« 応援演説③チームKⅡ・高柳明音「勇気一つを友にして」 | トップページ | 応援演説⑤チームS・木崎ゆりあ「ゆっくり行こう。成功は約束されているのだから」 »

2012年5月 2日 (水)

応援演説④チームE・金子栞「天然。人はそれを才能と呼ぶんだぜ」

文章を書く、って言うのは面白いものです。

AKB第四回選抜総選挙にて、

SKEメンバー1人ずつの応援演説を書き始めました。


今日で4人目になります。


何故か自分自身が記事を読むのが

楽しみになるという気持ちになっています。



仕事に疲れてランナーズハイの状態になっているのか?


SKE応援演説を書くことで自分を支えているかのような昨今。

応援演説の4人目にいきたいと思います。



今日はSKE48のチームEより、金子栞さん。



SKE第四期生
であり、1995年6月13日生まれの16歳。

来月には17sai17歳になるんですね。


金子栞、通称きんちゃん。


「オラフ」というスヌーピーのキャラに

似ているため、「おらふ」というあだ名も持ちます。


私がきんちゃんを認識したのはいつだったか、

覚えてないです。


当初の認識としては

「チームEに宇宙人と言われている変なキャラがいる」

というぐらいでした。


きんちゃんがSKEのシングルに選抜されたのは

2011年11月発売の「オキドキ」から。

次のシングル「片ファイ」、「アイシテラブル」でも選抜に選ばれました。


チームEの発展のためにも花音以外に

チームEメンバーが何人か選抜に選ばれるのは妥当な処置でしょう。


そしてチャンスを掴んだきんちゃんは三回連続の選抜

チームE代表としての位置を確立しつつあります。


何故きんちゃんが選抜に固定されつつあるのか?

テレビに出ることが多くなってきたのか?



理由は明確
です。

金ちゃんが面白いからです。


世の中には「天然キャラ」と言う言葉があります。


本人は真面目なつもりなのに、

常識とのズレから面白い発言が出来る人

予想の斜め上をいく発言をする人

普通のことを言っても周囲から笑いが取れる人

そんな人のことを指す言葉です。


AKBグループでも天然キャラと呼ばれる人はたくさんいます。


AKB48では

チームAよりこじはる、

チームKから小林香菜、

チームBでは小森。


しかし、

SKE48のチームE・金子栞はそんな豪傑たちの上をいく。


それは週刊AKBでの一コマ。

学力テスト、英語での英作文の問題でした。



「あなたは何歳ですか?」

きんちゃんの解答は



「What sai?」



この解答を天才と呼ばずして何と呼ぶ?

狙って出来る解答じゃないです。


また、天然キャラじゃないと面白くない解答でもあります。

(頭が良いキャラ、って何を言ってもウケなかったりするんですよね)


さらに週刊AKBでの「進路指導」でも大活躍。


きんちゃんが生み出した言葉、

「許してクレオパトラ」は流行るぜ。


そして、セクシーな発言をしろ、

という場面で満を持しての



「ヒーハー」




爆笑と感動が止まらない。


何せ、きんちゃんの「ヒーハー」はブラマヨ公認のネタですよ。


2010年9月~2011年9月にテレビ東京で放送していた

ブラックマヨネーズとSKEメンバーがMCを務めた伝説の番組で

きんちゃんはブラマヨ小杉から正式に

「ヒーハー」使用の許可を貰っています。


金子栞、これだけ面白いキャラです。

メディア的にも使い勝手が良いし、

これからどんどんと伸びていくでしょう。


というか、現在絶賛成長中。


そうです。

人間って日の目を浴びると輝いていくんですね。


きんちゃんがメディアに出始めた当初。

「まあ、そこそこ可愛い子かな」

ぐらいの印象でした、

が。




この半年間できんちゃんは急激に可愛くなっている。


注目されると、大勢の人の目を浴びると

人間は変わる。


金子栞はもともと美少女ではありましたが、

さらに可愛くなってきた。



写真うつりはイマイチ悪いのですが、

動いている姿は急激に良くなっている。


週刊AKBでの最近のきんちゃんの活躍、

SKE全体の人気上昇。



くるぜ、きんちゃん。



AKB第四回総選挙。

真剣勝負の檀上では感動するコメントが多いでしょう

でも、稀に会場を笑いに誘うコメントをする人がいる。

2012年6月の会場での爆笑王は確定している。



64位以内に入ることが出来れば、きんちゃんは絶対に笑いを取る。


どんなに頭の良い人間が努力しても手に入れることの出来ない



「天然キャラ」

金子栞は「天然キャラ」をかついで芸能界を生きていく。



人間、楽しく生きていけばいいじゃないか。

人類史でも稀にみるような平和が続く日本。

そうさ、

みんなが幸せになるように。



「はぴはっぴい」
の精神で生きていこう。





2012年5月2日

« 応援演説③チームKⅡ・高柳明音「勇気一つを友にして」 | トップページ | 応援演説⑤チームS・木崎ゆりあ「ゆっくり行こう。成功は約束されているのだから」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

SKE48・チームE」カテゴリの記事

コメント

ニワカ文様、久しぶりにコメントにお邪魔いたします。

とは言いましても、この1年のすべての記事は拝見しておりましたが…。

さて、今年もついにこの時がやってまいりました。
AKB48選抜総選挙。

私は寸分変わらず「きんちゃん」こと金子栞推しですので、
彼女だけに投票いたします。(持ち票は少ないですが、出来る範囲でがんばります 笑 )
E2nd逆上がり公演で見れる成長ぶりと、バラエティーでの相変わらずの安定した天然ぶり。
選抜メンバー落ちしたこの1年を彼女なりの精一杯の努力で駆け抜けてきたと思います。
今回の選挙は背水の陣で挑んでいる決意を感じずにはいられません。
もう、次の選挙は出ないかもしれない。
きんちゃんは本気です。

今年はSKEファン、チームE推し、きんちゃんファミリーの皆さんと全員で、

「はぴはっぴぃ♪」と叫びたいです!!

こんにちは。

今回の総選挙で、きんちゃんこと金子栞ちゃんは64位内に入ることができませんでした。

自分は今回はじめて投票したのですが、いざ結果を受け入れるとなると、なかなかやりきれない思いが
残るものですね。これが総選挙なんですね・・・。

やっぱり、この1年のがんばりも見てきていたし、運営サイドの期待も大きかったですし・・・。
(3連続選抜入り、メディア露出の増大など)

きんちゃん本人も、ちゃんと自覚していたはずですから、応えたかっただろうなと思います。

正直、花音の順位が発表された時、「うわ~なんでや・・・」とPC前で凍りつき、天を仰いでしまいました・・・。

きんちゃんも当初、ショックだった様子でしたが、今はもう前を向いてがんばっているので、変わらず応援していきたいと
思っております!

また、ニワカ文様のきんちゃんに関する記事が読めることを楽しみにしております。

応援ありがとうございました!

はじめまして、コメントさせていただきます。

いや~、すばらしい分析です。こんなにもきんちゃんのことを明快に書かれた記事は見たことがないです。
あまりにも、共感をおぼえましたので、コメントせずにはいられなくなった次第であります。

自分はオキドキからのきんちゃん単推しで現在に至りますが、いい歳したオッサンが20何年ぶりに(おニャン子以来!)アイドルにはまってしまう位、おもしろくてカワイイ女の子だと思います。

第4回総選挙には是非とも選抜入りを果たしてほしいですし、ステージ上できんちゃんが何を言ってくれるのか、非常に楽しみであります。

しかし、64位に入る実力は確かにあると思うのですが、選挙に波乱はつきものですから・・・。

今からドキドキですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 応援演説③チームKⅡ・高柳明音「勇気一つを友にして」 | トップページ | 応援演説⑤チームS・木崎ゆりあ「ゆっくり行こう。成功は約束されているのだから」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ