« 昔のSKEライブ感想「初めての課外授業」2009年5月 | トップページ | SKEガイシコンサート感想①「最高、極上のライブ」 »

2012年4月10日 (火)

第四回選抜総選挙「予想のはじまり」

2012年6月6日、

AKBの27thシングルのメンバーを決める選抜総選挙が行われます。


AKBと言えば総選挙、と言われるぐらいに大きなイベントです。

メディアがAKBを大きく取り上げたのも第二回選抜総選挙からだった気がします。



私自身も第二回選挙は「へ~」ぐらいな気持ちでニュースを見たものです。

あの頃は大島優子も知らなかったな…。

それが今ではSKEの研究生まで気になるレベルになるとは。



さてさて。


立候補者が240名と過去最大規模の選抜総選挙になります。

第三回の総投票数が116万票。


ミリオン連発が当たり前、世間一般の認知度も高まった2012年6月ならば

前回よりも総投票数が増えるでしょう。


たしかに1人で100票を投票するような濃いファンは減ったかもしれません

しかし、1人で1票を投票するファンは激増しているんじゃないでしょうか。


私も昨年はCDを買って優子に一票を投じたものですが、

今年はAKBファンクラブ、SKEのDMM、シングルで4票を投じることが出来ますよ。




そしてこのブログではAKB行事では毎回(当たらない)予想をしているので

もちろん第四回選抜総選挙も予想しますよ、1位から64位まで。


速報が出るまでには最終予想を決めますが、

完全なる順位予想は文章が長くなるので

まずは予想の序章として今回起きるであろう大きな変動から考えてみたいです。


考えられるのは、

①前田敦子卒業の影響

②上位陣に変動はあるのか

③大躍進するメンバー

④SKE、NMB、HKTから何人選ばれるのか

というとこでしょうか。






まずは、

①前田敦子卒業の影響からです。


何せ前回総選挙でのあっちゃんの得票数は約14万票。

10人に1人があっちゃんに投票しています。

(さらに言えば10人に1人が優子に投票しています)



もちろん前回あっちゃんに投票した票数は2推しのメンバーに分散するでしょう。


AKBを好きになる入口があっちゃんか優子の人は多いと思いますが、

AKBを好きになる期間が長くなると

あっちゃん⇒違うメンバー

優子⇒違うメンバー

というように推しが変わるものです。


14万票は上手く分散するだけかもしれません。




が、一人だけあっちゃん票の行く先が偏る人、いますよね。


あっちゃんが卒業を発表するときに隣で号泣していた、

AKBのリーダー、高橋みなみです。


ライトなあっちゃんファンは違う推しに投票するでしょうけれど、

コアなあっちゃんファンで投票権を持っている人は

今回はたかみなに投票する人が多そうです。



あっちゃん最高の親友、前田敦子を誰よりも支えたのは高橋みなみ、ですよね。


ついでに言うと、アンチ前田で優子に投票していた人が減りそうです。

(2推しが優子でアンチ前田みたいな人を想定)



優子の票数は下がるかもしれません。


さらにライバルである、あっちゃん不在によって

1推しは優子、2推しは違う人、ってファンは

優子に投票せず2推しに入れそうな気もします。


しかし、ゆきりんファンは今回の選挙に対して鼻息は荒らそう。

優子、ゆきりんの一位争いは意外と接戦になる…、か?






②上位陣に変動はあるか


第三回総選挙でも30位~40位は票数に差がなかったりしました。

32位小森、33位しゃわこに至ってはたったの3票差ですからね。


ただし、上位陣には大きな差があります。



5位まゆゆ、6位こじはるの差は6198票
もあります。

順位が大きく取沙汰されますが、得票数での差は異なるものです。

大きな変化でも無い限り上位陣には変動は無さそうです。




大きな変化?


ここは世間でも騒がれているように、指原と玲奈の二人が大注目でしょう。



指原に至ってはいいともレギュラー、ソロなど露出は激増。

昨年の時点で指原は9位。

今年はさらに上に行くでしょう。


コアな指原ファンは減っている可能性もありますが、ライト層の人気は絶賛拡大中。

特に高校生ぐらいの男から人気を集めているようなイメージです。

ともちん、こじはるでは当たり前のように指原に負ける、のかなあ。





そして我が軍代表、松井玲奈。


昨年との比較で露出が増えているのはSKE48そのもの。

そしてSKEの超エースの位置を確立した、松井玲奈。


たしかにAKBはこの一年間で有名から超有名へと大きくなった。

しかし、SKEは知名度ゼロから一気に駆け上がってきている。


ソースは俺、っていうやつです。

2年前はSKEなんて知らなかった私が、現在ではDMM配信を申し込むレベル。



AKBから入ってSKEに流れた人が多いのはシングルの売り上げを見れば明らか。

そんな人気急上昇のSKEの超エースの松井玲奈、前回10位なんて目じゃない。


去年はゆきりんの大躍進がニュースになったように、

今年は玲奈の大躍進がニュースになることは間違いないです。



「上からマリコ」で世間一般の注目をさらに上げた篠田麻里子、

ソロ、深夜ドラマとはいえ主演を演じた渡辺麻友。

この二人、これから二カ月次第では頂点さえ見えるかもしれません。






③大躍進するメンバー


上位陣では得票数の多さから意外な変動は少ないものの、

10位以下では大きな変動も有り得ます。


昨年で言えば圏外から19位のゆいはん、

32位から22位の梅ちゃん、

35位から23位のちゅり、

圏外からの爆上げで29位を獲得のしーちゃんなど。



特に大家志津香さんなどは週刊AKBの特集からの人気上昇です。

20位以下の順位なら一つのきっかけ、ネタで大きく順位があがるものです。




大躍進が確定しているのはAKBからは、ぱるる・鈴蘭ですかね。


ぱるるは運営からの激押しで露出度は超上昇

ライブでもメインの扱いが多いです

本人にも自信が着いてきたのか笑顔が明るく、可愛くなってきた。

間違いなくぱるるは40位以内に入るでしょう。


そして山内鈴蘭。

「ごるふなでしこ」というテレビ東京でのレギュラーも始まった。

ギブミーファイブのカップリング「NEW SHIP」でもぱるると並んでのメイン扱い。

グラビアでの登場も多く、鈴蘭の人気上昇は間違いない。






④SKE、NMB、HKTから何人選ばれるのか


AKBからの大躍進がぱるる、鈴蘭だとするならば。

まずはSKEからの大躍進確定は小木曽とくーみんでしょう。



小木曽汐莉。

大躍進間違いなし、ですよ。


もともと可愛い良質なアイドル。

S女でのスナックしおり、堂本兄弟での活躍など勢いは止まらず。

SKEの知名度、チームKⅡの知名度が上がっている今、

我が軍で最も上昇するのは小木曽で間違いないです。

(前回は小木曽推しでちゅりに投票した人も多い、かも)


そして、我が軍最高の能力を持つ矢神久美。

くーみんの上昇も間違いないでしょう。

おバカキャラとしてもテレビの露出も増えた。

その気の利いた、おバカコメントは人気増加に最適です。

くーみんに興味を持ってライブ動画を漁ればその能力の高さに愕然。

「寸劇・くみの恩返し」、「虫のバラード」で一気にくーみんファンになるでしょう。

スキャンダルなど過去の話。

前々回38位、前回圏外の無念、晴らしてくれましょうぞ。






次いでNMBからの大躍進。


当たり前ではありますが、間違いなく難波の3トップは大きく上昇します。

・48グループ最高傑作である山本彩、

・プロデューサーからも認められる魔性の釣り師、渡辺美優紀、

・公演を見ればテレビを見ればその魅力が嫌でも伝わる山田菜々。

どれも大きく人気を上げるでしょう。


NMBファンであればこの三人に投票を固めそうな予感もあります。

さや姉が前回27位。

シングル曲に選ばれるのは1位~16位。

ふむ。

何も起きなければさや姉の16以内、きますぜ。



そしてみるきーが圏外から超上位に飛び込んでくる、

あると思います。


山田菜々さんも64位以内に入ることは間違いないですよね。






難しいのはHKTでしょうか。


センターの兒玉遥、人気1位の噂との菅本裕子。

HKTファンは今回はこの二人に投票するしか選択肢は無いかと。


しかしHKTファンとAKB,SKE,NMBファンでは規模が違い過ぎる。

NMBファンも推しが64位が無理そうなら3トップで一番好きな人にいれるでしょうし。

HKTメンバーが64以内に入るのか、現時点では何とも言えませんね。




何にせよ、あと二カ月で大きく人気を手にするメンバーも出てくるでしょう。


当分は選挙に向けての騒ぎを楽しみましょうぞ。





2012年4月10日

« 昔のSKEライブ感想「初めての課外授業」2009年5月 | トップページ | SKEガイシコンサート感想①「最高、極上のライブ」 »

第四回選抜総選挙」カテゴリの記事

コメント

スキャンダルは、普段影響しないが選挙の時に来ますからね・・・
握手は推しと話せるという見返りあるけど、選挙は推しの笑顔が見たいために盲目的に投票するコアヲタ
勝負な感じがします。(アンダークラスだと)

AKBの菊池に至っては、まだスキャンダルの後遺症が残ってますからね。
(選抜効果&握手人気で40位以内はいらないとか・・・)正直驚きました><

くーみんも64位には入れると思うけど・・・厳しい戦いですよ、スキャンダル系があると、同様の理由でちゅりも
みるきーは予想が難しいですね。40位以内だと思うんですが、、スキャンダルメンは予想が難しいです

くーみんは上げ要素が少ないな~

今回は、支店は不利すぎますね

我が軍だと、強い伸び組は、須田ちゃんとゆりあかなと

面白いのは64位ラインの方かもしれませんね

HKTの二番人気は、宮脇咲良ちゃんだと思います。

玲奈の様にファンに愛されています。AKBグループの次々世代のエースの器かもしれません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四回選抜総選挙「予想のはじまり」:

« 昔のSKEライブ感想「初めての課外授業」2009年5月 | トップページ | SKEガイシコンサート感想①「最高、極上のライブ」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いろいろ

Amazon

無料ブログはココログ