« AKB総選挙2014、我が軍の苦戦を救うのは誰か | トップページ | 『超遅報1/2』第6回AKB総選挙・SKEは死せず »

2014年5月27日 (火)

事件について「AKBの文脈で語るべきではない」

総選挙の速報絡みの記事を書こうと思ってましたが、

先に書くべき事件が起きました。

スキャンダルのような話題ではなく、

本当の事件です。


5月25日、

岩手県で行われたAKB48の握手会で

メンバーとスタッフが刃物で襲われました。

幸い、被害にあったメンバー二人とスタッフ一人の

命に別状は無かったようです。


ネットでは

「握手会ビジネスもこれで終わり」

「秋元康は何やってるんだ」

などの声も上がっています。


さて、48グループはどうなってしまうのか。

多くのメンバーが精神的にダメージを受けているでしょう。

もう、握手会は

やるべきではないのか。




結論から言えば、

大きく変わることは無いと思います。

今後の握手会では警備員の

人数が増えるぐらいの変化じゃないだろうか。


そして、この事件は

「AKBが~、握手会が~」

などの文脈で語るべきでは無いと思います。


握手会は危険だと言っても、

ライブだって同様に危険です。

加害者が刑務所覚悟で突っ込んで来れば、

止めるのは難しいです。

握手会だろうとライブだろうと

何でも同じです。


過去に、アイドルが襲われた事件は複数あります。

常に握手会で襲われたわけではない。

握手会が危険だから中止。

なのであれば

日本中で行われている全てのイベントが

危険なので中止すべき、

になります。



今よりも昔のインターネットの無い時代。

アイドルが事件の被害にあった事件は

知られているよりも多いんじゃないだろうか。

握手会で

手荷物検査を厳重にしたところで、

筋力のある人間であれば

握手のときに素手でも大怪我を与えることはできるでしょう。





運営がこの事件を持って

握手会を完全に無くせるとも思えない。

今までだって、コンサートのイベントなどよりも

握手会を重視してきたグループです。


会いに行けるアイドル、でやってきたグループです。


48グループがもたらすお金で生きている人間は多い。

握手会を無くす勇気は、

大人にはいないだろうなあ。



もちろん、握手会は危険です。

多数の見ず知らずの人間が

アイドルと超近距離で接することができます。

今までも、暴言やセクハラまがいのことが

あったとことは良く聞く話です。

警備体制は変える必要があるでしょう。


今まで、ザルの警備でやってきた

運営には責任の一端はある。


さしあたり、警備員はアルバイトではなく

警備関係の仕事の正社員がやることになるでしょう。

個別握手会などでは、

メンバー1人に対して

2人以上の警備が必要になるでしょうか。


メンバーも、警備のバイトも怖くて

このままじゃ握手会は出来ないですよね。

そんな厳重にやったら採算合わなくなるぜ?

なんて言うんだったら、CDの料金を値上げすべきでしょう。






今回の事件に関しては、

粛々と対応するしかないと思います。


今から20年以上も前に、

アイドルで大々的に握手会なんてやろうものなら

今よりももっと大事件が起きていた気がします。


メンバー2人を助けようとした

男性スタッフ1人の怪我具合が気になるところです。



この事件をきっかけに、

アイドルを辞めるメンバーがいたとしても

それは止められないことです。


アイドルは、

若い女の子は

知名度が上がることによる危険も伴います。

男のアイドルでも同じかな。

アイドル怖くなりました、

辞めたいです。

そのメンバーは止められないです。

1万人の善良なファンがいても

一人の異常者がいれば

それで終わりです。

ただ、アイドル以外でも

金持ちになれば

犯罪の被害にあう確率は上がるでしょう。


これは残念ながら人間社会の限界だと思います。


日本国内に人間が1億人以上いて、

全てが常識をわきまえた正常な人、ではない。


アイドルでなくても

突発的な事件に巻き込まれることだってあります。

大きく報道されていないだけで

日本中で犯罪は起きています。

犯罪白書などの統計資料を見れば

その多さに驚きます。


今回の事件に関しては、

粛々と淡々と経過を見ていくしかありません。


たぶん、この事件は

「AKBが~」

という文脈で語るべきでは無いんだと思います。


犯罪をどう防いでいくか、

どんな社会を、どんな教育を作っていくべきか。

そういう話なんじゃないだろうか。







2014年5月27日

« AKB総選挙2014、我が軍の苦戦を救うのは誰か | トップページ | 『超遅報1/2』第6回AKB総選挙・SKEは死せず »

48グループ全体」カテゴリの記事

一般論と48グループ」カテゴリの記事

コメント

さっそくのコメントありがとうございます。

AKBにとって握手会やハイタッチは大切なイベントですので、
再開されれば、警備を厳重にして行っていくことになりそうですね。
今年の総選挙は予定通り行われるようです。

私は、推しメンでもある入山杏奈さんが特に気にかかっているところです。
この事件が起きる前は、推しメンたちの中でも、
入山さんを含めた数名のとりわけ大好きなメンバーたちに票を入れようと思っていましたが、
事件後、入山杏奈さん1人に投票することを決心して、早速投票をすませました。

速報で、あんにんは77位とかなり苦戦しているし、
事件で身体的にも精神的にも被害を受けているあんにんをこれ以上悲しませるわけにはいかない。総選挙で順位があがって元気になってもらえたらと思っています。

入山さんと川栄さんが16位以内の選抜メンバーになれますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事件について「AKBの文脈で語るべきではない」:

« AKB総選挙2014、我が軍の苦戦を救うのは誰か | トップページ | 『超遅報1/2』第6回AKB総選挙・SKEは死せず »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ