« 最新記事のリンク集+応援演説での雑感 | トップページ | 応援演説⑩チームKⅡ小木曽汐莉「さあ、胸を張って檀上に登ろう」 »

2012年5月 8日 (火)

応援演説⑨チームS・桑原みずき「悪役を、ありがとう」

カ・ツ・オ! カ・ツ・オ! く・わ・ば・ら・カツオ!


2012年6月6日開票、AKB第4回選抜総選挙。


しかし、AKBでは無くSKEメンバーを応援する

応援演説企画、第9弾。




九人目はチームSより桑原みずきさんです。



え?

カツオの応援演説だと…!?



わかっています、わかっています。



アンチが多いのは百も承知。

選挙に関して厳しいのは千も承知


しかし、ここは社会人のSKEファンとして

声を大にして言わなければいけない。



桑原みずきがSKE48にとって必要な理由を。


さて、アイドルのオーディションを受けるような

48グループのメンバーは誰しもが自分に自信を持っています。


ハッキリ言えば自分の可愛さに自信を持っている女の子たちです

そんなメンバーたちが集団で活動する。



清楚な子、良い子、大人しい子、ぶりっ子
だらけになります。


そんな真面目な子たちだけでは

お互いを傷つけながらも向上させるような議論が生まれるハズも無く、

劇場やテレビでのトークが盛り上がるわけが無い。


可愛く優等生だけのグループでは直ぐに世間から飽きられます


集団であればボケが必要であり

突っ込みが必要であり

典型的な悪役も必要です。


桑原みずき。

ただ一人。

SKE48でただ一人、

悪役を全う出来る強い女性です。



通称「カツオ」が有名な桑原みずきさん、

1992年2月19日生まれの20歳です。


SKE48の一期生として活躍、

シングルでも1th「強き者よ」、

4th「1!2!3!4!ヨロシク」から

8th「片思いFinally」の選抜メンバーです。



桑原みずきと言えば?


SKEでもトップクラスのダンス力

さらにメンバーにも厳しい指導をして

SKE全体のレベルの高いダンス力

一番」

寄与しているのが桑原みずきでしょう。


しかし、それ以外にカツオを表現する話として

トークがうるさい、ジャイアンのような強気キャラがあります。


全体的なMCでもカツオがメンバーをいじることが多い

時にいじるだけでは無く、

只のメンバーのバッシングになってしまうだけの時もあります。


むむむ。

カツオはただのお調子者で、自分が目立ちたいだけで

メンバーいじりをしているのか?



違います。



周りのメンバーが大人しすぎて、

誰も喋らないから、

上手い合いの手をくれないから

一人で話し続けるしかないんです。


カツオ自身だって、メンバーの悪口を言いたいんじゃ無いんです。

ステージで、多くの客の前で

平凡でつまらないことを延々と言うわけにはいかないんです。



「今日は温かい天気ですね~」

「そうですね~」


そんなつまらない会話を延々と劇場のMCで、

テレビでするわけにはいかないでしょう。


それでもカツオが何とか場を壊す話をするから

平坦なトークじゃ無くなるんです。


チームS公演だけの話じゃない、

チームKⅡでもチームEでも研究生公演でも

その場にいないカツオがMCの話題になることが有ります。


それは、カツオのネタをいじれば笑いがとれるからです


カツオがSKE48にいなかったら、どうなっていたと思いますか?


MCで定番に盛り上がるネタが無くなります。

「今日は寒いですね~」

「そうですね~」

そんなMCだらけになります。


若くて可愛いだけのアイドル集団。

それは今までと同じように盛者必衰のアイドル集団で終わるだけです


もちろん、今の48グループの人気を考えれば全員の

アイドル生命が終わるとは考えにくい。


ただし、NMB、HKT、JKT、TPEと続々と後発グループが出来ている現在。

ダンスと可愛さだけではいつか飽きられる。



メンバーたちの個性、性格がファンに伝わらなければ

SKEだってヨソのグループと大差が無くなるかもしれません。



なにせ、後発グループだってもがきながら必死に頑張っているのですから。

可愛くてダンスが出来るグループが多数生まれようとしています。



5年後
、48グループとして活動できているのが

珠理奈と玲奈とくーみんだけ。


そんなSKE48は見たくない、

それはSKE48ファン全員の総意だと思います。


もう一度言います。

桑原みずきは悪意を持ってメンバーをいじり、

悪口を言っているんじゃない。


SKE48という「大勢の人に見られるグループ」

メンバーとしてトークをしているんです。


周りのメンバーが無難な発言しか出来ないから

みずきが無理やりトゲのある話をするしかないんです。


また、みずきがそうやってトゲのある話をすることで

SKEメンバーのトーク力が上がってきています。

みずぎをいじり返す、

みずきの話が嫌なら自分で面白い話を考えるようになる。


ただ可愛らしいだけの穏やかな話。

それを続けるだけならば

「若くて可愛い女の子の集団」

が売れているだけです。


数年後に生まれる若くて可愛い女の子の集団に

とって代わられるだけです。



それを防ぐには?


無難なトークだけをしない、面白い話を出来るアイドルになる。



SMAPもTOKIOも嵐も乗り越えた話
です。


AKBで言えば、たかみな、マリコ様あたりがやっと見えてきたレベルです。


SKE48全体が継続的に発展するには

可愛さとダンスだけでは難しいかもしれない。


メンバーの個性が、弱点が、短所が垣間見えるトークが必要です。


可愛いくてダンスの上手い女の子、

そんな記号的な存在から人間味を加えることで

年齢がたっても活躍できる人間になるんです。


みずきはメンバーをいじることで、

アイドルという記号的なメンバーに人間味を加えています。



おっと、人生論になり過ぎました。


もちろん、もちろん。

純粋な桑原みずきの魅力があります。


最もわかりやすいのが

SKEライブ「汗の量はハンパじゃない」で行われた

AKBのダンスナンバー「エンドロール」

珠理奈、くーみん、ゆっことみずきでのユニット。



ダンス主体の曲ならばみずきは抜群に綺麗に輝く。


みずきのMCは何も悪くない。

定型的なアイドルをぶち壊すことで

SKEが魅力ある、長続きする芸能人集団になるんだ。



みずきはダンスだって凄い。


やあ、素晴らしいじゃないか桑原みずき。



そして、もう一つ。

ただ、桑原みずきさんに感謝しなければいけません。



今でこそ、落ち着いてきた話ではあります。


が。





AKBライブinSSAの二日目

その日は今でもSKEファンにとって重い


ヤフートピックスにさえ流れた

松井珠理奈のSKEとAKBでの兼任騒動。


みずきさんは全く逃げずに、ハッキリとブログに書いた。



兼任って具体的に何するが?

期間限定ってどれくらい?

期間が終わったらちゃんとSKE48に帰ってくる?

ただ、SKE48から珠理奈は離したくない! 離さん!

ちょっと自分らが惨めって言うか、虚しくも感じた。

SKE48は、他にはない、たった1つのグループです。


みずきのコメントから一部の抜粋です。

珠理奈と喧嘩し、高め合い、4年近くも一緒に生きてきたみずきの言葉です。



この件に関して、私が言う事はもはや何もない。



珠理奈の選択肢には「頑張ります!」しかあり得ない。

ファンの選択肢も「そんな珠理奈を応援する!」しかあり得ない。



そうです。

何から、何まで。

桑原みずき、ありがとう。



きっと、SKE48を一番好きなのは桑原みずきさんです

クラスで、部活で、サークルで、会社で。

所属している場所を一番好きな人間は必ずみずきの位置になります。

そうです。

彼女と同じポジションになった経験がある人だけがわかることです。



さあ、



三・三・七拍子!



そーれ!



み・ず・き! み・ず・き! 

く・わ・ば・ら・み・ず・き!






2012年5月8日

« 最新記事のリンク集+応援演説での雑感 | トップページ | 応援演説⑩チームKⅡ小木曽汐莉「さあ、胸を張って檀上に登ろう」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

SKE48・チームS」カテゴリの記事

コメント

私はAKB峯岸のファンである関東社会人ですが
桑原さんはAKBの方がむいていると思います。
AKBには色々なキャラがいてバラバラだけど
桑原だったらメンバ含め周りが応援すると思う
峯岸を見ればわかるでしょ?

峯岸も苦節6年「雑草魂」から始まってます。
元々引っ込み思案の性格の当時の峯岸はなんとか
バラエティで頑張ろうと、どうしたら受けるか
試行錯誤の連続。影で支えていたのが
高橋みなみや小嶋陽菜。落ち込みやすい
峯岸をあのこじはるが妹のように応援してたのです。

桑原さんが頑張り屋だったら、大島優子や
高橋みなみ他たくさんのメンバが応援してくれると
思う。

桑原みずきは顔も可愛いですよw

僕の個人的な意見ですけどねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 応援演説⑨チームS・桑原みずき「悪役を、ありがとう」:

« 最新記事のリンク集+応援演説での雑感 | トップページ | 応援演説⑩チームKⅡ小木曽汐莉「さあ、胸を張って檀上に登ろう」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ