« 応援演説⑰チームS・松井珠理奈「主人公」 | トップページ | 松井珠理奈がチームK・RESET公演に出演「乗り越えた過去」 »

2012年5月28日 (月)

第四回総選挙・SKEメンバー応援演説「あとがき」

2012年4月27日から始めたSKEメンバーの応援演説

5月26日の17人目、松井珠理奈を持って完結いたしました。


17人の応援演説

皆さん、いかがだったでしょーかー!



まずは数多くの記事を読んでくださった皆さん、

ありがとうございます。


応援演説を始めてからアクセス数は急増

今までは間違ってこのブログを踏んだ、

というアクセスが多かったと思います。

(風吹、枯葉の飛ばし風の記事がトップのアクセス数だったもんで)


しかし、最近はじっくり読んでいただける人が増えて嬉しく感じます。


温かい励ましのコメントもありがとうございます。

そのコメントのおかげで17人頑張りきれました。


途中から自分一人で書いているわけじゃない気分に。

何度もコメントを書いてくれる人やメールをくれる人もありがとうございます。

何か、このブログのコミュニティー全体で書いているような気持ちでしたよ。





というわけで応援演説のあとがきを。


応援演説はかなり文章に気を使ったので、

「あとがき」は全く気を使わずに、

長文をだらだらと書かせていただきます。


しかし、誤字脱字修正のためにも何回か自分で読み直していますが

我ながらよくぞここまで魂こめて書いたな、と。


17人の応援演説ですが、当初はもうちょっと短い記事で

多い人数を書くつもりでした。


しかし、あまりに気持ちが乗り過ぎて長文になり、

時間が足りなくなったんで人数を途中から絞ってしまいました。



もきゅ松、ゆっこ、りかチャンス、みえぴー、まつりな、きょん、

梅ちゃん、こあみ、阿弥ちゃん、真木子には正直スマンかった。



演説の順番で頭を使ったのは1人目のみきてぃー、

誕生日の茉夏、ラスト三人の花音、だーすー、珠理奈です。

玲奈が中途半端な位置にいるのは、

単純に定時で仕事が終わって一日玲奈のために

時間をかけられた日というだけでした。



まあ、表題にある通り私は48グループファンとしてはニワカです。

応援演説で事実誤認があるとカッコ悪いんで

正しいソースを確認して文章を書いていました。


仕事と一緒ヤン。



恥ずかしくて人には言えないぐらい
17人の応援演説には

時間をかけましたが、何も後悔はない。


さて速報結果を踏まえて一人ずつ応援演説の感想を。




最も注目して欲しかった人として一人目にみきてぃーを選びました。

(2310字)



速報の37位には感動の一言です。

64位以内に入るかどうか?

ぐらいだと思っていました。

なんで、速報をツイッターで見ている途中で

「ああ、やっぱりみきてぃーは無いのか…」

なんて落胆していたんですけれどね。


総選挙の順位が全てじゃないけれど、

日本武道館でやっほーと叫ぶことが出来るかもしれないです。




2人目には純真アイドル真那。

(1613字)


私的には好みの顔なんですがSKEの中で

なんでこんなに人気あるんだろな、と思ってました。


ただSKE全体のファンになると真那の良さがわかりますよね


今回の速報でも貫録の28位。

今まで圏外メンバーは速報に全力を賭けたとは思いますが

安定人気の真那はむしろここより上がりそうです。

心が美しい人が評価される。

みんなみんなの温かさに乾杯です。




3人目には鳥娘、ちゅり。

(2264字)


書くときには久しぶりに第3回総選挙の映像も確認しましたが

あの魂の叫びはやっぱり凄いです。

途中で雑感記事でも書きましたが、書いていて惚れました。


いわゆる「めんどくさい女」に分類されると思いますが

俺はそんな女が大好きだ!


速報では20位。

ちゅりは速報に全力、って立ち位置でも無かったでしょうから

SKEファンとしては安心できます。

ちなみに応援演説序盤のここでコメントをくれた人

ありがとうございます。

凄いやる気がでました。




4人目には金ちゃん。

(1728字)



急激に可愛くなっています。

正直言って速報64位以内には安心だと思っていたんですが…。


ただし、ネタキャラとしての魅力も確立しつつあります。

S女でも「スナックしおり」のメインに抜擢。

来年あるなら当確メンバーでしょうし、

今年だって逆転もあり得るでしょう。




5人目にはゆりあぴーす。

(2189字)


仕事帰りで夜遅い時は「寡黙な月」を聞きながら

夜道を歩いていましたが

この曲ではゆりあの顔しか想い浮かばないです。

ゆりあの顔はタイプじゃないんですが

誰が見ても可愛いのはわかります。



特にアラブルのMVでは圧巻の可愛さですね。


速報は35位。

今回はこれより順位は上がるんじゃないかなあ。




6人目にはあいりん。

(3553字)


ここから一気に気分が乗りました。

もともと好きな子ではありました。

歌、絵、MC、変態と高い能力を誇った上に可愛い。


発表されていないだけで、

今までの総選挙でも40位台にはいたんでしょう。


SKEの知名度アップ、KⅡの知名度アップで

64位以内には来ると思っていました。

64位以内には、くると思っていました。



速報でまさかの22位!?


AKBの選挙の鬼、あみなとたったの52票差。

AKB次世代旗手の超エース、ぱるると同じ票数。

ゆっぱい、オカロ、もっちい、はるごんよりも上位。


あいりん本人はこの順位を見て泣きました。

もう一度書きます。

あいりんの涙はSKEファン全員の涙です。


第三回総選挙の方式なら、

あいりんがアンダーガールズのセンターですからね。

巷でも言われるように、AKBチームKの梅ちゃんと同じく

ハイスペックの能力を持ちながらスポットライトが当たらなかった女性。



今まで圏外メンバーとして最高の順位がSKE48の古川愛李。


こんなに嬉しいことはない。

流石に22位死守は難しそうですけれども。

しかし。

HKTモバイルに登録して、あいりんに一票。

やるしかない。




7人目には、にしし。

(2739字)


私は珠理奈ファンです。

ならば必然的に、にししが好きです。

私はボーイッシュな女の子が大好きです。

ならば必然的に、にししが好きです。


書いていて、気持ちが乗り過ぎた一人です。

自分で感動してましたからね。


でも、私は総選挙は諦めていました。

「速報だけでも入れば…、無理かな…」

そんな言葉も吐きました。


しかし、第4回総選挙速報で中西優香に618票

順位は63位


本当にギリギリの票数。

団子状態であっただろう60位~70位。


その中でにししに618票を投票した人、

みんなを胴上げしたい。


「にししに投票しようぜ!速報だけでもいれようぜ!」

その言葉に賛同できても

「でもやっぱり、無理だよな…」

そうなります。


死票覚悟、

でも48グループの苦労人でもあり

SKE最高のパフォーマーである優香に票を投じたみなさん。


感動をありがとう。


水曜に届いたシングルの投票権、

慎んで優香に投票させていただきました。

日本武道館で中西優香が檀上に立つ。

SKEメンバー全員が、SKEファン全員が一番感動する夢です。



速報63位という結果を見れば、

「じゃあ一票だけでもにししに…」

そんな人が日本中にいますよ。


SKEファンは何万人もいます。

SKE48ファンの清き一票。

感謝の気持ちが全国から集まって

中西優香は日本武道館に届くと祈っています。




8人目はくーみん。

(3223字)


書いていて凄いラクでした。

なにせ

「矢神久美は天才!」

全くぶれない軸があるんですから。

頂いたコメントでもそうですよね、くーみんは天才ですよね。



生まれながらに全てを持っている女性です。


生かすも殺すもSKE支配人、マネージャー、スタッフ次第です。

くーみんがアイドルとして腐るようだったら

運営を全力で叩かせて頂きます。




9人目はカツオ。

(2995字)


書かないわけにはいかなかった。

この応援演説では他のメンバーに関しては

古くからのファンやより思い入れのある人のほうが

良い記事を書けると思います。


でも、この桑原みずきに関しての

応援演説に関しては自信があります。


カツオに関して「斬新な切り口だな」と思ってくれた人もいるはず。

私が何故かカツオに詳しい人に見えたはず。


何故か?


桑原みずき、まるで昔の自分を見ているかのようだから。


「SKEで一番お前が似ているキャラは?」

そう聞かれたら

「もちろん珠理奈さ! お、おう……。カツオだ…」

そう答えざるを得ない。


応援演説を書いていて、確実に気付いてしまったわけです。

「俺はカツオに似ている」


良く言えばトリックスター。

悪く言えばジャイアン。

最近、カツオとは呼べなくなってきている自分がいます。




10人目は小木曽。

(2174字)


私がAKBを好きになったキッカケは大島優子です。

あの圧巻のパフォーマンス。

可愛さと激しさと面白さ。

初めて見たときは驚愕しました。

「アイドルってこんなに魅力的なのか!?」

一見さんへの魅力では珠理奈や玲奈も

優子には敵わないと思います。


しかし。



一見さんへの魅力で優子と戦える人が48グループには、いた。

小木曽汐莉。


アイドルを全く知らない人に30秒だけメンバー誰かの

踊っている姿を見せるなら、私は小木曽汐莉を選ぶ。


速報では29位。

今回の総選挙で注目を浴びれば、

2012年は小木曽汐莉飛躍の年になるハズです。




11人目は茉夏。

(1895字)


んんんんん。

典型的なアイドルですよね。

王道過ぎて48グループには珍しいぐらいです。


正直、ちょっと手を抜きましたが

茉夏は優しいから許してくれるハズです。


速報では27位。

驚きました。

49位~64位のグループには入るだろな、ぐらいだったんで。

初期から推してきたファンの人に拍手を送りたい。


素材はピカイチ、

オリジナル公演さえ始まれば茉夏のモノです。

伸びすぎている身長も

ダンスが得意になっていけば100%プラスになります。

大きな体で激しいダンスはステージ映えします。

速報27位死守は難しいとしても、

「んんんんんまなつぅぅうううう!」




間に挟んだ記事


「乗るしかない。KⅡというビッグウェーブへ」


この記事を書いたのは5月11日、速報前。

この時点であいりん、茉夏、小木曽が

64以内に入るのは確信していました。


でもAKB以外が上にきやすい速報です。

40位台でKⅡ旋風、ちゅり、小木曽だけは20位台かな、

なんて思ってたんですよ。



嬉しい誤算とはこのこと。



20位ちゅり、22位あいりん、24位しゃわこ、

27位茉夏、29位小木曽、37位みきてぃー。

想像以上。

KⅡというビッグウェーブ、日本武道館で巻き起こって欲しい。




12人目はかおたん。

(2122字)


奴隷は二度刺す、どころじゃない。

速報で39位。

かおたん大勝利である。


ネットのニュースでも

「研究生から三人。武藤、松村、江藤」

なんて記事が出ました。

世間一般の注目を浴びてきました、かおたんが。


ただし、怖いのは39位という順位が速報としては高すぎる

もっとギリギリの順位のほうがこれからの票が集まったかも。

ただかおたんファン独自での戦い。

期待しております。




さらに、ここで挟んだ記事


「チームE2nd逆上がり公演「チームE始めました」」


文字通り、SKE48のチームEは

2012年5月からスタートだと思います。

リーダーの梅ちゃんが少し自信を失っていそうですが、

ここは踏ん張りどころだと思います。


選挙が終わればSKEの注目度は上がり、

SKEの仕事は確実に増えます。


花音、金ちゃん以外のチームEメンバーも人気が着実にでてきている。

梅ちゃん、阿弥ちゃん、こあみ、はらみなはこれからが勝負の年です。


逆上がり公演でも有名な曲は「抱きしめられたら」

頂いたコメントですが、なるほど。

たしかにNMBの三人はやり過ぎと序盤から飛ばし過ぎ、

ってのはあったかもしれません。

たしかに、さや姉の印象が薄いのは途中から肩をひっこめたからかも。


むしろ金ちゃん、こあみ、ゆまなは

「あいりんの涙の湘南」を参考にした方が良いかもしれないですね。

前任者のイメージに引っ張られずに

自分の色を全力で出す。

「抱きしめられたら」で本家超えが出来たら

三人共に総選挙での上位ランクインが出来るはずです。




13人目は玲奈。

(4349字)


文字数多いなあ。

うむ。

笑えないほどの時間をかけましたからね。


しかし、玲奈のプロ意識、向上心は凄すぎる

珠理奈、ちゅり、だーすの「がむしゃらさ」とは

別枠の野心の気がします。


玲奈の魅力については存分に応援演説で書きました。

速報7位。

ちょっとがっかりですが、

玲奈はこれから一気にくるはずです。

珠理奈もそうですが、

玲奈にはAKBライトファンからの票も多数流れる。



AKBグループで一番をとれる魅力

備わっているとは思うんですけども。

魂の長文記事に対しての魂のコメント、

ありがとうです。




14人目はしゃわこ

(2812字)


振り切るキャラ。

多くの持ちネタ。

丁寧な握手会。

アイドルに興味が無い人間を惹き付ける美貌。

速報24位は伊達じゃない。

速報に命がけ、というポジションじゃなくてこの順位。

しゃわこ革命が始まるかも知れません。




15人目は花音。

(2640字)


今回の総選挙の影の主役。

他のチームと比較して露出の少ないチームEのエース。

14歳に背負わせるには重すぎる荷だと思います。

他のメンバーのように笑ったり泣いたりは出来ない人でしょう。



花音はどんな順位になっても泣くと思います。

私も花音がどんな順位でも泣くと思います。


速報44位は低いな、と思いました。

ただ、速報に全力というキャラでは無さそう。

下がることはないはず、です。

ただ当日の順位を祈るのみ。




16人目はだーすー。

(3150字)


だーすーは序盤には置けません。

何故なら、だーすーを褒めると他の人が霞んでしまうから


アイドルとしてではなく、人間として尊敬できる存在です。

インタビュー記事などを読むと

だーすーは自分の能力がどんなものかわかっているみたいです。

素晴らしいです、感動的です。

全ての人間が模範とするべき強さだと思います。


空気の読めなさなど超越した人物。

その超人ぶりからラストはニーチェを引用するしか

締める方法が無かった。




17人目のラストは珠理奈。

(5575字)


ぶっちぎりの長文。

しかも、これでかなり文章を省きました。

当分これより魂をこめた文章は書けないと思います。


書きながら感動したというより、

構想を考えているときに泣きそうになりました。

まあ、何回か泣きましたが。


ぜひとも珠理奈の応援演説は

深夜に酒を飲みながら一人で読んで欲しいところです。


投票先を決めていないAKBファンが

深夜にこの珠理奈の応援演説を読む。



誰か一人でも、一票でもそれで珠理奈に投票してくれれば

私の目的は達せられたと言えます。


頂いたコメントでもそうですが、

まさに珠理奈は勇者、赤レンジャー、主人公。

松井珠理奈と同じ時代に生まれたことが幸運です。

珠理奈の人生はまだ始まったばかり。

不安も一杯ですが

これからも珠理奈を応援していきたいです。



あと、リンク集のとこでのコメントですが

ありがとうございます。

まさに珠理奈、あいりん、カツオ、にししのところは魂をこめました。

この四人と玲奈、だーすーは悩まずに書けた応援演説でもあります。

そして珠理奈、玲奈にかけた時間は…、プライスレス。





さてさて。

48グループが有名になったのは総選挙がきっかけでしょう。


でも、彼女たちにとって総選挙が全てでは無いし、

ファンにとっても総選挙での応援が全てでは無い。


熱狂的なファンだからCDを複数枚購入しなければいけない、

わけじゃないですよね、もちろん。


こういうのは気持ちです。



俺は~~に一票をいれた!



それで楽しければ良いわけです。



もちろん複数枚購入する人を否定するつもりは無い。

趣味にかけるお金の使い方は人それぞれ。

旅行に使おうが、飲み代に使おうが、

ファッションに使おうが、スポーツに使おうが、

アイドルに使おうが自由です。

趣味はただ、楽しければ良いんですよね。



例えば「サッカーのW杯の最終予選」のように、

「野球でのWBCでの決勝」のように、

「年末のお笑い特番」のように、

きたる6月6日の「AKB選抜総選挙」を楽しめれば

48グループのファンとしては勝ちなわけです。



AKBファンもNMBファンもHKTファンも総選挙を楽しみましょう。


そして、願わくばこの応援演説を見て

SKEメンバーに投票する人が一人でもいますように。





2012年5月28日

« 応援演説⑰チームS・松井珠理奈「主人公」 | トップページ | 松井珠理奈がチームK・RESET公演に出演「乗り越えた過去」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

このブログについて(+備忘録)」カテゴリの記事

コメント

17人の応援演説、お疲れ様でした。とても中身の濃い、本人が見ても喜ぶ内容です。
6日の総選挙の結果が楽しみでもあり、不安です。珠理奈が玲奈ちゃんを逆転するのか?
W松井が神7を入りで歴史を塗り替えるのか?そしてSKE勢の大躍進は最終結果でも揺るがないのか?投票券がAKBのCDのみでCDリリース期間が姉妹グループ同士接近して資金的に苦戦を強いられるのは必至です。しかも上位メンだけでなく、事務所移籍メンを多数抱えてるAKBに対して挑まなければならないのは酷な話です。メディア露出など、不利な面を挙げればキリがありませんが、これも芸能界・オトナの社会の1個人ではどうにもならない構造だと思います。
今まで数々の番組などでSKEは苦汁を舐めされられてきたのもそれらが背景にあるためです。そんな中でも特に玲奈ちゃんは結成当初から運営に見いだされた訳でもなく、ダンス経験もゼロで歌唱力もヘタしたら並み以下で一見は凡人です。そう、もやしであり、かすみ草でした。だが、その内面には研ぎ澄まされた日本刀が納めれてると紅白マル秘芸を見て確信しました。そして今や地方グループのトップの地位に上り詰め、後輩達の希望として憧れの存在になってます。
今回は事務所の後押しがあるかわかりませんが、ファンの応援と玲奈ちゃんの努力と才能で順位を伸ばしてきました。是非とも超選抜の一角を崩してここまでできるんだと証明してほしい。
謙虚さが美学とされる日本で臆することなく第1回目から1番になると誓った心意気は色褪せません。そしてこれからも多くの人に感動と希望をもたらしてくれると信じてるし、
6日は努力が報われる結果であって欲しいです。

中西優香さんの記事へもコメント書かせていただきました。
貴方の各文章のファンになりました!
選挙が終わったら、じっくり他の記事も読ませていただきます。
よろしくお願いいたします!

秦さんは本当にクレバーな人だと思う。
「チャンスをモノにする」という言葉がこれほどあてはまった人はいない。
ただ、そのチャンスをモノにするために、充分にブルペンで肩を温めてきたイメージ。

24日の記事にコメントさせて頂いた者です。
告白してしまうと、実は私も、にししは一推しではありません。
しかし、彼女の事が語られる時にいつも出てくるこの一文そのままを、私も思っています。
いわく「中西がSKEに来てくれて本当にありがとうと言いたい」。
SKEの正規メンバーだけでなく研究生達からも信頼され、またはAKBの主力達からも慕われる彼女の貢献度を考えたら、ここは推しへの1票を削ってでも入れるべきだと思ってます。
当日、彼女が舞台上に立ったら、その日一番の感動が生まれるのではないでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四回総選挙・SKEメンバー応援演説「あとがき」:

« 応援演説⑰チームS・松井珠理奈「主人公」 | トップページ | 松井珠理奈がチームK・RESET公演に出演「乗り越えた過去」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ