるだろう。

曲調も「クロス」に近い、激しいカッコヨイ系だし。

「いつも時限爆弾、抱えてるみたいだよ」

ちゅりは相川七瀬がどハマりするかもしれない。

これは絶対にウケると思うなあ。









さて。

SKE48メンバーと相川七瀬のコラボライブがあったら?



よし、死ねる。


平日の、小さな会場でのコンサートで

料金は3万円でも良い。


俺は払う。



そして、30代のSKEファンだって

絶対に金を払いますよ。



SKEファンには学生以外のファンも多いでしょう。

相川七瀬とSKEのコラボなんて

いけすに餌を投げ入れるようなもの。



中学生や高校生のSKEファンは知るまい。

相川七瀬って、15~20年ぐらい前に

めっちゃ人気あったんだぜ?


今の相川七瀬を見ても

「ああ、良い年の取り方をしているな。相変わらず綺麗だな」

それが、感想さ。


そう。


私は中学や高校の時に相川七瀬ファンでした。

相川七瀬とSKEのコラボ?

これより俺得な組み合わせもナシ。





AKSの社員もavex社員も積極的に攻めて欲しいものです。

秋元康さんに散々責められていることが

最近赤裸々になったわけですし。


「予定調和をやめろ」

「ルーチンワークをやめろ」


秋元康さんが言っていました。


そうです。




SKE48も現状から、

「BREAK OUT!」


まさに歌詞の通りです。



「もっと本気出せるよ」



「けっこう居心地よくても 波風たてようよ」


いろいろ騒がしいことから、



「BREAK OUT!」














2013年2月12日

2013年2月 6日 (水)

峯岸問題・人類は「軽い話題」が好き・そして我が軍へ

(前置きが異常に長いのをご容赦ください)


峯岸みなみさんが、週刊文春に

「お泊まり愛」のスキャンダルを報じられ、

その後、ユーチューブのAKB公式チャンネルにて

本人が坊主姿で謝罪しました。




「峯岸坊主謝罪問題」

AKBグループのファンだけの騒ぎに収まらず

日本中のメディアや知識人が、世界中のメディアも報じました。


英BBCや米CNNが報道したのを見た時には

世界の平和を実感したものです。





情報が出た時に書きそびれました。

せっかく頂いたご要望ですし、

世間の流れに便乗して、私も感想を書きます。



なお、指原さん事件の時にも書きましたが

(過去記事・指原さんの騒動に関する私見

殺人などの凶悪犯罪を犯したわけでもない若い女の子に対して

批判一辺倒になるべきではない、

というスタンスは一応、守りたいと思います。








この「峯岸坊主謝罪問題」


一言でまとめるならば、

人類は「軽い話題」が大好きですよね、ってとこです。





さて、感想を箇条書きにしてから、話を進めます。



①坊主で騒ぎすぎ

②芸能人たち騒ぎすぎ、世界のメディアもノリ過ぎ

③指原事件を振り返れば、ファンは減らない

④ルール違反を美談にしすぎ

⑤運営を批判し過ぎ

⑥SKE48の話





本当に、「みんな騒ぎすぎ」です。


順番に行きます。






①みんな坊主ごときで騒ぎすぎ


タイミングが悪かったのもありますが

体罰問題と絡めて批判する知識人たちが多い。



いやいや、峯岸さんは学生じゃないし、

芸能人ですよ?


女の子の坊主は厳罰?

女性の芸能人で映画のために坊主になる人間もいる。


それだけじゃない。


女子プロレスラーで坊主だってたくさんいるぜ?

女子プロレスの髪切りデスマッチは体罰なのか?


原宿にはファッションで坊主にする女の子だっている。

「女の子の坊主」を批判する人は

女子プロレスラーと、ファッションで坊主にする女性、

世界各地にいる坊主の女性全員に声を上げてください。


「女の子の坊主」

に対して、異常だと指摘する人たちには

「江戸時代か!?」

という突っ込みだけで良いと思います。







②芸能人たち騒ぎすぎ、世界のメディアもノリ過ぎ


もうね、AKBグループのファンにとっては大事件ですが、

関係ない多くの芸能人、知識人が発言し過ぎですよ。


なんでこんなことになるのか?



「女性芸能人がスキャンダルで坊主謝罪」

という話の流れが「軽い」からです。


何と比べて軽いのか。


北朝鮮の拉致問題、北方領土問題、

在日、障害者、高齢化で増大する社会保障費、

終末医療、竹島、尖閣諸島、宗教、貧困…。

そんな難しい、ハッキリと言いにくい問題と比較して

女性アイドルのスキャンダルネタは話題にしやすいんです。


会社に勤めている人はわかるかも知れません。

どうやって収益を上げるか、費用削減を具体的にどうするか、

そんな本格的な議論よりも、

「さあみんな。『赤』と『白』の新商品って、見た目はどっちが格好良い?」

そんな単純な議論のほうが盛り上がるんですよね。





世間一般で、生活や生死に関わらない、

大したことじゃないから

ネット上でも話が盛り上がるんですよね。



世界中のメディアも同じことです。

くだらない話だから騒いでいるんです。



さらに、日本人っぽい、という固定観念で楽しんでるんですよ。

「オー! ジャパニーズハラキリ! クレイジー!」

そんなノリです。




逆に考えれば、すぐにわかります。



アメリカ人、中国人、イタリア人、イラン人、アフリカ人。


恐らくは、日本人も強烈な固定観念を持っています。

実際には各国でも都会と田舎があり、

明るい人と暗い人がいて、

幸せな部分と不幸な部分があります。

でも、住んでいる場所も言語も違ければ常識も違う。


さて、外国人の視点では?


日本人と言えば、武士道、腹切りですよ。


日本の若いアイドルがスキャンダルで坊主で謝罪だってよ。

こりゃ、面白い。取り上げようぜ?


こうやって、固定観念が作られていくだけです。




さてさて、一般論が長過ぎました。

ではでは、48グループファンとしての、感想ですかね。






③指原事件を振り返れば、ファンは減らない


本編への前置きが長すぎますが、さらに前提を二つ。

指原さん事件のときは、余りの世間のバッシングで

指原さんは自殺してしまうんじゃないかと

少しだけ思いました。

そして、指原さんの人気は急激に落ちていくのだと思いました。



もちろん、杞憂でしたね。


指原さんはHKTで活躍の場を広げ、

メディア露出はむしろ増えた。



AKBリクアワ2013の結果を見ても、

指原さんのファンの数は減っていなそうです。


むしろ、騒動を耐えた指原さんを見て

ファンが増えたんじゃないかと思うぐらい。





もちろん、指原さんのアンチは増えたと思いますよ。

(私もアンチ寄りです)



でも、芸能人にとって必要なのは

無視させないことです。

アンチも含めて、何かしら意見を言わせること、です。


その意味では指原さんの文春事件はプラスになりました。

指原事件は指原さんのアンチを激増させました。


ネット上でも未だに汚い言葉が溢れています。

ぶっちゃけ、私はAKB48のライブDVDで

指原さんの出番を飛ばしがちです。


でも、指原さんをそんなに好きじゃない人が

嫌いになったところで、ファンの数が減るわけじゃない。





今回の峯岸さん事件での元からのファンの対応。

「AKBに残りたい! 坊主にする!」

「みぃちゃんのその心意気! 次の選挙だって応援する!」



ファンにとってはそんな流れでしょう。


もちろん、その人のタイプにもよります。

私は今でも大島優子のファンですが、

優子が合コンにいったぐらいでは嫌いになりません。

「優子ならそれも良くね」

そんな感じです。




清純派で売らない限りは

ファンが激減するとも思いません。

指原さんの件を踏まえる限り、

峯岸さんのファンも減らなそうです。



当たり前ですが、

峯岸さんは法律違反をしたわけではないからです。


麻薬、窃盗、殺人。


そんな話とは別ですから。

それを踏まえて次に行きます。








④ルール違反を美談にしすぎ


ここまで長文を書いて、やっと本編です。



AKBには恋愛禁止のルールがあります。



峯岸さんは明らかにルール違反です。


なにせ報道に関する否定もゼロです。


さて、48グループのファンで溢れている批判。

メンバーによって対応が違うじゃねえか。

人気メンバーはOK、干されはアウトかよ。

峯岸は一期生だから特別扱いか。



当たり前ですね。

AKBグループはボランティアでもないし、

公務員でもない。

売れる商品に力を入れて、売れない商品に厳しくするのは

世界中の会社が行っていることです。

「不公平」という言葉に対しては

「当たり前」という言葉で返したい。



ただし。


ちょっと話が美談になり過ぎだな、と思います。



たまには厳しいことを書きます。


AKBでは恋愛禁止。

それを理解したうえで、男と付き合い、宿泊した。

それも、人気の無かった昔じゃない。

ありとあらゆるテレビに出て、

テレビに出過ぎと批判されるほどの、今。

ばれないように細心の注意を払うべきなのに

オカレモンのTシャツを着て、男の家を出る始末。

週刊誌にバレされた瞬間に、丸坊主。



「恋愛禁止。ただし、バレなければOK」

「バレました。坊主で謝罪するからAKBに残る」



本当に、峯岸さんは大人です。


しっかりと、大人社会のルールを守っているし、

大人社会でのけじめのつけ方をしています。

恋愛禁止に文句があればAKBを辞めれば良い。

恋愛を優先したいならばAKBを辞めれば良い。

AKBは特殊な職場であって、

中学校や高校や大学ではない。

峰岸さんは全て踏まえて、

AKBに残るという大人の選択をしました。



だから、私も峯岸さんを大人だと思って批判できます。




なぜ、指原さんや峯岸さんがスキャンダルでファンが激減しないのか?

それまでに培ったファンがいるからです。


例えば、峯岸さんが一期生のときから

彼氏がいると公言したとします。

そんなアイドルにファンがたくさん付いただろうか?

全てのファンがアイドル本人と

付き合えると思って応援しているわけじゃない。

でも、AKBという夢を応援するスタイルだけでなく、

単純にアイドルという観点でも、普通の芸能人としても、

ミュージシャンでも、手品師でも、

彼氏がいないほうが売れるに決まっている。


「AKBグループは恋愛禁止」


そんな幻想を楽しんでいるファンはたくさんいる。

人気の無い時はバレないのは当たり前としても、

多くのAKBグループのメンバーが

騒ぎにならないように掟を守ったから

今のAKBグループの繁栄があります。



そして、メンバーには本気でルールを

守っている人もたくさんいる。


AKB最強のアイドル、渡辺麻友が何を思っているか。

過去の話で、一度AKBを辞めてから、

オーディションからやり直した菊地あやかは何を思っているか。


綺麗ごとだけじゃない。

男と現在も付き合っているのに、今も必死に隠している

AKBのメンバーだってブチ切れているでしょう。



「バレてんじゃねーよ、坊主もねーよ」


そんなところでしょう。





そして、峯岸さんのファン以外の、

多くの48グループファンは

こう思っているんじゃないでしょうか。



「反省まったくないだろ、こいつ」


ええ。

何度も、丁寧に確認しますが、

峯岸さんは、法律違反を犯したわけじゃない。

だからこそ

肩の力を抜いて

峯岸さんを批判しましょう。



「もうダメだわ、コイツ!」



⑤運営を批判し過ぎ

さて、珍しく運営を擁護します。

峯岸さんの丸坊主謝罪。

世間一般で叩かれた動画。



「公式で発信するのがアウト」


そんな批判で満ち溢れています。

でも、運営の大失態だとは思いません。




私の予想では

峯岸「スイマセン…」

運営「どうする。AKBを卒業するか」

峯岸「いやです。何でもします。残らせてください」

運営「そう言っても、簡単には残せないぞ」

峯岸「じゃあ、これでどうですか…!」

(ハサミで髪の毛を切りじゃくる)

峯岸「坊主に…、坊主になります…!」

運営「そこまで…っ! 熱い!

    なら、その姿勢をファンのみんなに見せるか!?」

峯岸「私…、やります! 謝罪します!」

そんな感じだったんじゃないですかね。





運営が坊主を強制したとしても、

ブラック企業でも、体罰でも何でもない。



女の坊主は大事件じゃないし、

芸能界は特殊な風貌をする仕事です。


今回の運営の対応。

一期生峯岸さんのスキャンダルと、

世間一般の騒動と、ファンの多くの批判。

峰岸さんがAKBのルール違反をしたこと、

峰岸ファンが暴走をすること。

それらを考えた見事な折衷案です。



AKBグループのファンでは無い、

私の多くの友人の反応は

「あの坊主謝罪は笑った」

それが全てです。







⑥SKE48の話

SKE48の大ファンとして、この事件を考えます。

というか、最近はAKBのスキャンダルネタが多いですね。


KKの埼玉でのツイッター騒動、

あきちゃとキタリエの六本木騒動、

ゆきりんの文春ネタ、

止まることを知らない。

(ゆきりんは正直ビックリしました)


一方で、SKEには特に大きなスキャンダルはなし。

もちろん、SKEは東京ではなく名古屋だから、

まだ知名度が無いからスキャンダルにならない、

という側面があるかも知れません。


現在のSKEメンバー全員に彼氏がいない、

とは思いませんよ。


でも、

「48グループは恋愛禁止!」

そんな思いで頑張っているメンバーが

一番多いのがSKE48だと思っています。


スキャンダラスで行こう、なんて時代。

AKB、NMB、HKTのファン。

そんな人たちに対しても、

我が軍を誇って良いと思う。


先頭に立っているW松井。

珠理奈も、玲奈もわかっているでしょう。



「自分がスキャンダルで人気を落とせば、

 後ろにいる60人以上の仲間が職を失う」


恋愛をする暇もないのが今の二人ですけどね。





AKBグループ全体でCDの売り上げが

伸び悩んでいる中で、

SKEの最新シングル「チョコの奴隷」は

まさかの過去最高の勢いです。


AKB48ファンが

SKE48ファンに流れているかも知れません。



松井玲奈は全てわかっているハズです。


今までのひたむきな努力が実を結ぼうとしている。

「努力は必ず報われる」

その言葉が示すのは

「一生懸命、何年間も頑張らないと報われない」です。





今年もキングレコードの収益確保のため、

第5回AKB選抜総選挙があるでしょう。



時は来た。


SKEのオフィシャルヒストリーブックの帯。

「私たちはもう、AKB48のライバルにならなきゃいけない」


そう。

SKE48の時代が目の前にある。

もちろん、全てがSKEの流れでは無い。

ありとあらゆる意味での天才、くーみんは卒業する。

可愛らしいセクシー担当、小木曽も卒業する。

カツオやもきゅなど、9人の卒業は悲し過ぎる。





でも、そんなファンの気持ちも全て玲奈は知っているハズです。

小学六年生から走ってきた、

まだまだ幼い高校一年生の珠理奈もわかるハズです。


今が、SKE48の「大チャンスの順番」だ。


48グループが、アイドルが信じられなくなったら?

みんなみんな、

SKE48の大矢真那にたどり着けば良い。





AKB48のスキャンダル。

全て、肩の力を抜いて、

深呼吸をして、

気楽に見ていきましょう。

そして、ひたすらにSKE48を絶賛していきましょう。











2013年2月6日

2013年2月 4日 (月)

「マジラジ3」と「生歌」と「チョコの奴隷」の雑感

ちょっと細かいネタをまとめます。

マジラジ3の感想と、それに伴う生歌問題。

新曲「チョコの奴隷」の感想など。




まずはマジラジ3の感想から。

日曜深夜、SKE48メンバーが活躍するコメディドラマ。

「SKE48のマジカルラジオ3」

第3話はゆりあがCDレンタルショップの店長に恋するという話。

48グループファンは忘れがちな気がしますが、

ゆりあの演技力は抜群ですよ。

真面目な話、おもしろい話、感情移入。

第3話に関しては、ゆりあの独壇場です。

ええ。

私はゆりあの演技が大好きです。


ちゅりの突っ込みも最高。

しゃわこのキレ芸も久しぶりで面白い。


マジラジ3では定番になっている

ミュージカル風のメンバーの生歌披露。

きょうの一曲目は「待ち伏せ」で石川ひとみ(カバー曲だったんだ)

番組を見た人たちの感想で、

「SKEの生歌ひどくね?」

そんな声がネットで溢れています。



落ち着いてください。


この曲が流行ったのは1981年。

現在のSKEメンバー全て、生まれていません。

多忙なSKEメンバーが

充分な練習を出来たとも思えません。

知らない歌を、練習もしなければ上手く歌えませんよ。


また、

「SKEの生歌は問題ない」

ことは後述します。





恋愛にうつつを抜かすゆりあ。

それに編成部長役の玲奈が投げかける言葉は

「あなただって結果を出さないと降ろさざるをえなくなるわよ。

 今は仕事のことを考えたどうしかしら」


タイムリーでもあり、的確な言葉です。

その後に入れ替わりでスタジオに登場する珠理奈。

収録的に、玲奈と珠理奈のスケジュールが

合わないのかもしれません。

SKEファンとして嬉しい悲鳴ですね。

しかし、珠理奈は可愛くなってきたなあ。






そして、マジラジと言えばアドリブパート。

一発目の小木曽の「好きっす」

どうぞ、小木曽ファンは悶絶してください。

次は花音。

中学生3年生のガチな、綺麗な、純真すぎるラブレター。

死ねます。

明音さんは「ヒロシです…」のトーンで話します。

そして決め台詞。

「いつか私をレンタルしてください」

ちゅりの顔は真っ赤。

もう、最高。

俺たちは明音さんについていきます。





そして、寝ているメンバーたちがいるスタジオに、

白いドレスの玲奈が登場。

歌うは「恋に落ちて-Faii in love-」

小林明子、1985年発売。

生歌が微妙?

だから、練習していない歌で

知らない歌ならこんなもんですよ。

30代前半の自分でさえ

この曲はサビしか知らないですって。


そう。


ここは注目するのは歌じゃねえ。

玲奈の白いドレス姿です。

このブログでも何回も書いていることだけれど、

さらに自信を深めましたよ。

松井玲奈が世界で一番可愛い。





いやあ、マジラジ3は最高です。

ストーリー的に

最後はメンバーのバンド演奏で終わるんでしょう。

くーみんも小木曽もいます。

テレビで二人を見るのは最後かもしれません。

泣くぐらいで済めば良いけど。








話題を変えて、1月30日に発売しました

SKEの11thシングル

「チョコの奴隷」のさらっと感想を。


昨年より新設したSKE48の専用劇場でのダンスを中心としたPV。

メンバーのレッスン風景や、普段の表情。

いつものように明確なストーリーがあるわけじゃないです。

いちおう、主役は玲奈ですね。

入念な準備体操、真剣な表情、

交差点での謎の大ジャンプなどなど見せ場はあります。

くーみんと小木曽が二人で街を歩いていく場面もありますが、

SKEから去っていく二人のイメージなんでしょう。

学校での勉強風景の花音は、可愛い。

まだ中学生ですからねえ。

みきてぃー、茉夏にも可愛らしいシーンもあり、

劇場の中を歩き、SKEシアターの看板を眺める

ちゅりは流石の貫録です。






そして、新曲で特筆すべきは

「MUSIC FAIR」でのチョコの奴隷生歌バージョンです。

しっかり踊りながら、生演奏下で、生歌で。

いけるじゃん。

片ファイの生歌をやったことも過去にはありますが、

ちゃんと持ち曲ならば、踊りながら生歌でいけるんですよ。



誰のおかげかって?



もちろん古川愛李のおかげですよ。


チョコどの生歌バージョンなんて、

あいりんのソロじゃね?

と思うぐらいの声の大きさ、マイクの調整。

生歌厨でもあり、あいりんファンである私としては

嬉しい限りです。


生歌待望論が大きくなればなるほど、

俺得な展開が待っています。

もっと、生歌を要求していきましょう。





さて、最近のSKEの劇場公演を見ると、

現時点では一人だけ生歌を披露している人がいます。

SKEはチームE、山下ゆかりです。


歌うは秋元才加の名曲「虫のバラード」



公演での日々で、

ゆかぴは、着実に歌が上手くなっています。

ステージでの魅力を身に付けています。

半年前とは雲泥の差です。



真剣勝負を、場数をこなす人間だけが

手に入れることのできる経験値がゆかぴに積みあがっています。





壁をぶち壊すのに必要なのは、劇場公演での生歌だと

思うんですけどね。

気合いも能力も野心も魂もある人には

ぜひとも自主的に生歌でやって欲しいなあ。


自分が劇場支配人だったら、

チームS加藤るみ、KⅡ阿比留李帆、E磯原杏華に

生歌を指示してます。








まま、そんな感じの雑感でした。

「それを青春と呼ぶ日」の感想?

気軽には書けません。


一つだけ言えるのは、

SKEファンは、卒業メンバーのファンは

朝や昼ではなく、夜に、

時間のある時に見た方が良いですよ。


「声を押し殺して泣く」

「両肩を震わせて泣く」


そんな、小説での表現の意味がわかりますから。









2013年2月4日

2013年1月28日 (月)

湯浅不信任問題「SKEメンバーの努力を肯定するからこそ」

AKBリクアワ2013が終わりました。

オカロの5位、ヘビロテ4位、佐江が2位など

最終日の感想は次に。


マジラジ3の第二話も面白かったものの、明るい話は次に。

(ちゅりのジュディ・オングはめちゃくちゃ可愛かった)






AKBリクアワ2013で開催された企画、「支配人信任投票」


最終的に、元SKE支配人でAKB支配人になる予定だった

湯浅洋さんだけが不信任となりました。


イベント的には茶番だと思います。

「劇場支配人」という肩書に実質的な権限があるとは思えない。


ただ、ファンの気持ちとSKEメンバーの気持ちに

大きな隔たりがあるようです。


SKEファンをやってきて

私は玲奈と考え方が相違したのは初めてだと思います。


なので玲奈に、ちゅりに、茉夏に、だーすに向けて

今回の湯浅さんAKB支配人・不信任問題の件で、

結論から書いていきます。



①SKEファンはメンバーの努力を肯定しているし、超尊敬している



②そのメンバーの100の努力が1割も世間に届かないのは

  SKE運営に問題があると思っている

  (実質的にはAKB運営ですが、それは後述)



③湯浅さん個人の人柄は素晴らしいかもしれない

 「SKE劇場支配人」に権限なんて全くないかもしれない

 劇場支配人の仕事はメンバーの精神的なフォローだけで、

 その意味において湯浅さんの仕事ぶりは良かったのかもしれない



④でも、それとこの1年間のSKE運営の仕事ぶりは別

 ファンはSKEの運営全体に対して、不信任と言っている

 全てAKB48優先にすること、SKEのコンサートを全くしなかったことなど



⑤そんなSKEファンの声はこの一年間、ネットで散々溢れていた

 だから、AKB48のファンは

 SKE運営の象徴である湯浅さんに対して不信任とした








まずは、こんなところからですかね。


玲奈が言っている

「今までのSKEが認めてもらえなかったように感じる」


他のメンバーの意見でも

「湯浅さんが不信任、支配人研究生という扱いに怒り、悲しみ」


確かにわかりますよ。

他の支配人が信任されていく中で

一人だけ不信任という恥。

湯浅さんの自分の努力が認められなかった悔しさ、悲しさ。

SKEが馬鹿にされたかのような気持ち。



でも全然違うんだよ、玲奈。


ファンは、SKE48のファンだけじゃなくて、AKB48のファンも

SKEメンバーを十二分に認めている、必死の努力を認めている。

むしろ、SKEメンバーを認めすぎている。


だから

そのSKEメンバーの努力が報われない現状に対して、

SKE支配人という肩書きの人間に対して不信任と言っているんだよ。


AKBグループの中でのSKE48に関しての扱いに不満だからこそ

SKE劇場支配人に対して不信任と言っている。

湯浅さん個人に対しての不信任じゃない。

SKE運営に対しての不信任だ。





そして、玲奈たちの言いたいこともわかります。

結論②のところですが、

SKE運営、湯浅さんなどは常に必死に

AKBよりもSKEのイベントを優先するように動いていたんでしょう。

でも、AKB運営の実質トップがそれを認めなかった、

そうSKEメンバーは言いたいんでしょう。





例えば、昨年に開催されたSKEリクアワ2012。

本当は大きな箱を押さえていたそうですが、

AKBイベントなどスケジュールの都合で

平日のゼップ名古屋開催になりました。

過去記事・<株式会社AKSへ>俺たちのSKEリクアワ2012を返せ


湯浅さんやSKE運営は必死に抵抗したんでしょう。

メンバーと同じ方向を向いて頑張ったんでしょう。

しかし、AKBの上位の権力者やスポンサーの都合に負けたんでしょう。

玲奈たちメンバーはSKE運営の努力を間近で見ている。

でも、ファンはそんな努力は見えないし、結果しか見えない。


そして、SKEリクアワに関しては

平日ゼップ名古屋開催以外に

代替案なんて腐るほど考えられました。

(その辺は過去記事にて)





さらに、SKE専用劇場の改修期間。

2012年9~11月。

全国ツアーも、東海近県ツアーもなし。

土日が握手会なんて知っている。

でも、平日に2000人程度のハコでコンサートをやれたハズ。

珠理奈や玲奈などの多忙メンツを除いたとしても、やれた。



SKE運営はもっとAKB全体の運営に対して文句を言うべきだし、

やれることを少しでもやるべきだった。


玲奈は知ってるだろうか。

NMBは、2012年4~6月で、近県で平日中心のツアーを開催した。

大阪十番勝負、という奴です。

スケジュールがいっぱいでも、出来ることは確かにある。



玲奈や珠理奈は外仕事で忙しいからわからないだろうけど、

SKEメンバーで2012年にほとんど仕事が無い人だっている。

たまにある劇場公演ぐらいしか仕事が無いメンバーだっている。

そのうえで、

自分からオーディションを受けることなどは

禁止とされているんだ。





SKE運営が2012年で出来ることは、確実にもっとあった。

そんなSKE運営に対する批判は常にネットで溢れている。

2chのまとめサイトでどれほどSKE運営批判が溢れていることか。

そりゃ、AKBファンもSKE支配人が来ると聞けば

不信任に投票したくもなりますよ。

AKB支配人だった戸賀崎さんは、

仕事ができないながらも必死にファンとコミュニケーションを取っていた。


ふむ。


これは私の想像だけれど、

SKEの支配人に戻って欲しくて

湯浅さんに不信任にしたファンの数って

そんなに多くないと思います。



大多数はAKB48のファンで

ネットでSKE運営の評判を見て

戸賀崎さんへの信頼が大きくて

湯浅さんの不信任に投票したんでしょう。



SKEファンの視線では無くて、

AKB全体のファン視線からすれば

今回の結果は至極妥当です。






どうか、SKEメンバーにはわかって欲しい。

SKEメンバーを否定しているんじゃない。

湯浅洋さんという個人だけを否定しているんじゃない。



SKE運営というものに対して

48グループのファンから不信任があったということを。





さて、ここまで書きましたが

もちろん支配人信任投票なんて茶番です。


湯浅さんは支配人研究生?

実質的にAKB支配人の仕事をしますよ。


玲奈は

「湯浅さんにもまだチャンスはあると思っています」

と書いた。


うむ。


やっぱりメンバーはみんな若い女の子だなあ。

玲奈ちゃんよ、

湯浅さんにはチャンスは与えられたままです。


これから湯浅さんはAKB劇場支配人研究生という仕事をします。

ぶっちゃけ、戸賀崎さんからの引き継ぎ期間みたいなもんです。


最初は批判を浴びながらも、

だんだんとファンに受け入れられる。

時間さえたてば、簡単に受け入れられるでしょう。

支配人という一人の仕事ぶりで

大勢が変わるわけがない。

AKB48の運営方法が突然に悪くなるわけなんてない。



いつか、どこかで湯浅支配人研究生の昇格があるでしょう。


正式にAKBグループの支配人になる湯浅さん。

会場は盛り上がるでしょう。

メンバーも感動するでしょう。



これが「筋書き」だよ、玲奈ちゃん。





不信任になっても、問題がないように次の案なんて考えている。

本物の国政選挙ならば、選挙に負ければ無職になります。

でも、支配人信任投票なんて

アイドル運営会社のただの茶番だよ。


不信任になったからって、クビになるわけじゃない。



秋元康さんに本音を聞いてごらん。

「おお、湯浅は不信任か。

 これでドラマが出来たじゃねえか。

 ちょっとは面白くなったな」





そんなもんだよ。


わかってる、わかってる。


株式会社AKSの偉い人間が、エーベックスが、

秋元康さんが意図的にSKEを雑に扱っているわけじゃない。


本当の問題はAKB全体の運営で(AKB48だけじゃなく)

組織が大きくなり過ぎて、企業とのつながりも多すぎて

芸能事務所との関係も多くて深すぎて

誰もが全体をコントロールできていないんでしょう。


うん。


ただただ、玲奈ちゃんよ、ちゅりよ、茉夏よ、だーすーよ。

複雑な思いを持っているだろう珠理奈よ。

SKEが否定されたわけじゃない。


むしろ、

SKEメンバーを肯定しているからこその

今回の結果だということを

少しでもわかって欲しい。










2013年1月28日

2013年1月27日 (日)

AKBリクアワ2013・3日目感想「たくさんの喜怒哀楽」

さあ、AKBリクアワ2013・3日目の感想いきます。

全力磯原、いっきまーす。


コンサートのスタート、50位は「大声ダイヤモンド」

これは48グループファン全てが盛り上がったでしょう。

そして、ここでも我が軍勝利とさせて頂きます。

大声はもちろん、珠理奈が小学6年生のときに

いきなりセンターを務めた曲です。


リクアワ2013の初日の出だしは「ごめんね、SUMMER」

2日目は「ウインブルドンへ連れて行って」で始まった。

3日目も珠理奈センターの「大声ダイヤモンド」

うむ。

この三日間は全て最高のスタートです。



49位「純愛のクレッシェンド」からAKB48の楽曲が続きます。

46位の「GIVE ME FIVE!」には驚きです。

去年のAKBのシングル曲の順位がここまで低いか。

リクエストアワーが楽曲ランキングではなく、

メンバーのファン投票になっていると言われることは多いですが、

ますますファン投票の傾向が強くなっているみたいです。



そして、44位。

SKEはチームEの「みつばちガール」

チームEファンの皆さん、本当にお見事です。

チームEにはオリジナル公演は無い。

現行の「逆上がり公演」などの曲を選んでも

オリジナルのチームKメンバーが登場する可能性が高い。

チームEファンの選択肢はみつばちしかなかった。

でも、みつばちはSKEの1stアルバムにある曲で、

知名度が大きいわけではありません。


「みつばち…、入るか…?」


そんな不安に負けずにみつばちに投票したチームEファンの

力強さを感じましたよ。



AKBリクアワという大舞台での44位。

卒業が決まったはらみな、かすすには良い思い出となった。

既に卒業している中村くん、えりスマ、間野ちゃんも喜んでいるでしょう。

そして、チームEのエースである花音はきっと泣いたでしょう。

運営の推されとしてチームEの先頭に立つ花音。

しかし、本人の人気もなかなか上がらず、

チームE人気を盛り上げることにも時間がかかった。

それでも、チームEの曲がAKBリクアワで44位に来るところまで来ました。

チームEはこれから、これからですよ。

みつばちで感動してからの42位。



「羽豆岬」

見事すぎる。

SKEファン最高すぎる。

たしかに、昨年のSKEリクアワ2012の一位は羽豆岬。

でも、それは卒業するリーダー平田りかこへのプレゼントでもありました。

SKEリクアワで羽豆岬に投票した人たちも、

AKBリクアワはいいか、と思った人が多いはずです。

それでも、AKBリクアワでも羽豆岬にぶっこむ逞しさ。

小木曽が、もきゅがキラキラ輝いてましたよ。




感動そのままに、41位は「思い出のほとんど」

前田敦子、高橋みなみの曲です。

あっちゃんの代わりを誰がやるのか?

不安でしたが、あっちゃんの部分は

そのまま東京ドームでの画像を使いました。

完璧ですね。

振り返るたかみなと、画像のあっちゃん。

感動ひとしお、感涙むせび泣きです。



そして40位はNMB山本彩による「ジャングルジム」

もうね、さや姉は48グループにいて良いのかわかりません。

格が違い過ぎる、別格過ぎる、本物過ぎる。



48グループ全メンバーのパフォーマンスが

茶番になりかねないほどの圧倒的な差です。


生歌、生演奏。

いわゆる弾き語り。

噂には聞いていましたが、さや姉の弾き語りは圧巻でした。


歌手を目指しているメンバー、既にソロ曲を出しているメンバーは

魂が震えたことでしょう。


「アイドルグループに混じって、本物の力を見せといたで」

そんな勢いです。



芸能界で生きていくには、プロの歌手になるとはどういうことか。

山本彩が見せてくれました。


あ~、さや姉のソロコンサート見に行きたいな~。



37位「愛しさのアクセル」36位「Bird」と

たかみな祭りが続きます。

SKEシングル「片想いFinally」は35位。

むむ。

健闘なのか、残念なのか難しいところ。

全てはSKEメンバーのユニット曲の最終日の順位次第。


ナギイチ、わるきー、青春のラップタイムと

3日目はNMB祭りでもありました。

オリジナル公演がないため

的を絞りやすいというのはありますが、

NMB人気も間違いなく本物ですね。

名曲多いし、いいなあ。



27位は「てもでもの涙」

ゆきりんに並ぶはまゆ選手。

チームBで長い時代を過ごしてきた二人ですが、

新チームではAとBに別れました。

そんな二人のてもでもの涙。

来ましたよ、もちろん。

純粋SKEファンになったとはいえ、

私はゆきりん、まゆゆは今でも大好きですから。



3日目は玲奈が登場しませんでした。

片ファイにいない時点でアレ?

玲奈のポジションには金ちゃん。

チームEでの立ち位置でしょう。

ぐぐたすの空では真木子が。

緊急参戦、仕事職人の真木子が登場。


玲奈は体調不良だったそうです。


理由なんてわかりきったことです。

過労です。

誰か、玲奈に無理やり休みを与えてくれ。

AKS、エーベックス、グリック、秋元康。

本当に玲奈に定期的な休みをあげてください。



さて、こんなところで、3日目の感想終わり……、

とはいかないです。

3日目のアンコール後。

既に聞きなれたメロディーが流れます。



SKE卒業9人による「それを青春と呼ぶ日」


ここでやるか、AKBリクアワで。

しかも、フルバージョンでやるか…。



AKBリクアワで披露したことを批判したいわけじゃないです。

ここで、フルでやるということは

1~3月にSKEのコンサートが無いと言っているようなものだから、

きっついんです。


そう。


そしてサプライズ発表。



「SKEファン、NMBファン、HKTファン、お待たせしました!」



うおおおおおおおお!?


まさかまさか。

姉妹グループによる大規模合同コンサート?

各地で同日による大規模コンサート?


待ってましたぜ、俺たちのSKEのライブをよ!



「4月25~28日、日本武道館にて各グループ単独コンサート開催」


ん?

SKEは1日だけ?

日本武道館で1日だけ?

一万人程度しか入らない、


現在のSKE人気を考えれば

しょぼい箱で1日だけ?


4月25日。

木曜日?



あん?

平日の木曜日だと……!


もうね、怒髪天を突きました。



SKEがこの前やったコンサートは去年の4月のガイシコンですよ。

それから1年間、何もなし。

ゼップ名古屋という狭い会場を除けばね。

SKEファンが暴動を起こしても、私は止める気はない。

いや、むしろ煽っていこうか、ぐらいですわ。




運営の考えることはわかりますよ。



武道館を4日間とった。

姉妹グループ全て単独でコンサートやる。

おお、ナイスアイデア。

土日挟んで、日曜日は全グループ合同で。

ならば木曜~日曜の4日間。

木曜は平日で、一番客が埋まらない可能性がある。

HKTが木曜だと、客が埋まらない可能性がある。

NMB、SKE、HKTだと順番変だな。

SKE、NMB、HKTだな。

よし、SKEが一番手だ。



この野郎。




いや、この日本武道館コンサートだけを見れば

特に騒ぐことでも無いんです。


他の日に、SKE単独のコンサートが大きな箱で開催されているならば

「まあ48グループ全体でのコンサートなら俺らが平日でもいっか」

と余裕しゃくしゃくなんです。




一番の問題はSKEのコンサートが少なすぎること。

これに尽きます。





おっと、ちょっとAKBリクアワの感想からずれました。

この話はまた別件で。



ちなみに、リクアワの期間で支配人交代の話が出ています。

私は、賛成です。


SKE湯浅支配人、たしかに情がわいてもいます。

実質的な権限が彼にあったわけでは無いでしょう。

全てを湯浅さんのせいにするのは酷です。


でも、仕事ぶりは褒められたものでは、無い。


運営に関する批判は過去記事でもさんざん書いています。

これからも書くでしょう。


ハッキリ言って、最悪の現状を考えれば

これ以上悪くなることなんて考え付かないです。



SKEの新支配人候補はオフィス48の

代表取締役社長芝幸太郎さんの弟、

芝智也さん。


33歳。

ほう、33歳…。



実力者の弟であることから

実質的な権限を持っている「可能性」があります。




もちろん、実際に支配人の交代と言ったところで、

形式的な変更だけで、何も変わらない可能性が高い


けど、期待しようではないですか。

33歳という若さ。

結果が欲しくて仕方ないですよね、

周囲から仕事でほめられたいですよね、

良い意味で野心もたくさんありますね。



ファンの期待に応えるために

無茶をしてくれる可能性が

「少しだけ」あります。


智也さん、やってもらおうじゃないですか。



さて、コンサートの内容以外が長過ぎました。

きょうは最終日。

登場する25曲はほぼわかります。


注目は順位だけ。


珠理奈の「思い出以上」は何位か。

玲奈の「枯葉」は、というよりも玲奈は大丈夫なのか。

1位はチーム4の「走れペンギン」じゃないかな。

ヘビロテは3連覇なるか。

私の予想ではヘビロテは8位ぐらいまで落ちると思ってますが。

ファーストラビットも上位にきそう、もしかしたら1位かも。





そして、

SKEファン最後の魂をぶつけた曲。

最後の最後の大舞台で。

木﨑ゆりあと、矢神久美による「狼とプライド」

くーみんの輝き。

PCの前で、まぶたに焼き付けてやるぜ。

2013年1月27日

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ