« 応援演説⑥チームKⅡ・古川愛李「素人とは違うのだよ、素人とは」 | トップページ | 応援演説⑧チームS・矢神久美「天はニ物を与えた」 »

2012年5月 5日 (土)

応援演説⑦チームS・中西優香「子供にとって欠かせないのは親の存在」

5月5日は「こどもの日」

全国各地で活動する48グループのメンバーは

その若い年齢を考えれば本当に子供です。


そんな子供が生きていくのに必要なもの。

それは親の存在です。


子供たちは公園で遊んでも、友達とケンカしても、

夜には家に帰ってご飯を食べて親の庇護のもと育ちます。


SKEメンバーにとってSKE48にとって親のような温かい、

大切な存在。



それが中西優香さんです。





中西優香、通称「にしし」


1989年1月24日生まれの23歳。

SKE48の一期生ですが、

48グループとして活動を始めたのは

SKEではなくAKB研究生です




2007年5月
、AKBの4期研究生としてオーディションに合格したところから

中西優香の48人生が始まりました。




にししの波乱万丈の人生
を語りだすと、その長い軌跡だけで

応援演説が終わってしまいそうなので簡潔に。


なお、

「中西が64位以内に入るとか思ってんの?」

という意見に関しては丁重に黙殺させて頂きます。


AKBの4期研究生として活動を始め、

本格的に活動を開始したのはAKBの5期研究生たちと同じ時期。


そんな経歴のおかげで

2012年5月に開催されている「見逃した君たちへ2」公演では

B3rd「パジャマドライブ公演」ではAKBチームBに混ざり、

A4th「ただいま恋愛中」公演ではAKBチームAに混ざって

出演することになっています。



SKEでもトップクラスのパフォーマンスを持ち、

研究生時代から親交のある大家志津香が一緒にいる。



にししに関して心配することは何も無い。


AKB研究生時代からチームA、チームK、チームBのアンダーとして

大車輪の活躍をして鉄人と呼ばれたにしし

2008年8月にAKBからSKEに移籍しました。


SKEと言えばダンススキルの高いグループ、という評判が有名です。


今でこそ珠理奈の激しいダンスイメージこそが

SKEのダンスイメージと重なりますが、

当初のSKEをダンスで引っ張ったのは他でもない、

中西優香さんです


SKE初の単独ライブ「初めての課外授業」を見ればわかります。

昔のSKEライブ感想「初めての課外授業」2009年5月




キレのあるダンス。

それだけじゃない。

ユニット曲や全体曲でもキレがあって丁寧なダンスをします。



楽しそうな表情。

それだけじゃない。

真面目な顔や面白い顔、困った顔など多彩な表現をします。



自信があり、余裕があるからこそ出来ることです。



そして、にししは48グループとしての長い経験値から

高い汎用性を見せつけます。


つい最近、5月4日のSKEチームKⅡ公演でも

急遽その場で振りを覚えて「16色の夢クレヨン」に参加。

にししの緊急対応能力は異常です。


そして出場予定だった「GIVE ME FIVE」ではベースを担当します。



にししがベース。


選んだ人はわかっていますね。

ベースと言えばバンドの心臓です。

間違っても派手さを魅せれば良いギター、誰もが注目するボーカル、

リズム隊と言えども華やかなドラムなどとベースは一線を画す

いわゆる「いぶし銀」という役割がバンドの中でのベースです。

リズムを崩さず、バンド全体の土台となるベース。


まさにSKEでの中西優香そのものでしょう


プロ意識も高く、能力も高い中西優香がいるから

SKE全体が魅力的なグループで有り続ける。


古い話で言えば、

AKB研究生時代でも「アンコール無し公演」

最後にマイクを持って観客に対峙したのはにししでした。



ダンス、歌、MC、緊急事態への対応となんでもござれ。


ここまで出来れば

一緒に仕事をするメンバーからの信頼が厚いのは当たり前です。



特にSKE48で重責を担う珠理奈から中西優香への信頼は分厚い


例えばAKBライブでのMCの担当がSKEだったとき。

次に流れる曲がAKBチームBの「チームB推し」だった時も

「珠理奈はAKBで誰推し?」

という質問に対して無邪気な珠理奈は

「SKE、チームSの中西優香ちゃん!」

空気を読まないコメントをするほどです。



ユニット曲でも珠理奈とにししが一緒なことは多い。

特にSKEユニット曲での最大級の至宝「Glory days」

センター珠理奈を支える桑原みずき、

そして中西優香のおかげで偉大な曲になりました。



「Glory days」

ライブでもユニットシャッフルにおいて定番曲になっています。

SKEの中でもメジャー曲になったからこその扱いです。


そして「Glory days」が名曲になったのは珠理奈のおかげじゃない。


桑原みずきと、

中西優香の二人が珠理奈を引っ張りあげたことで

名曲になったんです。


松井珠理奈が芸能界に潰されず

成長を遂げることが出来たのは

中西優香の存在なくして有り得ません。


ソース?


まさに珠理奈の口から出ているわけです



SKEチームSのリーダー、平田璃香子さんからも

「私の精神安定剤です」と言われます。




メンバー誰もがにししが大好き。

スタッフからの信頼が超厚いことも緊急対応を任されることから明らか。


他メンバーの推しのファンでもにししを嫌いな人はいないでしょう。


誰からも好かれるにしし。


そんなにししだからこそ、「仲間の歌」では

ファンに向かって歌詞を先導するという役目が与えられたんでしょう。


大事な歌でファンに向かって一歩先に歌詞を話す。



メンバー含めて会場中の誰もが大好きな中西優香こそが適役。



誰も異論は無いでしょう。


これだけの能力を持つ人格者です。

SKEファンで「俺の作る16人のチーム」という遊びをやれば、

アンチのいる珠理奈、玲奈、ちゅりよりも順位が上になるかもしれません。


何故かって?


誰もが中西優香を信頼しているからです。


にししが1推しな人は少ないかも知れません。

でも、どんなファンからも好かれているにしし。




そんな中西優香さんには自分に
「誇り」を持ってほしい。



数多くのSKEファンが貴女を必要としています。


例え、にししがシングルの選抜に選ばれないとしても

SKEファンは貴女を応援しています。


例え、にししが第4回総選挙に選ばれないとしても

SKEファンは貴方のファンであり続けます




珠理奈や玲奈がメディア仕事が多くなる。

チームKⅡの人気が上がっていく。

花音やきんちゃんもAKBの仕事が増えていく。




でも、SKE48という家があるから若い女の子たちは頑張れる。


中西優香、貴女がSKEの若い女の子たちの親です。


親の温かい庇護があるからこそ

子供たちは外の世界で学び頑張れるんです。


貴女がメンバーを支え、引っ張り、

模範となっているから

メンバーが成長し、SKE48はここまで大きくなったんです。



ファンとしては、これからもSKE48の中西優香を見ていたい。


中西優香にとっての人生はこれからも長いんです。



SKEを、48グループでの活動をとことん味わって

優香にはこれからも成長して欲しいです。


そうです。


これからも、いつまでも。



テンションあげあげで、

愛の歌を歌おう!








2012年5月5日

« 応援演説⑥チームKⅡ・古川愛李「素人とは違うのだよ、素人とは」 | トップページ | 応援演説⑧チームS・矢神久美「天はニ物を与えた」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

SKE48・チームS」カテゴリの記事

コメント

初めまして。突然のコメント失礼します。
元中西推しです。
先日、何かと話題な総選挙が終わり、
推しが初めてランクインした、この選挙を思い出し、検索したところこの記事にたどり着きました。
中西さんへの温かいコメントで書かれたのこの記事に、とてもほっこりしました。
今でも、この頃のSKE48は無敵だったなぁ、と懐かしく思い出します。(^ ^)

ご指摘ありがとうございます。
誕生日は修正いたしました。
メールでも返信しましたが、
中西優香さんにとって助力になるのであれば
私の記事を選挙活動にご利用くださいませ。

初めまして。
本日こちらに、たまたま辿り着きました。素敵な文章に、感動しました!
投票締切までまと僅か数日ですが、
こちらのブログ記事を、選挙活動にて使わせて戴きたいのですが。ご了承いただけないでしょうか?

あと蛇足ではありますが、優香さんのお誕生日だけ違っているので
修正していただけたら有難いです。(生年月日:1989年1月24日)
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 応援演説⑥チームKⅡ・古川愛李「素人とは違うのだよ、素人とは」 | トップページ | 応援演説⑧チームS・矢神久美「天はニ物を与えた」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ