« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

さあ、ナゴヤドームだ!

バトルドームじゃないぜ、

ナゴヤドームだぜ!



2014年2月1日と2日。

SKE48単独でのコンサートが

ナゴヤドームで開催されます。

もちろん、私は二日間とも参戦します。

スタンドの上のほうだけど。



このナゴドコンサートだけは、

純粋に大いに盛り上がろうじゃないですか。


ユーチューブの煽り動画を見て、

テンションが急激に上がってきたぜ。







きっと、秋元康さんもどちらかは見に来るでしょう。

AKB48の運営の偉いさん方も来るでしょう。

見せてやろうじゃないですか、

SKE48の盛り上がりを。







コンサートで一番声が大きくなる瞬間はどこでしょうか。

SKE48コール?

珠理奈や玲奈コール?

卒業を控えた茉夏コール?


きっと、違う。


SKE箱推しファンが一番やりたいことは

「ナゴヤドームの中心で、佐藤実絵子と叫ぶ」


土曜日と日曜日で、「涙の湘南」は片方しか

やらないかもしれません。

二日間ともやって欲しいですけどね。


確実に、この曲で大きな声が出ます。

涙の湘南のイントロが流れた瞬間に、

SKEファン全員の背筋が伸びるハズです。



「っあ~~~~~、さっとー、みえっこ!!」


ナゴヤドームをぶち壊す声を上げてやりましょう。


そして、Bメロの「あいりん」コールは

俺が5万人で一番大きな声をあげてやるぜ。


花音と阿弥ちゃんの「わがままな流れ星」も盛り上がる。

なにせガイシコンサートで、

「次はドームで!」とセリフで言った曲です。

待ってるぜ。





高柳明音大先生の持ち歌「クロス」では

みんなで「超絶イケメン!あかねー!」と叫びましょう。



フィンランドミラクルであろうと無かろうと、

茉夏には精一杯のありがとうの声を。



SKE最高のユニット曲「Glory days」は

大事な場面で使われるでしょう。

土曜日か日曜日の一曲目の可能性もあるかな。

みずきのポジションを真那でやる気も…。




「オキドキ」や「1!2!3!4!ヨロシク!」は

どんな場面で使われても、超盛り上がり。


SKE48の、初めての単独でのドームコンサート。



超絶盛り上がろうぜ!








2014年1月31日

2014年1月30日 (木)

大組閣について・大シャッフルと珠理奈移籍は禁止だよね

本当に、

最近のSKE48を取り巻く動きが激し過ぎる。

ネタが大きすぎて気軽に記事が書けない始末。

忙しいとなおさら。


悪循環。








さて、

茉夏と聖羅の卒業発表については、

完全にタイミングを逃しました。


茉夏に関しては

箱推しの人ならば事情はよくわかると思います。

茉夏は「会いに行けるアイドル」を

何年間もやれる人では無かったと思います。

ここまで活動が出来たのは、

ちゅりやあいりんなど仲間に恵まれたおかげでしょう。


純粋に、茉夏にはお疲れ様。


単推しの人はきついでしょうけどね。









さてさて、2014年1月26日に行われた

AKB48リクエストアワー2014セットリストベスト200、

101位~125位が発表された日に

いつものように、運営からイベントの発表がありました。

(101位のごめサマには魂が震えたぜ!)






2014年2月24日に

 

「AKBグループ大組閣祭り」をするそうです。





ふうん。

大組閣だってよ。

AKB48だけでなく、

姉妹グループも含めた組閣だってよ。






現時点では、詳細は不明です。

恐らくネットの反響なども考慮して

これから決めていくのでしょう。




私たちSKEファンはネット上で声を上げていくしかない。



「単純に全グループをシャッフルする大組閣なら

 

 俺たち箱推しの興味が小さくなるぞ」








もちろん、いろんなファンがいるでしょう。

単推しの人は、推すメンバーがどこにいっても応援する。





大組閣によって、

現状よりも大きなチャンスを貰うメンバーは出てきます。

絶対に出てきます。



大組閣がプラスになるメンバーは絶対にいます。




SKEで、NMBで、HKTで伸び悩んでいた子は

AKBに移ることによって、テレビでの露出など

メディア仕事が増えることもあるでしょう。









では、いわゆる箱推しにとってはどうでしょうか?

私はSKE箱推しですが、

好きなメンバーに序列はあります。



玲奈、ちゅり、あいりんは

大組閣があったとしても、

AKBやNMBなどに行っても

応援できると思います。

(珠理奈は話が複雑なので後述)






ただ、他のメンバーは

 

どこに行っても今と同じように応援できるとは

 

言い切る自信はありません。






もしも、AKB48のチームに

ゆりあ、花音、阿弥ちゃんが行ったら?

真那がSKE以外に行ったら?

真木子やきょんはSKEだからこそ応援できる存在。

SKE48では無い加藤るみなんて、

見たくないのが正直な気持ちです。





もちろん、メンバーによっては

他のグループに異動したほうが

活躍の場が広がるかもしれません。



ただ、私はSKEメンバーの親でも

何でもありません。

ただのSKEファンです。



私は関東住まい、東京住まいです。

それでも、

やっぱり名古屋は栄のSKEが、

 

桑原みずきが育てて、

 

矢神久美が輝いたSKEが好きなんですよね。











大組閣の目的は何か?

48グループ全体での刺激を与えるため?

AKB48の超選抜卒業の穴埋めのため?

プラスになる組閣だとして、

姉妹グループで埋もれた才能を活かすため?




プラスになる組閣だとしても、

完全な全グループシャッフルが行われれば

私のSKEに対する気持ちは小さくなる気がします。


私はSKEメンバーの

親でも無い。

兄弟でも無い。

恋人でも無ければ、友達でもない。


ただのファンです。




「俺の好きなSKE48」が無くなれば

 

応援する気力も、

金を払う気も無くなります。



ファンだからです。











とは言っても、このあたりは運営は百も承知でしょう。

完全なシャッフルを行えば

今まで培ったものがゼロになる。


組織全体が潰れる、

運営側で働く社会人たちが無職になる危険なんか

簡単には踏み込めない。




現状ではどんな大組閣になるかわかりません。

運営も最終決定はしていないでしょう。

もしかしたら、AKB内では大きな組閣でも

SKEなど姉妹グループにとっては小さな人事異動になるかもしれません。



「なーんだ、数人が入れ替わっただけじゃん」



SKEにとってはそんな組閣になる気がします。





ただ。

ただ。

ただ。



その数人の一人に、

ウチの大エースが入っていたら話は別です。

AKB48は、前田敦子、板野友美、篠田麻里子など

大人気を誇ったメンバーが近年に卒業していきました。


そして、大島優子も卒業します。


一方で、勢いのあるのは姉妹グループ。

AKB48を大事にする視点からは、

喉から手が出るほど、

48グループ全体のセンターを任せられる人材を

AKB48の正式メンバーにしたいでしょう。





もしも自分がAKB48専属の運営上層部の人間だったら?


松井珠理奈が欲しいに決まっている。



大組閣と言っても、

SKEからは3~5人程度がAKBに行くだけかもしれない。

でも、その数人の中に珠理奈が入ってしまえば

話は大きく変わります。


巷の噂では、SKEのナゴヤドームコンサートで

大組閣に反対する署名運動を行うとか。


良いでしょう。



でも、大組閣の内容がわからない時点では

署名活動もイマイチになるかもしれません。



大組閣がSKEにあまり関係ないことになる可能性もあります。

せいぜい、兼任メンバーが多くなる、

程度の可能性も十分にあります。




ただ。

ただ。



珠理奈だけは勘弁してくだい。


あの子がどれだけ、「SKE48」のために頑張っているか。

AKBとの兼任を、

どれだけ立派な社会人精神で乗り越えていることかと。

SKEファンであれば、

ありとあらゆる場面で

松井珠理奈が

「SKEがこれからどうやって全国で~」

と話していることを、

話し続けていることを知っています。

秋元康さんは、きっと知らないでしょう。







このブログでも何回も書いていますが、

珠理奈の立場で

「AKB兼任は嫌だ。SKE専任が良い!」

なんて言えるわけがありません。



ありとあらゆる人に迷惑をかけることを、

 

松井珠理奈が言えるわけがありません。



ええ、わかります。


珠理奈はこれからも末永く芸能界で活躍するでしょう。

東京に行ったほうが芸能界では有利でしょう。


ただ、珠理奈はまだ16歳です。


芸能界で長く活躍している人間が

10代から東京でテレビに出ていたか?


違うよね。


まだまだ、これから名古屋で

自分がやりたいように活動していく時間は十分にあるし、

東京でテレビに専念するのは早いよね。

名古屋で、AKBでは無く、

SKE48のセンターで活動している時間、

立場、挑戦心を培ったほうが

今後の数十年間に生きる、んじゃないですかね。












大組閣に関して、短くまとめます。

SKEにとっての大シャッフルは

たぶん、ない。

もしもするなら、

ナゴヤドームコンサートが

多くのファンにとってオタ卒の会になるでしょう。


その後に多くの新規ファンがつくかどうかは、

知りません。

そんな危険な賭けを

大規模になったAKSはしない、と思います。



SKEチームKⅡを、

ほとんどそのままAKBチームKにする、

というテクニカルなシャッフルはあるかもしれませんが。







そして、

SKEにとっての小シャッフルはあるかもしれません。



SKEのイチ箱推しとして、

特定メンバーのファンとして。


運営に言いたいことはたった一つ。





「松井珠理奈はSKE48」












2014年1月30日

2014年1月 9日 (木)

明けまして、研究生の「制服の芽」

明けましておめでとうございます。

新年の記事としては遅れましたが、

2014年のスタートです。


今年の年末年始は9連休などで

長い休みだった人も多いんじゃないですかね。

年末の紅白、CDTVなどでのSKEの活躍。

良かったですよね。

特に良かったのは玲奈でした。

鬼気迫るオーラ。

視聴率が爆発的に高い番組は

今後のSKE全体の活動に大きな影響を与えます。

どのような気構えで臨むべきか。

どのようなパフォーマンスをするべきなのか。

流石は松井玲奈、の一言です。




年末年始は忙しい人も多かったと思います。

でも、SKEの情報はネット上で

簡単に拾うことができます。

2chの書き込み、まとめサイト、

ユーチューブなどで動画を作成する人。

いろんな人がSKEを盛り上げているなあと思います。

ファン、というか消費者(お金を払う人)側が

ここまで盛り上げるコンテンツって珍しいんじゃないでしょうか。

2014年も、SKEを盛り上げるファンの端くれとして

時間のあるときに記事を書いていこうと思う次第です。




今年は2月に名古屋ドームがあります。

もちろん、両日参戦。

ワクワクです。












2014年、一発目のSKEの劇場公演。

1月5日に登場したのは研究生。

披露するのは、SKEのオリジナル公演である「制服の芽」

短めに感想を書いていきます。






一曲目の「恋を語る詩人になれなくて」

いきなり泣きそうになりました。

センター、うはの髪型が珠理奈に似ていて感慨深い。

全員のメンバーの動き、

レベルは高いと思います。

なんだろう。

全員が楽しそうです。

メンバー全員が真那に見える。




3曲目の「アンテナ」

手と足を左右に振る動きが激しく揃っている。

桑原みずきの姿が何故か見える。

SKE6期を中心とした、現在の研究生。

間違いなく、SKE48イズムを持っているようです。




4曲目の「制服の芽」

全員がにししに見える。

各曲ごとに、最高の手本をベースにしているのだろうか。

いや、この曲に関しては

あまりにも全員が中西優香。

表情、ダンス、手を頭の上にする動き、

全てがにししそのもの。

この曲は本当に

にししが指導しているんじゃないかあ。

かおたんの汗が美しいぜ、ちきしょう。





自己紹介で一瞬思ったこと。

あれ、かおたんが可愛くなっている…?

自信は女を変える、か。






ユニット曲は、全体に時間が足りなかったのかも知れない。

踊りじゃなくて、歌の話です。

もちろん口パクなんだけど、

緊張+踊りに集中で

口パクも出来てない人がほとんどだった、かな。








ユニット後の全体曲「ジェラシーのアリバイ」では

完全にSKE48の動き。

旧Sの幻想まで勝手に見えます。

全体曲は相当な練習をしてきたことがわかります。

とにかく、みんな激しい。

この曲は珠理奈ベースなのかな。







「Doubt!」に関しては

絶好調の玲奈が見本だろうか。



「仲間の歌」は独自に見えます。

大きな箱でのコンサートでは自分たちも

披露している曲ですから、かな。

過剰なまでのやる気。

実絵子の姿がダブるぜ。






やっぱり、全体曲はキレが良い。

ユニット曲とは大違い。

これって、

ユニット曲は直前まで

メンバーの配置が決まって無くて

練習が出来てなかったのかな。






アンコール後の「ピノキオ軍」でもみんなが元気。

この活力を見たら、

玲奈は嬉しくて泣いちゃうんじゃないだろうか。










6期メンバー全員を完全に把握していないけど、

1月5日の制服の芽公演で印象に残ったのは、

ゆめち、日高優月、おぎりー、クマちゃん。

まだ名前と顔が完全に一致してなくて

中途半端な感想です。



他に1人だけ気になったのは

たぬぷーこと、北野瑠華。

ルックス、ダンス、やる気。

この子は芸能人が向いている。

これは売れる。

(芸能人が向きすぎて

 くーみんみたいにならないかが心配)









最後の曲は「手紙のこと」

公演全てを完全にやり切る。

この辺はベテランのわんちゃんがお見事。











いやいや。


SKE研究生による

SKEオリジナル公演の「制服の芽」

とても良かったです。

伸びていくのは間違いないでしょう。


今は一月です。

ここから、SKEオリジナル公演を全力でやる。

ネットを中心に評判は広まります。

SKEファンは熱い人間たちです。

今年もAKB総選挙があったら、

今の研究生から一人ぐらいは

ランクインするんじゃないか?

それぐらい良かった公演です。






少し昔の話ですが、

斉藤真木子が研究生公演のセンターだった時がありました。

「SKEの研究生が凄い」

そう言われました。

2014年のSKE研究生。

その素地は十分にある。


後は、やったもん勝ちです。


誰が飛び出てくるかはまだわかりません。

一体どうなることか。

大化けするのは、誰か。

そんなことを考えるのが

SKEを応援するファンの醍醐味ですかね。















2014年1月9日

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ