« 2014年6月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

2014年12月26日 (金)

にしし、美絵子の卒業「ただ、ありがとう」

世界中の人間にとって、平等なものは時間です。

どんな善人にも、悪人にも時間は平等です。

アイドルに限らず、スポーツ選手、サラリーマンにだって

時間の制約があります。


6年間は、アイドルにとって十分に、

充分に幸せな時間ですよ。





12月24日のチームS公演で、

中西優香と佐藤実絵子の一期生2人が

SKE48からの卒業を発表しました。


にししが25歳、美絵子が28歳です。


ただただ、二人には感謝の気持ちでいっぱいです。


一期生の二人がチームSに、チームKⅡに、

SKE48にとって果たした功績は

ファンにとっては言わずもがなですよね。




にししは多くのコンサートで

最高のパフォーマンスと全体を引っ張ってきました。


「愛の歌を歌おう!」


にししの声で、脳内再生余裕です。


AKBの第4回選抜総選挙、にししの63位は

今でもSKEファンにとっての語り草です。

第4回選抜総選挙感想①「世界で1番の63位」


にししは最高のSKE人生を、

アイドル人生を、

輝かしい20代の人生を送ったと確信しています。

ありがとうございました。






実絵子は一期生ながらも、チームKⅡの柱でした。

原曲メンバーを超える、俗に言う本家超え。

それは「涙の湘南」での最初のコール。


「あ~~~、っさっとー、みえっこっ!!」


何をやっても全力の姿勢。

KⅡの「ラムネの飲み方」公演での「兆し」

実絵子の行進での膝の高さは

SKEファンにとって常識であり、

SKEらしさを象徴するものでした。

歌が上手い、生歌が出来るって

SKEにとって貴重な人材でした。

ありがとうございました。





そして、二人とも若手に優しかったです。

一期生と言えども、

にししと実絵子から見れば

珠理奈、玲奈、真那も子供のようなもの。

この三人が48グループで今、

輝いていられるのも

にししと実絵子の功績が大です。







今のSKE48があるのは

多くの卒業生のおかげです。

その多くの卒業生がいなくなる悲しみを

中和できたのも、

にししがいたから。

実絵子がいたから。

そんな力強さでした。




SKE48はアイドルです。

定年の早い仕事です。

2人がいつか卒業するのは、

遠くないことは

多くのファンもわかっていたことです。

悲しむだけじゃ二人に失礼、かな。





若くしてSKEを辞めたメンバーもいます。

でも、にししと実絵子は十二分にSKE48をやり切った二人です。


ただただ、二人には感謝の拍手を。


SKE48に

中西優香がいて、

佐藤実絵子がいて。

本当に楽しかったです。






2014年12月26日

2014年12月11日 (木)

12月のカンガルー「新センター、これからのW松井」

カン、ガー、ルー、いぇー!

生きてます。

SKE活動は続いています。



さて、

SKEの16作目のシングル、

「12月のカンガルー」の感想を短めに。


珠理奈、玲奈のW松井、

Wセンターを変えたシングルです。

AKBを含め、

他のグループもセンターを変えているみたいですね。




珠理奈玲奈がセンターじゃない。

センターは、

りょうはと宮前。


うん。

良かったですよ。


りょうはに関しては、

AKB絡みでのイベント、ユニットで

センター慣れがあります。


宮前が大抜擢?

今までのコンサートを見ているファンからすれば

何もおかしなことはない。

あのパフォーマンス、

200%にSKE48です。




とは言え、珠理奈と玲奈がセンターではないSKE48。

どう思うか?


はい。


センターを変えるのが遅すぎる。


珠理奈と誰か、

玲奈と誰か。

シングルの組み合わせは

もっと昔に挑戦できた。


センターを変えること。

斬新かというと、そうでもない。


シングルはともかく、

カップリングはもっと早くに

センターを珠理奈玲奈以外に

するべきだったと思います。

この辺は、昔から私が主張してきたことです。


ちょっと、遅いよなあ。





ん?

今まで頑張ってきた

珠理奈玲奈がセンターから外れるのに納得がいかない?



綺麗ごとを言えば、

センターじゃなくても、

玲奈は可愛い。

珠理奈の最高の存在感。


充分だ~。





冷静に言えば、

次は珠理奈と玲奈のセンターに戻すでしょう。

だって珠理奈玲奈の人気はもう全国区ですから。


AKBの知識が無い人でも、

「ああ、SKEのW松井ね」

と言われます。


ここまで来ましたよ。

感無量です。






さて。

今回のシングルでセンターを変えました。

一度変えて、また戻すことで

次の珠理奈玲奈のシングルは

「W松井」の凄味が出ます。


絶対に。


「12月」の次はヤバイですよ。


りょうは、宮前に対して

「お前たちは、まだその器じゃない」

そんなものを、

あの二人は見せてくれますよ。


だって、SKE48だぜ。


珠理奈と玲奈が、

芸能界で力を伸ばしてきたあの二人が、

SKE48の看板を背負った時の力。


ワクワクするぜ。






ところで、CDシングルの特典映像。

デビュー6周年公演がありました。


その中で面白かったのが

一期生や二期生、移籍組や兼任組のシングルメドレー。


良かったです。


何が良かったって?


6期生の「未来とは」

動きのキレが断トツ。


全員が珠理奈、玲奈、だーすーに見えた。


ああ。

SKE48は大丈夫だな。







2014年12月11日

« 2014年6月 | トップページ | 2015年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ