« 第四回総選挙・感想⑦「世間はまだ、松井玲奈を知らない」 | トップページ | 第四回総選挙・感想⑨「NMBとHKTの雑感」 »

2012年6月24日 (日)

第四回総選挙・感想⑧「一緒に階段を上ろう」

AKB第四回選抜総選挙、

SKEメンバーに関しての感想ラストです。

ラストを飾るはSKEメンバーとして最高の順位を獲得したメンバー。



第9位に松井珠理奈が選ばれました。


正直言って、当日は玲奈の10位がショック過ぎて

珠理奈の9位のときの記憶が無いです。


ということで冷静になった現時点での感想を書いてみます。



まず、珠理奈の9位は純粋に喜ばしいことです。

第3回での14位を考えれば大きなランクアップ。

また、姉妹グループ初の一桁順位という名誉も獲得できました。



さらに4万票以上を手にしている11位以上において

珠理奈の15歳という年齢はダントツで若い。


これからの珠理奈のことを考えれば

9位という順位は純粋に名誉なことです。


そして、珠理奈推しという立場から見ても9位を嬉しく思います。


というか9位という順位は

これより上位よりも

15歳の珠理奈にとってはベストな気がしています。


何度でも書き続けますが

松井珠理奈は本当に若い女の子です。


女性と表現するのがまだ似合わないほどの女の子です。


上位にいけばいくほど多くの人間からの注目を浴びる。

今のAKBの規模を考えると

地下アイドル時代の比では無い注目を浴びます。

同時に多くの批判も浴びます。


ある程度の人生経験を得て、大人になっているならば

そんな批判も肥やしにしてたくましく成長することが出来ます。


ただ、珠理奈はまだ15歳になったばかりの高校一年生です



例えば今回の総選挙で珠理奈が3位をとったとする。

メディアがひっきりなしに珠理奈を取り上げるでしょう。

「珠理奈という子は大人びているけど、まだ15歳なんです!」

そんなネタが毎日のようにテレビに流れる。


チームKも兼任してさらに忙しくなっている珠理奈に

これ以上の激務は酷です。


珠理奈に関しては

少しずつ、ゆっくり階段を上るのがベストでしょう。





そして今回の総選挙で珠理奈がSKEで一番手になった理由は

まさに頂いたコメントの通りだと思います。


あっちゃん不在での次期エースを求める声、

兼任騒動、激務からの中学生が過労で入院。



幅広いSKEファンからの一票が珠理奈に投票された結果
が出たんでしょう。





AKB総選挙に関しては世間一般の誤解もあると思います。


世間一般は

「少数のコアなファンが一推しのために

 CDを何百枚も買っている選挙」

と思っているでしょう。


しかし、実際は

「多数のライトなファンがその時点で

 好きなメンバー数人に投票している選挙」

になっているのではないでしょうか。



ファンクラブ枠での投票権を含めて、

一人3票ほど持っている人が一番多い気がします。


そんな人たちは1推しに3票いれると言うよりも

1推しに1票、2推しに一票、その時点で入れたい人に1票。


そんな感じで投票している人が最大派閥ではないでしょうか。


今回の総選挙に関しては

そんな人たちの一票が珠理奈に集まったのでしょう。




そんな風に投票先が決まっていく。

そうならば、たしかに

玲奈に関してはSKEファンの油断があったと思います。


なにせ私が玲奈に一票も投票していないのだから。

油断してました。

すいません。



さてさて珠理奈の9位と言う順位に関しては

本当にベストだったと思います。

期待以上でもないけれど、期待以下でもない。

まさに私の期待通りの順位でした。


そして、珠理奈のファンは檀上で珠理奈と約束してしまいましたからね。



チームSとしてチームKとして全力投球の珠理奈と、

一緒に階段を上っていくと。


もちろん珠理奈は

「これからも応援よろしく」

という意味で言ったのだと思います。


しかし、ここは珠理奈ファンは勝手に良い風に理解しましょう。


どういう風に解釈するか。

何となくの私の思いですが

珠理奈を応援している人は上昇志向が強い人が多い気がします。


どこまでも全力投球な珠理奈を見て尊敬しながらも

自分もああなりたい、ああならなくてはならないと

思っている人が多いのでは。



10歳以上も、一回り以上も年下の女の子があんなにも頑張っている。


自分が小学生時代、中学生時代は

珠理奈の10分の1も頑張っていなかった。


でもまだまだ間に合う。



珠理奈のように全力投球すれば

どんな人であれきっと人生は輝く。



珠理奈を応援する中でいろんな人がいるはずです。



会社での出世争いを頑張る人。

就活を、転職を目指して頑張る人。

組織を出て独立を目指す人、会社を立ち上げようとする人。

仕事は無難にこなしながら人生をしっかりと生きていく人。

結婚を子育てを頑張る人。


全ての人たちと一緒に

松井珠理奈と「一緒」に階段を上っていきましょう。





2012年6月24日

« 第四回総選挙・感想⑦「世間はまだ、松井玲奈を知らない」 | トップページ | 第四回総選挙・感想⑨「NMBとHKTの雑感」 »

松井珠理奈」カテゴリの記事

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

SKE48・チームS」カテゴリの記事

コメント

今回の総選挙、玲奈ちゃんの神7入りかと思っていたので、珠理奈より先に呼ばれた事は驚きました。テレビの生放送をみてただけですが、珠理奈も玲奈ちゃんが先に呼ばれた事に正直驚いてたように見受けられました。

珠理奈は順位を上げても下げても色々言われます。厳しい世界にいるとはいえ、一般社会では有り得ないくらいです。それを小学生の頃から…と思うと言葉にできません。珠理奈の扱いに不満を持つ人もいますが、それだけの魅力をもっているんだとおもいます。ブラックボードをみて、演技力そのものよりも、存在感、華があると感じました。 でも男の子は玲奈ちゃんのように可憐な子が好きなんだろうなぁと。

総選挙、玲奈ちゃんの涙する姿は綺麗でした。珠理奈の涙する姿は美しかった。二人が同じ時期に同じグループでいた事の奇跡を改めて感じました。

はじめまして
私も玲奈推しではないですが5位ぐらいにはいくだろうと思ってたのでショックでした
ただ、選挙後色んな人のブログ等見てると(このコメ欄にもいますが)玲奈推しの人は「秋元が〜」とか「事務所票が〜」と言ってる人が多くてこれじゃ来年も厳しそうだなと思いました
珠理奈より上か下かは問題ではなくて玲奈が思ったより伸びなかったのが問題だと思ってるので
真夏で悪いポジだったのはむしろファンが奮起するかと期待してたのですが・・・

 初めてコメントいたします。
いつもブログの更新を楽しみにしております。

 私も玲奈ちゃんと珠理奈の順位にびっくりしましたが、
握手会や、コンサートに行くだけがファンじゃないのだよなぁと
思いました。

 実際、自分は今まで48グループ関連の現場には
一切足を運んだ事がないのですが、この総選挙の投票だけは
毎年参加していて、今年は持ち票の2/3を珠理奈に
投票しました。(残りは優子さん)

 きっと、こんなファンがいっぱいいるのかも知れない。
そう思いました。

 そんなファンが来年も残っているのかどうかは
疑問ですが、今年はこういう事になったのかなぁと。

 私は、ゆっくり成長していく珠理奈を
ずっと、見て行きたいなぁと思っていますけどね。

珠理奈の9位、自分はかなり複雑で、素直には喜ぶことができなかった。それは玲奈ちゃんとの人気差だったり、
兼任発表から総選挙までの流れを見ても珠理奈が玲奈ちゃんを上回るために秋元Pが働きかけた感じがしたから。
もちろん珠理奈は入院やガイシコン・S公演・握手会での不完全燃焼は本当に悔しかったと思う。

それに前田敦子の卒業発表がきっかけで世代交代の動きが急速に高まったこともあります。その流れは投票券付き
シングルも有力若手メン(ゆりあ・花音など)が増えてMステでは玲奈・山本は後列でほとんど映ることがなかった。
かなり露骨すぎるんじゃないかと、やり方に嫌悪感を抱きました。そして前田卒業後はシングルやK公演での優子や
まゆゆとのWセンター体制をもってくるだろうなと。もう秋元Pには48グループでの珠理奈の育成カリキュラム構想が
出来てるかもしれません。自身が見出したセンター候補を確実にグループのトップとして君臨させるために。
ただし玲奈ちゃんがここまでくるとは想定してなかったでしょう。まぁこれらはあくまでも憶測でしか無いのですが…。

それと珠理奈の全力さは諸刃の剣、それは本人も重々わかってるよですが、キャパを把握してバランスの取り方を
考えていかないといけません。あとはブログの更新頻度と内容でしょうか。公式ブログは間隔が空きすぎで、
これでは好きな言葉の“年中無休”が空しく響きます。一向に改善されないのは本人・運営が甘すぎです。珠理奈だから許される。そんな甘っちょろい考えじゃ他メンやファンに対してとても失礼だし、何らかの罰則はあってしかるべき。
あと文章は年相応かもしれませんが、ちょっと浅いような印象を受けます。年齢や経験で変わるかもしれませんが、
玲奈ちゃん・真那・しゃわこなどのその人でなければ書けないような文章はセンスによる所が大きいと思います。
それに発信ツールが4つもある中での使い分け・更新頻度は玲奈ちゃんが仕事量を踏まえると超人クラスの領域だし、
これはもう他メンとは良い意味で思考回路が違うとしか言いようがないくらい。珠理奈も見習ってほしいです。

最後に12歳でセンターに抜擢され、背負いきれない重圧・批判・責任の中でも挫けず前に進んできた若きエース。
これからも変わらない珠理奈でいるために変わり続けてほしい。自分からのエールです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四回総選挙・感想⑧「一緒に階段を上ろう」:

« 第四回総選挙・感想⑦「世間はまだ、松井玲奈を知らない」 | トップページ | 第四回総選挙・感想⑨「NMBとHKTの雑感」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ