« 第4回選抜総選挙感想①「世界で1番の63位」 | トップページ | 第四回選抜総選挙・感想③「んんんんん、1コメダぁぁあああ」 »

2012年6月 8日 (金)

第四回選抜総選挙感想②「未来が始まる木本花音と矢方美紀」

さあ、第4回選抜総選挙の感想、

二本目になります。


一本目は中西優香だけで一本書いてしまいました。

仕方ないですよね。



SKEファンにとっての一番大きな出来事

一番最初に来てしまったのですから。



しかし、やはりAKBの選抜総選挙ではありました。


中西が速報63位。

最終結果も63位でした。


しかし、速報で入っていたゆっこ、もきゅ松は

残念ながらの落選。


最終的な結果としては二人とも

速報だけの票では無かったと思います。


全くわかりませんが

最終的には4000票以上は入っていたんじゃないでしょうか。



もきゅ松こと平松可奈子さんはSKEでも安定した人気を持っています。

そのルックスは一般受けする高いレベルであり、

安定のトーク、声の面白さなどキャラも立っている。



ゆっここと木下有希子。

ハーフであるゆえの特徴的な顔立ちと

ダンススキルの高いSKE48でもトップ級のダンスレベル

最近はいろんなネタから人気が出てきたからこそ

今回は期待できたのですが…。





第4回総選挙での立候補者は237名。

ここまで大所帯になれば当選するのは至難の業です。


特にSKEメンバーにとってはまさに高く、大きな重い扉です。



そんな重い扉をこじ開けたのが

チャレンジ精神旺盛な19歳の女の子



「ひー! ふー! みきてぃー! えむっ!」


62位にチームKⅡより矢方美紀がランクインしました。


本当に

良かったです。


みきてぃーの速報での37位はあくまで参考です。

AKB48の選抜総選挙という意味では、

SKEメンバーならば最終結果が速報より落ちるのは当たり前です。


しかし、みきてぃーはAKBの総選挙にて当選しました。

ワンチャンス、掴み取りました。


矢方美紀に集まった5606票。

心から自信を持って良い票数です。


矢方美紀がAKBの総選挙にて選ばれる。

SKE48の勢いを示す象徴になりました。


選挙に投票するようなAKB48ファンならばW松井は知っているでしょう。

ちゅり、くーみんを知っているだろうし、

NMBのさや姉、みるきーを知っているでしょう。

でも矢方美紀を知らないAKBファンは相当数いたはずです



AKB総選挙の62位に

SKEはチームKⅡ、矢方美紀アリ。


それはAKBファンにとっても驚愕の事実です。



「SKEはすげえな」


そう思わせることが出来たんです。


対メディアじゃない。

AKBだけに興味がある人々に対して

矢方美紀は強烈なイメージを残したんです。


さあ、みきてぃーのアイドル人生が始まります





そして今回の総選挙では

49位~64位がフューチャーガールズとして選ばれます。


SKEメンバーでその枠組みに選ばれたのは

63位中西優香

62位矢方美紀。



そして。



56位、

SKE・チームEより

木本花音でした。



正直に言って、

私の中で一番悲しい順位のメンバーでした。


でも、ここで書きたいことは

木本花音に5982票という多くの票が集まったことです。


そして、花音は現在14歳です。

これから人生が始まる年齢です。


花音はチームEの代表です。

でも、まだ中学3年生です。



つい最近のぐぐたすでの花音のコメント。

「なぜ自分はチームEのアピールが出来なかったのか…」



周りの大人が絶対に助けてあげなければいけない。

SKE研究生をアピールしたかおたんは22歳。

第4回総選挙で最高の演説を行ったマリコ様は26歳です。

木本花音は14歳です。



人生経験の浅い少女が20歳以上の大人と同じことは出来ません。


今、花音は珠理奈が味わっていた地獄を生きています。

SKE運営は、AKB運営は、秋元康さんは知っているはずだ。

珠理奈がかろうじて、ここまでこれたことを。


この経験をバネにして花音は強くなる可能性が高い。

けれど他の可能性もあります。



SKE48の運営を行っている大人たちは木本花音を

チームEのことを本気で考えて行動して欲しいと願います。




そして、木本花音に投票した5982票。

全てが美しい投票数です。


49位~64位の間は1000票の差しかありません。

例えば56位の花音と60位の小笠原茉由の差はたったの63票です。

石油王ではなく普通のファン10人程度で動く票数です。

64位との票数差はたったの584票でした。



SKE48のファンが、チームEのファンが花音を救いました。



花音に関しては壇上に登ることが出来たことで良かったと思いましょう。

今回の第四回選抜総選挙、

1位~64位を見ても14歳という年齢は飛び抜けて若いです。

花音が批判される必要は無い。



急がば回れ。



若さは遠回りすることが許される強い武器
です。





花音、みきてぃー、にししの三人がフューチャーガールズに選ばれました。

64位までのメンバーに15人が選ばれたSKE48。


選挙当日からメディアで報道される「SKE大躍進」の文字。


欲張り過ぎてはいけないですよね。


武藤十夢、はるきゃん、菊地がメインの曲。

そこに花音とみきてぃー、にししが

咲き乱れることを期待しています。





2012年6月8日

« 第4回選抜総選挙感想①「世界で1番の63位」 | トップページ | 第四回選抜総選挙・感想③「んんんんん、1コメダぁぁあああ」 »

SKE48全体」カテゴリの記事

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四回選抜総選挙感想②「未来が始まる木本花音と矢方美紀」:

« 第4回選抜総選挙感想①「世界で1番の63位」 | トップページ | 第四回選抜総選挙・感想③「んんんんん、1コメダぁぁあああ」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ