« 応援演説⑨チームS・桑原みずき「悪役を、ありがとう」 | トップページ | 応援演説⑪チームKⅡ・向田茉夏「ガツガツしなくていいじゃない。だってアイドルだもの」 »

2012年5月 9日 (水)

応援演説⑩チームKⅡ小木曽汐莉「さあ、胸を張って檀上に登ろう」

気が付けば随分と暑い季節になってきました。

今から一か月ちょっと前

3月頃はまだコートが必要だった気がします。


しかし、あっという間に季節は夏へと向かってきました。

季節の変わり目を実感するのは、

ハッキリと気温が変わった後です。


彼女にとっても人気の変わり目を実感するのは

ハッキリと数字に出てきたときでしょう。



AKB第4回総選挙にてSKEメンバーを支援する応援演説、

第10人目は小木曽汐莉さんです。


1992年9月15日生まれの19歳。

須田亜香里、秦佐和子、木崎ゆりあと

同期のSKE三期生です。


小木曽汐莉はごまのように小さい顔をしているから

「ごま」「ごまちゃん」などのあだ名も持つ。


幼少よりダンス経験があることから、

キレのあるダンスを常に披露してくれます。


2009年11月にオーディションに合格、

2010年2月には研究生からチームKⅡに昇格、

2010年3月には2ndシングル「青空片思い」に選抜されました。


一時期はシングル選抜から漏れましたが、

5thシングル「バンザイVenus」から

来週発売の9th「アイシテラブル!」まで選抜メンバーとなっています。



当然、これからも小木曽汐莉は選抜メンバーに選ばれるでしょう。


なにせ

小木曽は小顔だし、可愛い。

ダンスに魅力もあるし、可愛い。

ハスキーボイスだし、可愛い。

セクシーキャラを自称するし、可愛い。



一般的に言って、小木曽汐莉は可愛いですからね。


特に髪の毛を縛って笑顔で踊るときの魅力は

大島優子に匹敵するものがある。


小木曽の絶賛記事は以前に書きました。

SKE小木曽にセンター適性アリ。小木曽の推しカメラが必要だ


大島優子がセンターの曲を代理でこなす人間に必要なものは何か?

・誰よりも可愛い必要がある

・誰よりも踊りにキレがある必要がある

・誰よりも多才な表情をする必要がある

そんな条件をクリアしなくてはいけない。



小木曽汐莉。

48グル―プでただ一人、

大島優子の残像と戦える人間です。



そう、たしかに小木曽は可愛い。

ただ一つだけ注文をつけるとすれば

何故、小顔がウリなのに重くて長い髪にするのだ……っ!?

ビジュアルに関しての意見は人それぞれですが、

小木曽は髪を軽く、短くすれば頂点さえ見えると思うのですが。


おっと、ここまで小木曽が可愛いとだけ連呼しただけですね


しかし、ネットでは「小木曽が可愛いぞ?」

みたいな話が多くなってきました。

それに対する反論は

「そこまで言うほど可愛いか?」

というものです。


でも、小木曽の魅力を知らない人は

踊っているときの小木曽を見ていない人ですよ。


小木曽汐莉にはアンコール後のTシャツでの踊りが良く似合う

どんなライブDVDでも良い。



アンコール後での小木曽汐莉。


両手両足を振り乱す

魅力的で小顔な女の子がステージで輝いています。




そう、しかし。

ただ可愛いだけじゃ日の目を浴びないかもしれない


キャラが薄いからセクシーキャラを作り出したんでしょう。

ハスキーボイスを武器にするにも時間がかかった。

やっと「スナックしおり」や新堂本兄弟などのメディアで

小木曽のハスキーボイスが活かされてきた



でも。



小木曽汐莉はただ歌って踊るだけで十分に魅力的です。




嘘つけ、そんなことを言っても

今まで総選挙でランクイン出来なかったじゃないか!


いや。


今までの選挙はまさにAKB48のシングル総選挙でした。




ごまたんよ、覚えているかい。


前回の総選挙のとき、AKBのシングルは100万枚を超えて売れていた

でもSKEの「バンザイVenus」は30万枚も売れていなかったんだ

急増する48グループファンはまだSKEを知らなった。


もちろん珠理奈と玲奈は知られていた。


でも、チームKⅡの小木曽汐莉までは知名度がまだ届かなかったんだ。


2011年6月と2012年6月。

48グループに興味の無い人たちには

小木曽汐莉の知名度は変わらないかもしれない


でもAKBが好きな人、そこからSKEが好きになった人からの知名度は?

小木曽汐莉は抜群に有名になっている。





ごまたんよ、忘れていないだろう。



チームKⅡのオリジナル公演は
2011年の10月から始まったばかり

SKEのチームKⅡが「48グループファン」

有名になったのはそこからなんだ。


でも、あっという間にKⅡ人気が出てきた。

それはごまたんたちの努力を知る人が増えてきたということです


2012年、AKBのリクエストアワーの21位が

「お待たせSet list」になったんだ。

1年前に想像出来ていただろうか。


SKEは大きくなった。

KⅡも大きくなった。


きっと、小木曽汐莉は気づいていないでしょう。

自分の人気が大きくなっていることを。



そういうことです。

今までの努力と挫折と苦労を全て誇りに思って

小木曽汐莉には総選挙の投票日を迎えて欲しい。


おいおい。

そんなことを無責任に言っても

今年の結果がイマイチだったら本人が立ち直れない

SKEをアイドルを辞めてしまうかもしれない?


ごまたんよ、そんな時は心から泣いてくれ

でも決して諦めないで欲しい。


周囲の大人メンバー、AKSマネージャー、

スタッフは全力で支えて欲しい。



小木曽汐莉の才能はやっと芽吹いてきたところです


映画、バラエティーと活躍が始まったところです




いや、きっと大丈夫さ。

2012年6月6日より、小木曽汐莉の全国デビューが始まる。


さあ、今まで開かなかった重い扉よ。



開け、ごま!





2012年5月9日

« 応援演説⑨チームS・桑原みずき「悪役を、ありがとう」 | トップページ | 応援演説⑪チームKⅡ・向田茉夏「ガツガツしなくていいじゃない。だってアイドルだもの」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

SKE48・チームKⅡ」カテゴリの記事

コメント

すごくいい文章だと思います。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 応援演説⑨チームS・桑原みずき「悪役を、ありがとう」 | トップページ | 応援演説⑪チームKⅡ・向田茉夏「ガツガツしなくていいじゃない。だってアイドルだもの」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ