芸能・アイドル

2011年10月 4日 (火)

akb48「風は吹いている」センターは渡辺麻友「まゆゆ」謝罪

2011年9月10日。


AKB48の23rdシングル「風は吹いている」のセンターは「まゆゆ」こと渡辺麻友だと予想しました。


結果はみなさんがご存知の通り、あっちゃん・優子のダブルセンター。


いや、予想は外しました。で、予想は外しました、ってエントリもしました。


ただ、私のまゆゆセンター予想でこのブログに来た人が未だに多くて。

申し訳ないです、ごめんなさい。

コメントまで頂いてありがとうございます。

でも、「ありえない」って思うことをするのがAKBのビジネススタイルだと思うんですけどね。

いやあ、まゆゆセンターは無くてもサプライズはあると思ったんですけれども、すいません。


全力で外しました~!!


というか、「風は吹いている」が余りにもサプライズ無しでビックリでした。

じゃんけん大会があったから王道で行きたかった?JKT、TPE、ユニット曲などネタは豊富だからこそ本隊は王道にした?

ちょっと、ここに来て秋元さんが疲れているのか、ネガティブになっているのか。

いや、乃木坂なんかも含めて、アグレッシブそのものですけれども。


こっちが、サプライズに慣れ過ぎたのが真実なのでしょう。

さらに言えば、今はAKB本体は売れすぎて、もう冒険をする必要が無いんでしょう。

(冒険は他のグループがすれば十分。本隊は)


すいません。


全力謝罪。


まゆゆはセンターになりませんでした!!

すいませんでした!

2011年9月27日 (火)

ニートの主食で良いじゃないか!

ドッグフードを使ってのモノボケでNMBキャプテンさや姉が、

「ニートの主食」というモノボケをした。

すると、まさかのヤフートピックスに載るまでの事態。


え!?


ちょっと言葉狩りが過ぎるんじゃないですか。

ただのブラックジョークでしょ。


そりゃ、通常はこんなの放送するなよ、という意見がある。

でも、この程度のブラックジョークがニュースになるってどういうこと。


まあ、冷静になればこの事件で騒いでいるのって日本人の1%もいない。

日本人の1%って100万人いるけれどね。


とりあえず、ドッグフードをニートの主食と発言したさや姉。

いいじゃないか。


私もニートっぽい時代がありましたが、その時にこのネタを聞いても大爆笑しましたよ。

ブラックジョーク全力支援!


そもそもファンを馬鹿にしてる、って発言もファンを馬鹿にしている。

48グループ好きな人間がニートが大半なわけないだろと。

金使える人が多いから48グループが栄えているんだろと。

現代用語でニートと言われている人がAKB好きが多かったとしても、現代の構造的な不況が問題だろ。

むしろ、今のデフレ、不況下ならAKB、SKE、NMBに金を使っている人たちは景気を支える英雄たちだろっての。


むむ、落ち着きます。


ただ一つ。

ブラックジョークが許されない世間は危険過ぎますよ、と。

2011年9月24日 (土)

共通の話題は潤滑油。天気とAKB

営業が取引先に着き、最初にする会話は天気の話題だ。

今日は暑いですね、寒いですね、良い天気ですね、雨が強いですね。


非常に親密な友人同士ならば、会っていきなり本題を話すことも可能だが、

取引相手、まだそこまで知らない相手などであれば無難な会話から始めるのが一般的だ。


やはり、共通の話題はコミュニケーションにとって非常に重要なものだ。


そして、現在ではAKBが日本人の共通の話題になってきているのでは無いだろうか。

特に40代、50代、60代の人間が20代の若手と会話する時のとっかかりになる。


昔であれば野球が共通の話題になっただろう。

サッカーが共通の話題になることもある。


同じように、今AKBが一つの共通の話題になりつつある。


社会人にはAKBに興味を持つことを特にお勧めします。

若い女の子とも会話が盛り上がったりしますぜ。

2011年9月21日 (水)

第二回じゃんけん大会、まさかの麻里子さま優勝予想が的中

じゃんけん大会前日。

適当に予想してみたものの、まさかの優勝者予想、的中……!

優勝者だけではありますが、ビックリしましたわ。

予想したのが以下。



1位 篠田麻里子  2位 野中美郷  3位 中村麻里子  4位 山内鈴蘭

5位 北原里英  6位 高橋みなみ  7位 藤田留奈  8位 横山由依

9~16位  竹内、石田、小林茉、多田、前田亜、峯岸、藤江、佐藤す

で、実際の結果が以下。



1位 篠田麻里子  2位 藤江れいな  3位 峯岸みなみ  4位 小林茉里奈

5位 秋元才加   6位 大家志津香   7位 前田亜美   8位 佐藤すみれ

9~16位 肥川、梅田、河西、桑原、小嶋、山口夕、山内、北原



順位ドンピシャは麻里子さまだけでしたが、16人選抜を的中という意味だと16人中8人的中。

なかなかの的中ぶりか、と言っても。じゃんけんだからそこはいいよね、と。

さて、麻里子さま優勝ってあんまりよくないかな~、と思ったけど実際に優勝してみたら大感動。

麻里子さまだとそこまで脚光を浴びることはないだろうけれど、AKBをまだ判別できない40代、50代の大人たちがニュースを見て

「あ、この子可愛い。篠田って言うのか」

という引き付けにはなる。

AKBでのビジュアルナンバー1であることは間違いあるまい。

新規顧客獲得と言えば麻里子さま、ともちんであることは定説。

ここは麻里子さまに頑張っていただき、幅広い層のファン獲得(おじさん)していただきたい。

しかし、麻里子さまだと歌の題名が難しいよな~。

「チャンスの順番」 みたいな歌詞は明らかに変だもんなあ。十分に芸能人として活躍しているわけで。

「99%の努力」 とかだと運だけじゃないよ、ってのが伝わるか。

「才色兼備+運」 もう何でも持ってるぜ、って言ったら嫌味すぎるか。

「努力は必ず報われる」 的な歌詞になりそうだなあ。

れいにゃん優勝も面白かっただろうけど、優勝者が麻里子さまだと準優勝者にも話題振られそうだからいっか。

いやあ、盛り上がりましたな、じゃんけん大会。

2011年9月20日 (火)

第二回じゃんけん大会当日。予想的なもの。

さてさて、待ちに待ったじゃんけん大会当日です。

じゃんけんなんで、予想は無理。

なんで、自分でサイコロふってトーナメントをやってみた。

社会人にもなって深夜に何やってんだろ、と思ったけれど、連休最高。堕落最高。

さてさて、以下のようになりました。


1位 篠田麻里子

2位 野中美郷

3位 中村麻里子

4位 山内鈴蘭

5位 北原里英

6位 高橋みなみ

7位 藤田留奈

8位 横山由依

9~16位  竹内、石田、小林茉、多田、前田亜、峯岸、藤江、佐藤す


でした。


やってて思ったけど、一回戦、二回戦はあまり盛り上がらない。

やっぱり知名度ある同士の対決じゃないと会場は沸かないんじゃないかな~。

ただ、有名所が上位でぶつかると盛り上がる。

麻里子さまとたかみなの準々決勝とか無駄に盛り上がってしまったから。

でも知名度低い人ばかりが勝ち上がってきたときはやばいな、と思った。

これでシングル売れるのかいな、と。

しかし、神の手が現れたのか、ベスト8はかなりバランスの良い布陣になった。


そして、麻里子さまがやってくれました。まさかの優勝。

でも、これってあんまりネタになりにくくて、じゃんけん大会としては最悪ぐらいの結果じゃないのかな。

知名度低い人なら、じゃんけん大会でのシンデレラという扱いができる。

ドラマ性のある人なら、ドラマに脚光を浴びせることができる。

でも、麻里子さまだと普通に人気あるしメディアによく出ている人だからなあ。

しかも、ここでセンターやっちゃうと卒業ロードに導かれるという謎の展開になってしまう。

まあ、どんな結果になるかは今日わかる。

映画館での鑑賞を楽しみますわい。


2011年9月17日 (土)

第二回じゃんけん大会「盛り上がり方」まとめ

さてさて、9月20日火曜日に第二回じゃんけん大会が開催されます。

(なんで平日にやるんだー)


じゃんけんなので、事前に予想もつくわけもないが

当日は果てしなく盛り上がること必至でしょう。

今のakbの知名度を考えると、当日夜、翌日朝のニュースはじゃんけん大会一色に

なるんじゃなかろうか。


さて、ここで盛り上がり方をまとめときましょ。



①一回戦の好カード

秋元 対 前田敦

小嶋 対 高橋

松井珠 対 宮澤

北原 対 板野

指原 対 内田

こんなとこですかね。どっちが勝っても負けても会場は大騒ぎになるはず。

柏木対菊地、平嶋対小森、横山対桑原、小林対大家、大島対前田亜。

これらももちろん盛り上がるとは思うけど。

一回戦ってまだ、選抜に入るわけじゃないから

「あいつが負けちゃった~」って言う盛り上がりだけなんだよね。



②ドラマ性のある人の勝ち上がり


ドラマを持った人間がベスト8ぐらいまで来ると、会場は盛り上がるよね。

「まさか、あいつがセンターになるんじゃ」

という盛り上がり方をするのはこんな人たちかな。


1、平嶋夏海

初期メンバーながら知名度は低い。しかし、なっちゃんが勝ったら大騒ぎになるし、

テレビも取り上げやすいよね~


2、菊地あやか

言わずと知れたカムバック。センターになるとまた過去がいじくられてキツイかもしれないけど。

まあ、一周して一番ピュアだから大丈夫。

akb知らない人から見て「可愛い」と思われるだろうから、ここから大ブレイクも有り得る。


3、與儀ケイラ

NMBの二期研究生。

NMBでakb選抜、しかも二期生、まだ研究生。これは大騒ぎになるよ。

テレビもネタにしやすいし、何より可愛い。

ただ、こんな早い段階で脚光を浴びすぎるとこの子の今後にはマイナスかもなあ。


4、桑原みずき

SKEが誇る面白キャラ。

何せ桑原がゆいはん倒して、まゆゆ倒して、フレモン倒して、ゆきりん倒して、秋元才加倒して、決勝の相手が珠理奈だったら、

「それなんて最終回」


5、竹内美宥か山内鈴蘭

どっちかがセンター取ったら、そのまま次期センターになっちゃうんじゃないかな。


6、松井珠理奈

勝てば勝つほど会場は盛り上がる。遂に珠理奈がセンターに?

でも、一度センターやったことあるし、じゃんけんでセンターになるのもね。

でもでも、会場は盛り上がるんだよな~。


7、佐藤亜美菜

そりゃもう、不遇のエース?

勝てば勝つほど会場はざわつくでしょう。うっかり泣いたりするファンも出てきそう。




こんなとこですかね~。

選抜常連がセンターとっても盛り上がりは一過性になっちゃうかな。

かと言って、単純に知名度低い人が勝っても、盛り上がりは一過性に。

今後の盛り上がりを考えると、この7人の誰かがセンターとって欲しいとこ。


ま、言ってもじゃんけん。

当日は単純に騒いで盛り上がるだけですな。  

2011年9月16日 (金)

風は吹いている。予想間違ったか

akb23rdシングル。風は吹いている。

今のakbの勢いは考えたら何かサプライズがあるはず。

サプライズはセンター「まゆゆ」だ!

と思いました。

なんか、先行で流れたPV見たら、いつも通りの配置っぽい。

すいません。

外しました。


しかも、akb新曲のセンターは「W松井!」というニュースを朝に見た。

あれって夢だったのか?

寝る前にテレビをつけっぱなしで。

で、akbの新曲のセンターが「SKEのW松井です!」というニュースを朝に見ました。

あれって、夢だったのか。

すごく、恥ずかしい。


今こそ、玲奈を、珠理奈を推す時だと思うんだよな~。



さて、新曲は東北復興ソングですか。

とても、良いことです。

今は、東日本震災のことも忘れさられがち。


実際にいけばわかるけど、未だに復旧が始まっていない場所もたくさんある。


今は社会人の誰もがakbを何となく聞いたことがある。

そんな知名度を持つ集団だからこそ。

ノブリスオブリージュ。


秋元さんは、金儲けだけじゃなく、しっかりしてるねえ。

2011年9月10日 (土)

 akb48「風は吹いている」センターは渡辺麻友「まゆゆ」

akb48  10月26日発売 23rdシングル

「風は吹いている」

果たしてセンターは誰だろうか。

いつものように前田?

いや、それはないだろう。

じゃんけん大会が9月20日。そのシングルが12月に発売。

フライングゲットは総選挙の結果を踏まえてのシングル。

ここで、10月終わりに出すシングルをなんの特徴も無い普通の歌として出すだろうか。

akbと言えばサプライズであり、常に「ネタ」を仕込んでくる。

2011年9月現在ではakbの勢いは相当なものだ。

ファンもアンチはもちろんのこと、今まで関心の無かった社会人でさえ

akbの話が増えてきた。

ここで話題を起こすとしたら、センターを前田敦子でも無い、大島優子でも無い、

第三回総選挙三位でメディアを騒がせた柏木由紀でも無い。

「ネタ」が必要だと考える。

そして、現在のakbの主力は10代ではなく、20代。

世代交代が必要と言われて久しい。

ならば、ここは現在17歳のまゆゆをセンターにするしかない。

実際は三期生として昔から高い人気を持っているまゆゆではあるが、

まゆゆをセンターにすればメディアは大きく取り上げるのではないか。

うむ。

次のシングルのセンターはまゆゆだな、こりゃ。

2011年6月 7日 (火)

予想と速報の答え合わせ(柏木上昇は予想通りだぜ!)

さてさて、予想と速報の答えあわせをざっとしてみたい。

まず、私の予想をざっと。

40位 SKE チームKⅡ 向田茉夏 39位 AKB チームK 松井咲子

38位 SKE チームE 木本花音 37位 AKB 研究生 大場美奈

36位 SKE チームKⅡ 秦佐和子 35位 AKB チームK 梅田彩佳

34位 AKB 研究生 市川美織 33位 AKB チームB 小森美果

32位 AKB チームB 小林香菜 31位 AKB チームB 仁藤萌乃

30位 AKB チームK 横山由依 29位 AKB チームA 多田愛佳

28位 AKB 研究生 山内鈴蘭 27位 SKE チームS 矢神久美

26位 AKB チームB 宮崎美穂 25位 AKB 研究生 島崎遥香

24位 AKB チームB 平嶋夏海 23位 AKB チームA 倉持明日香

22位 AKB チームB 増田有華 21位 AKB チームA 仲川遥香

20位 NMB チームN 山本彩 19位 AKB チームB 佐藤亜美菜

18位 AKB チームB 河西智美 17位 AKB チームK 秋元才加

16位 AKB チームB 北原里英 15位 SKE チームK 高柳明音

14位 AKB チームK 峰岸みなみ 13位 AKB チームK 宮澤佐江 

12位 AKB チームB 高城亜樹 11位 AKB チームA 高橋みなみ

10位 AKB チームA 指原梨乃 9位 SKE チームS 松井珠理奈

8位 AKB チームA 小嶋陽菜 7位 SKE チームS 松井玲奈

6位 AKB チームB 柏木由紀  5位 AKB チームB 渡辺麻友

4位 AKB チームK 板野友美 3位 AKB チームA 前田敦子

2位 AKB チームA 篠田麻里子 1位 AKB チームK 大島優子

いろいろあるけれど、世間一般の予想と私独自の予想と実際の乖離が大きかったところに関してコメントしてみたいです。

アンダーガールズ

当時の研究生(9期)がここまで入らなかったのは予想できませんでした。というか、鈴蘭とか入らないなんて…。(大場美奈がどんぴしゃ当たったが)

SKEが来るとは思ったけど、予想以上にきましたわ。

とはいえ、大筋は当たってるんじゃないでしょうか。しーちゃんを予想できなかったのは失敗。

ではでは、選抜メンバー(メディア選抜より下)

予想通り、ちゅり、さや姉はきましたよ。多分、最終得票数は私の予想通りぐらいいくんじゃなかな~。完全に予想通りだ。

たこやき、あみな、もっちいもほぼ予想通り。予想外がゆいはんでした。アンチが多いからこそ人気もあるのかも知れないです。芸能界でアンチを作れるって、それが既に人気の源かも知れない。 珠理奈はここから上げるでしょう。この順位で終わったら何かよくないよね、って思う人がたくさんいるはず。

他は誰が予想してもこんなもんだよな~、っていう恐ろしいほどの順当。チユウとみーちゃん上位は私には予想外でしたが。

んで、メディア選抜。

指原の順位はこんなもんでしょ。本番はトモチンより下がるだろうし、麻里子様はあがるだろうし。しかし、タカミナが上位なのはビックリ。やっぱり、ニワカファンでも投票するぐらいの熱を入れるならタカミナに入れるか…。

とりあえず、私が言いたいことはやっぱりユキリン上位にきたじゃん、と。

速報の票の数を見ても上位5位以内は固いな。

よしよし。

あと、一位は優子なはず、だ。

2011年5月 5日 (木)

AKB選挙、当てなかったら死ぬとしてガチ予想(20位~11位)

あー、仕事忙しい。

ではでは、表題の通り、20位~11位いってみたいと思います。


20位 NMB チームN 山本彩

19位 AKB チームB 佐藤亜美菜

18位 AKB チームB 河西智美

17位 SKE チームK 秋元才加

16位 AKB チームB 北原里英

15位 SKE チームK 高柳明音

14位 AKB チームK 峰岸みなみ

13位 AKB チームK 宮澤佐江 

12位 AKB チームB 高城亜樹

11位 AKB チームA 高橋みなみ


さてさて、まずは20位のNMB山本彩。

この子はきます。今回絶対にきます。

NMBファンが大量にこの子に投票するはずです。

私が大阪に住んでたら、この子推しじゃなくても投票します。

NMBここにあり、見せつけるでしょう。 

歌、踊り、明るさ、トーク。これは一流ですよ。

セミプロだっていう批判も今回の選挙では関係ないでしょう。


19位のあみな。

よくわかんないですけど、古参に人気の方でしょう。

新規ファンは掴んでないと思うんですけど、

そんな状況が古参の力を集めるのかなあ。


18位のチユウ。

今回は落ちるでしょう。

っていうか、周りが上がるから仕方ない。

今までだと、若くて明るい女の子たちの中に

一人アダルト雰囲気で人気があったのかもですが、

ちょっとキャラが消えかかってるというか。


17位のオカロ。

やっぱり、そこそこの順位はあるだろうし、上がらないし落ちない。

そんな感じ。


16位はキタリエ。

偶然去年と同じ順位になった。

テレビにも頻繁に出てるし、推したくなる子ではあります。

激戦の今年を良い意味で頑張れるんじゃないかと。


15位はSKEのちゅり。

この子は今年大爆発しますよ。

なんか、まさにAKB系統のアイドルらしい。

旧式アイドルじゃなくて、団体の中で光るアイドル。

うむ。

SKE一番の大躍進がこの子になることには世間の異論もないかと。



14、13、12位。

良い意味でこんなところかと。

あんまり深い意味はないです。

今までの人気で落ちない、っていう感じですが。



で、11位がたかみな。

やっぱり今回はたかみが一番厳しい。

メディア露出でも普通の司会者ポジみたいな感じで

新規ファンを掴む立ち位置じゃない。

AKBを好きになればたかみなを好きになる、というのはわかるけど

最近AKBを好きになった人があえての一票をたかみなにいれるだろうか。

う~ん。

今回はやっぱりたかみなは大きく落ちる、かな。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ